« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月26日 (土)

空白の6年間かよ・・・

 現役高校生が自分のオヤやセンセーなど身の回りのオトナたちから、青春時代に聴いた唄をリサーチしてきてそれを電波に乗せて流すという、実にノーアイデアで退行的番組をNHKがこの4月からFM波に乗せて金曜日16時からオンエアしているのである。

 曲選びのコンセプトには「次の世代に伝えたい唄」ってのもあるんだけど、ピンクレディーとか加山雄三とか中村雅俊とかユーミンとか、小生的には「伝えたい順序」として相当後ろに来そうな唄ばっかりがざらざら流れてくるのに加え、「DJ」として登場する現役高校生の喋りも卒倒しそうにぎこちなく、きわめて不愉快な思いが大きくなり、開始後20分でラジオのスイッチをぶち切るってのがここ3週間ほど続いているのである。

 金曜の昼に戻ってきた「気ままにクラシック」は、たぶん今後も聴き続けると思うのだが、16時以降は、来週からはラジオオフで過ごすことになるだろうと思うのである。

 ただ、この番組が小生に問いかけてきた命題は、未だに解けずに小生の中に残っている。すなわち、

 「貴様の青春の一曲はなんだ?」

 そもそも「青春」というのがいつからいつまでを指すのか、その定義が問題になりそうだが、番組のコンセプトからして、中学生~高校生くらいの期間を考えるのが妥当だろう。

 そのコロ、小生は何を耳にしていたか?どんな唄が自分の中に残っているか?

 中学生から高校生の間に購入したレコードの記録(「レコードの記録」ってのは「馬から落ちて落馬」と同義?)は、今も手元に残っている。その中に、「唄」をメインにしたポップス類は存在しない。あるのはクラシックとジャズばっかり。それもボーカルものはほとんどなし。強いてあげると、第9がカラヤンとフルヴェンの二種類、マーラーの2番4番角笛、シュライヤーの水車屋、無理をしてカウントすると、デイビッド・ボウイがナレーターを務めたピーターと狼ってのもある。以上がクラシック。ジャズ方面ではハリー・ジェームスが一枚と、あとは山下洋輔方面で坂田先生が何枚かボーカルを披露してるくらいか。

 残りは全て器楽曲ばっか。「唄」と定義できそうなシロモノはリストにはないし、手前の心にも残っていない。

 小生の「青春時代」は、他人様のそれに比べてものすごく貧しかったということに・・・なるんだろうなあ。いや、別にいいんだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

蚊帳の外かよ・・・

 

前回 と違って、本日は極刑判決。ニュースを聞いた職場の連中は、「やったー!」とか歓声上げてる。

 やっぱワシはこの国ではマイノリティなんだなと痛感した夏日の午後。

| | コメント (2)

2008年4月20日 (日)

模試終了かよ・・・

 かつては「パソヲタならちょいと勉強しただけで受かっちゃうテスト」だと言われておりました、初級シスアドである。

 前世紀に一度受けて玉砕しているのだが、履歴書的にハク付けるのもいいかなどと思い、今年はもう一度チャレンジすることにして備えていたのである。

 で、本日、春期テスト本番。

 ・・・だったんだけど、実質的にはタイトル通り、秋への模試的な状況になっちまったのである。

 むーん、午前の部は手応えあったんだけどな。午後は時間が全然足らず、ホップ・ステップ・玉砕。はー、あと半年頑張るか・・・

 今更シスアド取ってどうするんだという疑問も沸くんだけど、ま、それはそれで置いておこう。あと2回しか受けられない資格だしね。

| | コメント (3)

2008年4月 5日 (土)

侵略者かよ・・・

 以下、本日購入したバンダイ謹製ウルトラセブンXのソフビにくっついていた、セブンXの説明書きである。

「宇宙からの侵略者であり、未知の生命体・エイリアンから、この世界を守るべく結成された特殊捜査チーム“DEUS”に属するエージェントの“ジン”が変身する赤き巨人。(後略)」

 何をどう読んでも前段の「宇宙からの侵略者であり」ってフレーズは、最後の「赤き巨人」=ウルトラセブンXにかかってるように思えてしまう小生の頭脳はおかしいのでしょうかどうでしょうか。

| | コメント (0)

2008年4月 4日 (金)

竜頭蛇尾かよ・・・

 ガンダムOOの第1期2クールの放映が終わって一週間。予想以上に好意的な意見が多いのでとまどっているのである。

 むーん、控えめに表現して「噴飯モノ」だと思う小生は異端なんだろうか?

 戦争行為に対し武力介入、って切り口からして、国連軍を動かしてるどっかの国の発想と同じ。そんなもんで戦争が無くならないことくらい、少なくとも90年代以降の我々の実世界が十分に証明しているはず。

 にもかかわらず、ガンダム世界の300年後の地上では、ガンダムの介入により戦争が縮小していく。IRAが闘争終結宣言を出しちゃったりするのである。

 「全ての戦争は宗教戦争である」と看破したのは長岡鉄雄であるが、OOの世界で戦われている「戦争」には、宗教、民族といった、戦争の根源にある強烈な匂いが皆無に近く薄められている。よって、リアリティが全然ない。
 中盤で、中東らしき国における宗教紛争らしきモノを描いてはいたが、その踏み込み方はきわめて曖昧で、今の世界と300年の時を経て繋がっている時代の出来事とは到底思えぬファンタジックワールドが踊ったに過ぎなかった。

 挙げ句の果てには、戦争根絶を胸に抱いて戦う4人のガンダム操縦者のうち、二人までが同一の傭兵によりトラウマを植え付けられていたという展開になり下がる。

 悪いのは戦争という行為ではなく、野原ひろしという一個人だったわけである。さらに最終回には、もう一人「世界の歪みである」ところのロン毛のワルモノが出てきて、主人公がそれをやっつけてオシマイ。

 そんなもんで、この地から戦争がなくなるとでも思ってるのか?

 番組開始当初に広げた風呂敷は、いったい何だったのかと小生は問いたいのである。ぶっちゃけ、怒り心頭なのである。ヒトを舐めるのもいい加減にしろといいたいのである。

 が、なんかそういう意見はあまり出ていないようで、むしろ第2期に大いに期待、みたいな空気が蔓延してるように感じるのである。最終回も評判いいんだなこれが。

 小生は、ひょっとして根源的にガンダムの楽しみ方を間違っているんだろうか?

 
 

| | コメント (2)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »