« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

10台目かよ・・・

 というわけで、昨日祖父地図から荷物届いたのである。必死で組み上げたのである。いろいろあって苦労して、ようやく今、Core2Duoマシンでコメントを書いているのである。うふふふふ。

 まだ微調整が終わってないので、復調にはもう少し時間がかかるが(とりあえず問題は、この阿呆のMS-IMEだな)、さらっと触ってみた感触としては、



 馬鹿っ早!!!

 って感じでしょうか。こんなマシンで小生は何をするのでしょうか。


 

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月28日 (土)

お買い上げかよ・・・

 というわけでポチっと押してきたのである。ソフマップオンラインショップである。

 電源無しミニタワーケース一個、マザーはAsusのP5VDC-MX R2.0。Core2duoE6300にバルクのDDR2 SDRAM PC2-5300の1GB(以上、備忘録を兼ねて)。HDDは各々のマシンのを持ち越して光学ドライブは当面ヨメマシンのCD-Rを使い回し。FDDは・・・もういらんわな(笑)。

 合計5マソと40円。職場からの帰宅ルートに最近PCデポが出来たので寄ってみたんだけど、自作パーツは種類が少なく、かなり高くつきそうだったので今回はオンラインショッピングしてみた。かなり安かったと思う。特にCore2duo対応マザーで価格差が出た。PCデポの最安商品は14800円、ソフマップのは7980円。ま、拡張性とか低いけどそこまで凝った使い方しないしね。

 というわけで、月曜日には来るかな?



 いつ組めるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

方針決定かよ・・・

 

ヨメパソ故障 関連でいろいろ悩んだのであるが、とりあえずもっとも疑わしい電源だけ交換してやることにした。

 調べてみて、ヨメパソの電源はPS3という規格であることが判明。ソフマップのオンラインショップに3980円で400Wの新品があったので買ってみる。換えてみる。立ち上げてみる。

 ダメでした。

 BIOS立ち上がってXP起動直後にBIOS画面に戻る、の無限ループ。原因はマザーですかね。

 というわけで、さすがに腹括りました。電源無しケースとマザーとCPUとメモリ、買います。某氏からオハナシをいただいていたデジカメくん、バイバイです。

 嗚呼・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

MEGANEモノ日記 FBM2006編その2

 

・異次元
 長距離高速ドライブに疲れた眼球を労るため、チェックイン後、真っ先に洗面所に行きコンタクトレンズを外す。自宅でセットしたレンズケースを捻って開ける。

 ばすっと音が漏れた。

 これはひょっとして・・・とか思ってレンズ洗浄液のボトルのフタを外す。想像以上にでかい音がして中の空気がはじけ飛ぶ。うひひひひ・・・・・

 車山高原。山麓の標高ですら標高1550メートル。小生が居を構える京都府の最高峰皆子山は標高971.5メートル。根源的にスケールが違うんだよな。

 

・登り
 というわけで、京都から車山までの道程はずっと「登り坂」ってことになる。

 モチロン本格的な登り坂は諏訪ICを降りてからなんだけど、そこまでの中央道も基本的に登り。オトナ二人にガキ二人、ソレなりの荷物を積んだ1.6のウィンダムくん(仮称)には、やっぱちときつめ。無理してでも2.0にすべきだったかなあ、という考えがちょっと頭を過ぎる。

 嗚呼、でも夢に描くのは、走行車線をしゃかりきに走る2CVのステアリングを握ることなんだけどね。

 

・XM
 7月まで足にしていたクルマなので、会場内のXM/Xmにどうしても目が行ってしまう。サヨナラしてから改めて思ったんだけど、やっぱあのデザインは絶品。もう二度と生まれることはないんだろうな。

 気になったのは、会場にいた個体の内、かなりの台数が後期型だったこと。ダブルシェブロンがオフセットした前期型はほぼ壊滅状態。小生が乗っていた中期型もほとんど見かけなかった。

 最早あのクルマは「歴史」になろうとしてる。

 

・見ない
 ルノー勢、とりわけメガーヌ勢のイキの良さは想像以上だった。

 普段の街中ではほとんど見かけないのに、会場内の至る所にあの魅力的なヒップが点在。張りのあるあのデザインは、おそらく10年経っても古びることなく車山の風物詩になることだろう。

 ずらりと様々な個体が並んだ某MEGANISTE拠点は圧巻の一言。あまりに見事すぎて圧倒され、挨拶すらせずにそそくさと退出しちゃったよ。嗚呼しかもあの豚まんのなんと旨かった事!今でも口の中にあの味が残ってるなあ。アレは某カルフールなカレー屋さんのレギュラーメニューじゃないのかしら。

 とはいえ、余り見なかったのである。

 ワゴーヌ、である。

 会場内で見た記憶があるのは、自分の個体、グレーの関東ナンバー。ソレに超絶に「品のいい」真っ黒なヤツ。その3台だけ。数だけで言うとセニックなんかの方が遥かに多かったように感じだ。

 噂では、マイチェン後はワゴンは導入されないらしいし、なんか早くも希少車になってきてる気がする。のは、にわかオーナーのひいき目でしょうかどうでしょうか。

 

・収穫
 ミシュランブースで肩掛けカバンをゲット。オフの日に持ち歩くカバンが破れてきていて替わりを探していたところだったので、かなり嬉しかった。

 ミシュラン仕様とシトロエン仕様があり、カバンとしてのデザインとしてはシトロエン仕様の方が好ましかったんだけど、さすがにルノーに乗り換えちゃってるのにコレを買うのは少し変かと思い、ミシュラン仕様を選んだ。

 でもよく考えたらウィンダムくん(仮称)はグッドイヤー履いてるんだった。で、バイクはメッツラーで通勤自転車はビットリア・・・

 6歳と3歳のガキはミニカーブースをあちこち漁り周り、チョーナンは現行フェアレディ、ジナンはオペルのスパイダー(クルマオタクじゃないので車種名とかわかりません)をゲット。今でもベッドに持ち込んでいる。

 ヨメは何も買わず。買わなかったんだけど、某「はちみつ蔵」に強烈な想いを残して車山をあとにした模様。これで来年も一家揃って訪れる理由が出来た?

 最大の収穫は、ジナンのボキャブラリーが一つ増えたことだ。

 「DVD」を「でぃーでぃーぶい」、「バイク」を「ばいとろん」と表現するカレが車山で取得した言葉。

 「ぼーしぼー」

 ジナンよ、オトーサンは頑張ってメガーヌに10年乗り続けるつもりなのだ。で、そのあとは「ぼーしぼー」に乗り換えるつもりなのだ。いつの日か家族全員そろって、あのブリキの塊に乗っかって車山を目指すとしようや。その日がホントに来ることをオトーサンは信じている。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

備忘録かよ・・・

 FBMレポートその2を書く前に、身近に起きた忘れてはならない事柄を二つほど。

 1.交通事故
 先週火曜日夕刻、チョーナンの担任の先生から電話あり。曰く「近隣で交通事故に巻き込まれた男の子がいるのだが身元がわからない。オタクの息子さんは大丈夫ですか?」

 翌日、隣の学校の二年生だったと判明。ほぼ即死だった模様。携帯ゲーム機と自宅の鍵しか所持品が無く、当日の遅くまで身元がわからなかったらしい。

 現場は、自動車通勤する時にいつも通る片側二車線の交差点。我が家から直線距離で約2km。

 自動車は非常に便利なだけでなく、時としてかけがえのない喜びを運転者に与えてくれる、まことに素敵なるデバイスである。

 が、実に簡単に人命を奪う凶器となる場合もある。そのことを忘れてはならない。

 2.児童虐待死
 こちらはどうやら全国区レベルのニュースとなっている模様。京都新聞も連日特集記事を組み続けている。

 事件が起きたのは隣の自治体なんだけど、我が家からの直線距離は1kmくらい。ちょうどその中間地点に警察署があるのが、地図を見ていて何とも歯がゆい。

 児童虐待について深く言及するだけのスペースはここにはないから、手短に要点だけ。

 一番重要なのは我々が暮らすこの社会で、時として死に至るほどの過酷な児童虐待が継続的に発生しているということ。だから、社会構成員たる我々はこのことを社会に於ける重大な問題として意識する必要がある。被害にあった児童も加害者となった親権者及びその同居人も、皆我々と同じ社会を構成しているメンバーなのだ。決して「我々とは無関係の馬鹿な親」とかではない。

 そのことを忘れてはならない。

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

MEGANEモノ日記 FBM2006編 その1

 ・往路
 8時ジャストに京都南ICから高速に上がる。

 その時間の名神では既に車山へ向かう仏車がじゃんじゃん我がメガーヌを取り巻いて・・・・いるわけがない。4割社用車、6割自家用車という感じで大半がニホンシャ、時々独車といういつものパターン。追い越し車線に移ってかなり遅い目の流れに乗る。

 黒丸PAでトイレ休憩。駐車場内の仏車はウチのワゴンだけ。PAを出ても仏車遭遇無し。ようやく306ハケーン!と思ったら八日市インターで降りていっちまう。ひょっとして日程を一週間間違えたんじゃないか、などとヨメと話し合う。

 多賀SAの手前当たりで、ルノーの低床バスを抜く。関西だと大阪や大津に棲息しているので、それほど珍しくないシロモノである。「きっとアレが車山まで行くんやで」などとヨメがほざく。そんなアホなことあるかと小生は一笑に付す。

 ホントに車山で黄色いこのバスを見た時は、ですから非常に驚いたのでありますよ。正直、スマンかった>ヨメ

 中央道に入って内津峠PAで休憩。BXとルーテシアを発見。恵那山トンネル付近でもう一台ルーテシアを抜き、駒ヶ根辺りで2CVキャトル2CVのコンボイを抜いた辺りでようやく「嗚呼、やっぱFBMは今日だったよ」とヨメと手と手を取り合って涙する。

 その後、走行車線にワラワラ2CVが増えてくるわC1を乗っけたローダーを二台抜くわ諏訪ICで降りて昼食のために釜飯屋に入ったら場内にスピダー軍団がいるわなんか知らんけどメガーヌもぞろぞろいるわよく見たら絶妙に気品溢れる極めてガラのいいブラックな滋賀ナンバーワゴーヌ(ホントですよ)までいるわ、なんか一気に大変な事態になりつつ、ビーナスラインに突入したのである。

 ・明日への糧
 中学高校共に修学旅行は信州だったので、当然に白樺湖には2回は訪れていると思うのである。

 「・・・と思う」などとヒトゴトのように書いたのは、結局のところ修学旅行なんてイベントで訪れた名所なんて他人の記憶のごとく身に付かないからである。やっぱ旅行ってのは自分で地図を開いてルートを決めて自力で足を運ばないとダメなのである。嗚呼、そういえば今回の肯定は全てカーナビ任せだったなあ。やっぱコレもダメだよなあ。

 今回、車山入りする前にメガーヌを停めた白樺湖のその風景は、上記のような理由によりあたかも初めて見るような光景として小生の脳裏に映されたのである。で、ひょっとすると2年もしたらまたもやその光景はすっかり脳裏から消え去っている可能性もあるわけである。

 でも小生は信じるのである。三歳のジナンの脳裏からあの光景はきっと一生涯消えることはないだろうと。蓼科山をバックに湖に浮かぶ、白鳥型観光船の巨大なその姿は。

 メガーヌの車内から発見した時点で既にコーフン状態となり、クルマを停めて近くに行くと更に大騒ぎとなった。
 曰く「のりものだいしゅうごう(ジナンのお気に入りビデオ)にでてくるのとおんなじ!!!」なのだそうだ。
 近づいて見に行くと更にコーフン。足こぎ型の小型白鳥ボートもそのビデオに出てくるとかで、一家揃ってそのピンク色のボートに乗り込む羽目になり、30分間漕ぎっぱなしになってオトーサンは非常に疲れたのである。まあ姿勢がリカンベントに近かったのでまだマシだったけどね。

 でも、ボートに乗っている間中、嬌声を上げ続けていたキミを見ていると、疲れなんて吹っ飛ぶというモノだ。ありがちな言い回しだけど、ホントだよ。そのおかげでオトーサンは明日からもオシゴトで頑張れるんだよ。

 ・食い過ぎ
 諏訪インターを降りておぎのやで昼食を取る。小生はかき揚げそば。ヨメ、地鶏なんとか丼。チョーナンはチャーシューメン、ジナン山菜うどん。

 一通り食券を買ってから、ヨメがやっぱり釜飯も食べたいとか言い出したので、みんなで分けようとなどといいながら一つ買ってみる。コレが間違いの元。

 ガキ共、半分くらいで「ごちそうさま」などと言い出す。直前に車の中でおやつを喰わせたのが敗因だった。しかもヨメまで「地鶏なんとか丼だけで精一杯やわ」などとウラギリ発言をする。

 結果、小生の手元押しつけられたのは、かき揚げそば、釜飯、ラーメンとうどんが半分ずつ。

 高校生のコロならいざ知らず、40も越えちゃった今となっては、こんなに喰えません。それでも無理してそばとラーメンを全て片づけ、釜飯も5/7くらい食ったんだけどギブアップ。うどんは残して釜飯は残りをそのまま持って帰る羽目になった。

 17時30分、宿で早めの夕食が始まる。普段はきちんとしたフルコースを出すというそのペンションは、その夜はオーナーが前夜祭の手伝いに行っているので、オードブル的なディナーしか出せないというオハナシだったんだけど、スープに野菜に魚モノに肉モノと、ちゃんと揃った夕食が出てきて非常に感動。

 ・・・とはいえ食えないんだよ。おかず系はなんとか片づけたけど、ライスを大量に残す。オーナーさんゴメンナサイ。

 その後、前夜祭に参加。テーブルの上には唐揚げだのポテトだのと言った、カロリーの高そうな食い物がずらり。金払って参加してるんだから食わなきゃ損、なんだけど、食えないんだよ。泣きそうになりながらジュースをちびちび飲む。酒を飲めない体質ってのはつくづくやっかいである。

 前夜祭が始まって30分ほどで、ガキ共がぐずり出す。ま、幼児にはつまらないわなぁ、ということで宿に戻る。二人で手分けして風呂に入れ、明かりを暗くして寝かしつける。ついでに自分の頭も枕にくっつけてみる。

 前夜祭が跳ねて帰ってきた同宿の人々の声が階下から聞こえるなあこれから宴会だなワシもガキが寝付いたら降りてみようかジュース舐めながらつまみでも食って付き合おうかスルメとかあるかな喰いたいな・・・・・




 ・・・目を覚ましたら朝の4時だった。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年10月19日 (木)

うわの空かよ・・・

 明後日からいよいよFBMなのである。仏車歴12年目にして初めてなのである。今からわくわくコーフンして夜も眠れない・・・

 ・・・はずだったのだが、そうならないのである。

 他のことに気を取られているからなのである。

 ま、最近のこのブログの流れを追って下さっている方にはおわかりだと思うが、パソコンである。ヨメパソが飛んで、さてどうしようかと悩みに悩んだ末、決めた。

 小生のXPマシンをヨメに譲渡。小生は新規で組み直す。

 組み直すといっても全部やると大変だし、HDDは夏に換えたところなのでそのままニューマシンに流用する。ヨメマシンにくっついてる40GBを犬丸マシンに換装。

 いろいろ悩んだんだけど、VISTAがすぐそこに見えてきているのでまるっきり無視するわけにはいかないのである。今の職場では「PCに詳しい」ってのが一つの売り文句になっているので、そういうアンテナは張り続ける必要があると思うし。

 そう考えて、やっぱここでCore2Duoに逝ってみようと思うのである。当然静音マシンである。メモリも一挙に1GBにするのである。予算は6マソくらいかな。HDDとOS抜きなら何とかなるかな。CD-ROMドライブはヨメマシンのを移植してもいいけど、やっぱここはスーパードライブいきたいな。ドスパラだとまずまずの値段だな。パソコン工房はどうかな。静音マシン専門ショップなんてのもあるんだな。ヨドバシはネットでは全然ダメだな。しかしメモリが高いな。相場高騰してるのかな。しばらく待った方がいいのかな。どうかな。


 などと妄想しながらねっとさーひんしていると、あっという間に寝る時間になるのである。FBMについて妄想する時間すらないのである。どうやらこのまま週末に突入しそうなのである。明日は早朝ドライブに備えて早く寝たいんだけど大丈夫かなあ。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

スマートフォンかよ・・・

 ヨメパソの不調に悩んでいたら、コウイウモノがあると教えられた。

 むーん、確かにちょっと魅力的。W-ZERO-3よりシンプルだし、それとやっぱ仕事にも使うことがあるので、ケータイの方が便利だし。

 だがしかし買わないと思う。

 凄く個人的なこだわりなんだけど、やっぱ「SoftBank」ってロゴの入ってるケータイを持ち歩く度胸というか根性というか、が自分の中にないんですね。我ながらつまらない人間だと思うんですけど。

 同じようにつまらないなと思うんだけど、軍艦部にSONYって書いてあるカメラを持ち歩く勇気もないし、TOYOTAって書いてあるクルマを保有することもきっと無いと思う。そうやって人生の可能性を自ら狭めて何が嬉しいのだと言われると困るんだけど、でもやっぱ、ねえ。

 とはいえ、auからスマートフォンが出てきても買わないだろうなあ。

 ドコモ寝返り?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月16日 (月)

不安定かよ・・・

 ヨメのPCが壊れちゃったのである。

 セレロン900Mhz、メモリは256MB。2000年前後にソフマップで適当に安いベアボーンを買ってきて組み上げ、Win2000をインストールしてそのままにしていた。

 ・・・こうやって文章にしてみて改めてわかったんだけど、あのマシンって6年近く問題もなく動いてたんだね。スゴイや。

 で、起動しても不安定ですぐ落ちるようになったってので、まずはOSを再インストール。

 治らない。

 再インストールは出来たんだけど、Winが立ち上がってすぐに転けちまって、最初のBIOS画面に戻って立ち上げやり直し。Win立ち上がってまた転けて・・・の悪循環。

 ちゅーか、なんかHDDから異音までしてきたので、こりゃHDDが駄目だわって結論に達し、手元に転がってた40GBのHDDに換装。ついでにXPにグレードアップすることにして、クリーンインストールを試みる。

 異音は無くなった。

 不安定さは無くならなかった。

 立ち上がってしばらくすると落ちる。何度か再インストールを繰り返し、ようやく治ったかと安心しても、翌日立ち上げるとまた落ちる。

 起動してすぐに落ちなくても20分ほど置いておくと落ちる。スクリーンセーバーも省電力設定も、Win側BIOS側共に全部オフにしてあるのになあ。

 やっぱ、買い換え、かしら。



 はー・・・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月13日 (金)

鬱かよ・・・

 ちょいと更新も滞りがちである。周りを見渡してみて、なんか溜息しか出てこないような事象が多いのである。

 ・北朝鮮核実験
 ・キヨシロー最新アルバム発売
 ・タイガース敗退
 ・アベくん発言

 なんか、どれをとっても、はー・・・・、なのである。いかんなぁ。

 仕事と天気の都合で自転車通勤が出来ない状態が1ヶ月ほど続いていたのだが、運動不足で肩凝りが酷くなってきたので、昨日ちょっと無理してやってみた。


 嗚呼、肩の調子、余計に悪くなっちゃったよ。肩凝りじゃなくて筋肉を痛めてたっぽい。今日は好天の上に仕事も速く終わったのに、メガーヌで出勤してサロンパス買って帰ってきた。

 明日は明日で、休みだというのに社内行事に狩り出される始末。はー・・・

 

 来週のFBMで、このもやもやした気持ちが全て吹き飛びますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

20分の7かよ・・・

 というわけでタナボタ式にチケットをゲットして、逝ってきました日本GP。

 レース内容自体はちょっと大味だったかなという感じでしょうか。チャンピオンを狙うアロンソとシュー、二人の対決がクローズアップされるのはまあ当然なんだけど、そこに絡むべき他のドライバーが存在感無さ過ぎ。マクラーレンとウィリアムズに全然覇気が感じられず、BARのバリチェロも序盤で後方に下がっちゃって、なんかフェラーリとルノーだけでレースやってるような印象でした。

 シューのマシンが煙を噴いた途端、周りの客席からぞろぞろ引き上げる人が出たんだけど、それも仕方ないでしょう。

 ま、ルノーオーナーとなってからの初観戦でアロンソが勝ってくれたことは嬉しかったですけどね。

 しっかし、人大杉!正面ゲートの単車置き場で「満車」だと断られるし、公式プログラムは売り切れてるし、自分のシートから直線距離にしてせいぜい40メートルくらいのところにあるトイレまで往復するのに30分かかるし。

 シュー&鈴鹿最後ってのもあったでしょうけど、三連休の中日という絶好の日程もよかったんでしょうね。全国各地のナンバープレートを今日は見ることが出来ました。

 因みに今回の人出は、コレまでの最高だった94年に匹敵するんだそうですが、奇しくも小生が一番最初に見たのが94年。雨の2ヒート制。豪雨の中ミカ・サロのマシンが目の前であらぬ方向を向いてすっ飛んでいったのが忘れられません。

 その後、95、96、97、98、00、01、と観戦したのかな?今回で7回目。全20回の開催中の7つってのは、少なくはないかもしれません。それだけサーキットという場所に小生を引きつけてやまぬ何かが存在しているということでしょうね。

 ただ、来年は逝かないだろうな。富士だとさすがに日帰りでは無理だろうし、それにトヨタの本拠地に金を落とすってのもねえ。

 

いつの日か、また鈴鹿にF-1が帰ってくることを切に願います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 7日 (土)

