« 改名かよ・・・ | トップページ | 煩悩絞り込みかよ・・・ »

2006年9月13日 (水)

また訃報かよ・・・

 今度は市井の人。というか、お隣のTさん。享年86歳のお爺さんで、大往生と言えるだろうか。

 我が家が根を下ろすこの地は昭和40年代くらいに分譲された住宅地で、周りを見ると今は現役を退いてのんびり過ごす老夫婦が目立つ。お隣もそういう一軒。

 そのひっそりとした住宅街の一区画を二つに分筆して(元の大きさでは、ワシらのサラリーではとてもではないが買えなかったのよ)安普請の家を建てて押しかけてきた我が家は、ガキ二人に変なガイシャ、喧しいバイクに時折家の中からフリージャズが聞こえるというていたらくで、嗚呼、こう考えるとお隣さんにはさぞかし迷惑な隣人だったことだろう。

 ご高齢ということもあってか、お隣さんの朝は大変早かった。時折小生が早めに出勤する時に、散歩帰りという風体でいずこからともなく帰ってこられる姿をお見かけして、そういう時に挨拶を交わしたことが、越してからの3年間にはたして幾度あったか。多分10回もなかったか。

 そんな、隣人としての勤めすら果たせなかった小生だが、ただ一つ、散歩帰りのその頭に使い込んだタイガースキャップがいつも乗っかっていたことだけは鮮明に覚えている。夏の夜、開け放った窓に隣の居間からナイター中継の音声が流れて来たことも1度や2度ではない。

 言葉を交わすことはなかったけれど、タイガースファンとして、こちらは勝手にシンパシーを感じていた。

 3ヶ月ほど前、土曜日に仕事から戻ってくると、お隣の前に救急車が止まっていて、それに乗ってどこかの病院に入院されたと聞いた。そのままお見舞いに行くこともなしに本日の訃報に至っている。病床にあってもおそらく今年のタイガースの行方をやきもきしながら見守られていたことだろうか。一度ゆっくり、昔のタイガースの話など聞いてみたかったと、今にして思う。

 今年のタイガースに去年の勢いはない。正直、小生も一度は見放した。だが、可能性は消えたわけではない。残りのシーズンはTさんの分まで背負ったつもりで見届けることにする。

 

|

« 改名かよ・・・ | トップページ | 煩悩絞り込みかよ・・・ »

コメント

>我が家が根を下ろすこの地は昭和40年代くらいに分譲された住宅地で、周りを見ると今は現役を退いてのんびり過ごす老夫婦が目立つ。お隣もそういう一軒。

うちの回りも老人と、老人が貸してるアパートの学生ばっかり。

>変なガイシャ、喧しいバイクに時折家の中からフリージャズが聞こえるというていたらくで、嗚呼、こう考えるとお隣さんにはさぞかし迷惑な隣人だったことだろう。

ぎくっ! フリージャズと、新ウィーン楽派の無調音楽とどっちが効き目があるかな。

投稿: tiku | 2006年9月13日 (水) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183821/11883835

この記事へのトラックバック一覧です: また訃報かよ・・・:

« 改名かよ・・・ | トップページ | 煩悩絞り込みかよ・・・ »