遠足前のガキかよ・・・

 今日は朝6時に目が覚めてしまってそのままヨメのPCを2時間ほどいじる。午前中はチケットの受け渡しのためにガイシュツ。午後は買い物でデパートとジャスコをハシゴ。移動はずっとメガーヌでだったので昼寝もなし。

 だというのに、全然眠くないのである。急遽チケットをゲットして小生の脳はコーフン状態にあるらしい。まずいよこれ。

 ま、タイムテーブル見てると、昔と違って当日のフリー走行とか無くなってるし、サポートレースも一個だけになってるので、ちょっと遅めに出るつもり。それでも8時30分くらいには出ないとまずいな。プリキュアは録画で帰ってから見るか。

 というわけで、とっとと寝付くために普段は飲まないお酒を飲んでおります。うぃー・・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 6日 (金)

どんでん返しかよ・・・

 ヤフオクの状況は一応見守っていたんだけど、今年の鈴鹿のチケットはなかなかに高騰気味なのである。ま、最後の鈴鹿、最後のミハイルって事で、盛り上がるのも当然だわな。

 というわけで、今年はFBMにも行くことだし鈴鹿は諦めようと堅く心に誓っていたのである。



 さっきまで。



 アクマがささやいたのである。「一枚余ってるよ」と。その一言を聞いてから全ての理性は吹っ飛んだのである。はー・・・・・・・・・

 日曜日、鈴鹿まで行ってきます。メガーヌで行くと現地で苦労しそうなので、やっぱストーンで出動だな。リヤウィンカー、ガムテープで巻いたままだけど大丈夫かしら。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

栄えある称号かよ・・・

 チョーナンはウルトラマンメビウスのやっつけ隊であるところのCREW GUYSの中でクゼ・テッペイ隊員が好きなのである。この隊員はフロントに出ることはあまりなく、出てきた怪獣をアナライズしたり作戦立案したりする役割で、一見コドモ受けしそうなキャラではないのである。

 我が子ながらチョーナンの趣味はちょっと変だと思うのだが、理由を聞いてみると彼曰く「怪獣博士だからカッコイイ」んだそうだ。その価値観は悪くないと思う。

 で、その話の流の中で聞いてみた。「君の周りに『怪獣博士』はいるかい?」と。

 「そりゃもう、オトーサンだよ」と、即座に答えが返ってきた。



 ワシは喜ぶべきなのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月 3日 (火)

初代EOS kiss DIGITALかよ・・・

 先日、チョーナンの運動会に銀塩版のEOS kissを持ち込んでみて、やっぱコレがデジカメになったら便利だと痛感したのである。そこでまた物欲の虫がむくむく・・・

 入門クラスのデジタル一眼は、ニコンのD50、キヤノンkiss、それにペンタのK100Dってのがしのぎを削っているようだ。K100Dは本体に手振れ補正機能が搭載されていて、ヨメに使わせるにはかなりいいかな、と思ったんだけど、おそらくデジタル一眼は彼女はあまり使わないだろうし、kissにすれば今持ってる二本のズームも使い回せるし、やっぱ『もしも買うなら』kissのデジタルにしようと思った次第。

 で、調べてみたところ、kissのデジタル版は9月に三代目が出たところで、どうやら現在、ヤフオクに初代が大量に出回ってる模様。ほとんどがボディだけの出品で2マソくらいで十分に手に入る。

 630万画素。今使ってるオプティオSが320万画素だそうなので、それに比べればかなりマシな絵が撮れそうな気がするけど、二代目kissは830万画素、現行機種は1メガだそうで、やっぱ見劣りするのかな、とか悩んでみたいしている最中。

 ぶっちゃけどうなんだろ。どなたかアドバイス願えます?




 って、ここに書くのは無謀だろうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

うっかり継続かよ・・・

 スカパー!の東映チャンネルである。単品で頼むと月1500円、今加入しているパックとセットにしても1200円も取られるので、勿体ないので普段は加入してないのである。でも夏にはライダーと戦隊の映画を放映してくれるので、去年はその時だけ契約したのである。今年もそうするつもりだったのである。

 忘れていたのである。

 思い出したのが昨夜24時2分、すなわち今月に入って2分後。

 仕方がないのでもう一ヶ月引っ張りますけど、今月はクロ高の劇場版が放映されるようで、ちょっと救われた気分です。更に実写版のセーラームーンなんてのもありますけど、これはどうするべきでしょう?どなたか御指南下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »