« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月30日 (月)

C字型かよ・・・

 InBody720、というマシンが存在するのである。カラダスキャンとかのもの凄いヤツ、とでも言うべきか。ネットでちらっと調べてみたら、250マソほどするらしい。

 地元の公立スポーツジムにこれが設置してあるので、本日計測してきたのである。

 キカイの上に立って両手にバーを握って1分間、じっとしているだけで計測は終了。

 ・・・と思ったら解析に結構時間が掛かるようで、判定用紙が出てくるまでに5分くらいかかっただろうか。

 インクジェットプリンタが吐き出した用紙には、様々なデータが羅列してあって、なんだかよくわからない。でも、とりあえず肝心なところはここらしい。

 体重    62.6kg
 骨格筋量 28.7kg
 体脂肪量 11.5kg

 標準範囲と比較すると、体重やや軽め。骨格筋量数値ギリギリ、体脂肪量標準、ってことになる。

 体重と脂肪量に比べて骨格筋量が少ない体型は、その棒グラフの形から「C字型」と呼ばれ、あまりバランスは良くないらしい。骨格筋を増やして代謝率のよいさらに健康的な身体作りを目指しましょう、ってのが締めのコトバであった。

 むーん、骨格筋ってのはどうやったら発達するんだ?自転車乗り的にどうなんだ?脂肪量はかなり減らしたつもりなんだけど、それでも多いのか。

 健康バカへの道はまだまだ険しい。

| | コメント (0)

2008年6月28日 (土)

地獄天国地獄かよ・・・

 つい最近マイミクになって下さった某氏は、オシゴト上のおつきあいのある方なのであるが、オフタイムではパッキンパッキンのロード乗りでいらっしゃるのである。

 先日、ブログを教えていただき、むさぼるように拝読させていただいた。

 シゴトの場では「誠実」というコトバがまさにぴったり来るこの方の自転車ブログもまた、お人柄が忍ばれる実に真っ直ぐな場所で、読んでいて実に気持ちがいいのである。嗚呼、何でこのように真っ直ぐな人格の方と、小生のように世の中を蓮に眺めるヤクザモンがマイミク繋がりしたんだろう。

 閑話休題。京都市北部にお住まいのこの方は、北山の峠を根城に日々練習に励んでおられるのである。

 触発されて、行ってきたのである。毎週日曜日に練習コースとして使っておられるという、北山大橋→静市→江文峠→大原→八瀬、というルートをそのまま頂戴して走ってきた。

 「家を出て10分ほどで峠に向かえる京都という土地は、自転車乗りにとってホントに素晴らしい場所だ」という趣旨のコメントを、この方のブログには書かれていた。

 異存はない。今回走ったコースも、とりわけ静市から江文峠にかけてのルートは走っていて実に気持ちよく、嗚呼頑張ってきて良かったよ、と思わせるルートであった。まさに天国。クリーンセンターの辺りから緩やかな登り基調が続き、最後の峠でハアハアできるコースレイアウトも、日々の鍛錬にぴったりである。このコースを手軽に走れたらいいだろうなあと思うのである。

 小生の場合、そこに至るまでの課程が問題。

 小生は負け犬の最下流サラリーマンなので、自宅は負け犬がたむろする京都市近郊の衛星都市に存在する。我が家から北山大橋までは、自走で45分ほど必要なのである。しかもルートとしては京都市内を突っ切る形になり、ストップアンドゴーは多いわ搬送車や違法駐車で走るの大変だわ四条辺りから緩い登りが続き結構きついわで、地獄ですよこれは。正直、途中でめげて引き返そうかと思ったことも何度かあった。

 山を下りてから再び京都市内を突っ切らなくては家に帰れない。今度は基本下りばっかりなのでアシ的には楽なんだけど、サミットの影響でケーサツ関係がうろうろしていたりして、走っていても全然楽しくないのである。

 この点、サイクリングロードから簡単にアクセス出来る和束や宇治田原の峠は偉大であるなと改めて思った次第。

 京都北山。次に走る時は麓までクルマで乗り付けるか・・・

| | コメント (2)

2008年6月26日 (木)

テリトリー拡大かよ・・・

 21時以降はガキ共が寝るのでテレビもオーディオもヘッドフォンで!

 ってのが我が家の決まり事なのである。家族思いの小生は当然にそれを守っているのである。が、オーディオのヘッドフォン、つーか、メーカーが言うところのイヤースピーカーを装着すると、行動範囲が著しく制限されてしまうのである。これではソファ周辺からほとんど動けず、非情に日常生活が不便になるのである。

 つーわけで、買いましたよ、STAX謹製5メートル延長コード。定価1マソ。購入価格それよりモチロン安いですホントです>ヨメ

 いやはや、行動範囲が5メートル伸びると、世界が変わるのである。さっきなんか、グールドのパルティータを耳に流し込みながら冷蔵庫を開けて乳酸菌飲料を取り出して飲む、などという夢のような行為をいとも簡単に成し遂げたのである。

 で、今は同じくトッカータを聴きながら悠々とパソコンの前に座り、こうやって駄文を放りだしているのである。嗚呼、なんという至福の時だろう。もっと早く買えば良かった。

 ちゅーか、この5メートルコードをあと3本くらい買ったら、狭い我が家の中を自由自在に動けるようになるな。トイレにも行けるしベッドにも行けるんじゃないだろうかこれはもう是非やるべきだろうかアナタどう思いますか

| | コメント (4)

2008年6月21日 (土)

24歳かよ・・・

 夕刻、放映当時に録画した響鬼のDVDを引っ張り出して1エピ観てみる。

 画像が異様に鮮明で、「今やってるキバよりこっちの方がきれいじゃん!」とか思ったんだけど、なんのことはない、テレビを観る前に眼鏡屋さんで眼鏡のレンズだけ新調してきたからでした。

 プラスティックレンズってのは4年くらいでダメになっちゃうモンなんですね。新品に換えてもらって、前のレンズが如何に傷だらけであったのか、よくわかりました。

 ちなみに、突然響鬼を観た理由は、モチロン「追悼」です。

 ナニをどう考えても早すぎる死。ニューレンズでクリアに鑑賞しているはずなのに、視界がナミダで曇りかけちまった。

| | コメント (0)

2008年6月20日 (金)

正論かよ・・・

 本日発売のバイシクルクラブ7月号を買って帰宅したのである。

 裏表紙はGIANTの広告。ジロ・デ・イタリア第17ステージのゴールシーンの写真がでかでかと載っている。広げた両手を天に突き上げワンツーフィニッシュの喜びを爆発させるアンドレ・グライベルとマーク・カヴェンディッシュである。

 これを見て、チョーナン君8歳が一言。

 「うわ、両手離して自転車乗ったはる。わっるー!」



 君は正しい。全く以て正しい。どうかその心を失わず大きくなってくれよ。

| | コメント (4)

2008年6月19日 (木)

釘付けかよ・・・

 16時、京都市内某区役所で戸籍除籍原戸籍附票併せて5000円分請求。待ち時間1時間。

 待合所のベンチに陣取って読書にふけるも、その場に溢れる異様な雰囲気に飲まれてしまう。

 ジューミンヒョーやインカンショーメーを待っているオッチャンオバチャン全員がテレビに釘付け、なのである。

 古ぼけたブラウン管の中では、長澤まさみがひょろ長いニーチャンにぶん殴られ押し倒されあんなことやこんなこと・・・・・

 はー、今放映中の最終回は、さぞかし高視聴率なんでしょう。

 ところでこの番組、ヨメもHDDに撮って観てるんだけど、何故か小生が在宅中には絶対に観ない。シゴトで出ている最中にこっそり観て記録はそのまま消去。

 ワシに鑑賞させたくない特別な事情があるんだろうかどうだろうかアナタどう思いますか?

| | コメント (0)

2008年6月17日 (火)

見せしめかよ・・・

 やった方は否定しているけど、先週の凶悪犯罪のあおりを受けて執行された、としか見えないのである。

 ヲタクの総本山にて行われた犯行がトリガーとなりヲタクの元祖的存在の命が奪われたのはある意味皮肉だろうか。

 「死刑にしやがれ!」と主張しながら犯罪に手を染める自暴自虐な人々が跡を絶たない状況にあっては、最早この国におけるこの最高刑が、犯罪抑止力としての存在価値を喪失していることに、何故気づかないのか。

 気がつかないふりをしているのか。

 思えば、事件から既に20年が経過している。宮崎死刑囚が手に染めた幼女と同世代の女性は、既に大半が社会人になっている。というか、ウチの職場にもそういう世代の女子は存在するのである。

 それだけの時間を使って、我々はいったい宮崎勤の闇をどれほど解明出来たのだろう。あの事件から学ぶべき事は多々あったはずなのに、最早その機会は国権により永久に葬り去られてしまった。

 やるせない気持ちだけが残る梅雨間のある晴れた日。

| | コメント (13)

2008年6月12日 (木)

KYかよ・・・

 こういう安易な言葉は使いたくないのである。使いたくないのであるが今日の新聞を読んでいると使わざるを得ないのである。

  ・ホコ天中止
 惨事があって大変な時期だからこそ、継続すべきだろう。違法な暴力に怯え畳んでしまうのは本末転倒。

 世界のアキバが今ナニを発信すべきなのか、もう一度よく考えて欲しい。ヲタクの端くれとして小生も考え続けよう。

  ・信任案可決
 一方の院が支持していないことを表明した内閣が、その翌日もう片方の院で信任される。

 茶番だよな。我々の声はどうやったら届くのか、ちょいと真面目に考えなきゃいけないんだろうか。

 というか、この状況で福田君の耳には我々の声は届いてないのか?政治家としての極めてベーシックな部分で最早現行宰相は機能していないのかもしれぬ。

| | コメント (1)

2008年6月10日 (火)

ディーゼル、MTかよ・・・

 ニサーンではなく日産がクリーンディーゼルエンジンのエクストレイルを9月から発売するらしいのである。

 変速機はMTだけらしいのである。

 ディーゼル、ミッション、エクストレイル、微妙に反応する我が物欲メーター。

 プリウスでエコるよりこっちを選ぶ方がスマートって気がするんだけどどうなんだろ。それにこれならキャンプにも対応出来るし、セキララにコクハクすると、街中で見かけるエクストレイルのフォルムは嫌いじゃないし。むーん・・・

| | コメント (1)

2008年6月 8日 (日)

単価約400円かよ・・・

 

ケコーン記念日贈り物を手配した辺りで、どうやら小生の頭の中の物欲制御リミッターが飛んでしまったようなのである。

 その夜、これをポチってしまったのである。

 今日の昼、到着したのである。

 さすがにその存在感は圧倒的哉。一日一枚ペースだと80日、ぶっ通しで聞いても二日半必要になるらしい。はー。

 この、人類史上に残る音源財産群が、タイトルに記したとおりの価格で購入出来るというのは、やはり素晴らしいことであるよなあ。

 ま、同じベクトル上にあるこういうシロモノはさすがにポチらないとは思いますけどね。

 さて、家族も寝たことだし、封切るか。ナニから聴こうかしらやっぱブラームス間奏曲集?

| | コメント (1)

2008年6月 7日 (土)

偏向放映かよ・・・

 昼間スカパー!で録画した「大都会PART2」の視聴チェックを終え、HDDレコーダーを停めたら、バレーボールの試合がブラウン管(我が家は最底辺ワーキングプア一家なので、テレビは当然地上波アナログブラウン管である)に映ったのである。

 この国の男子チームがアルゼンチンと試合をやってた。今日勝てば五輪出場確定らしい。

 しばらく放映を観たのだが、アップされるのはこの国の選手ばっか。相手国選手は試合課程で映されるのみ。完璧偏向放映である。

 スポーツをどう放映すべきかという、根源的な意味合いすらなくしたクズ放送であるなと思ったら、なるほど、あのチャンネルだったか。

| | コメント (2)

2008年6月 6日 (金)

危険な贈り物かよ・・・

 今日はケコーン記念日なのである。ゾロ目の日にしておけば忘れないだろうという、浅はかな考えなのである。

 今年はヨメにbamixのフードプロセッサーを贈ったのである。春頃、ヨメがデパートでカタログもらってきて嬉しそうに眺めていたので、これにしたのである。最近モーターがパワーアップしたとかいう最新型の、いろいろ付いてるデラックスセットとかいうヤツ。ちなみにヲタクの小生であるからして、購入先はモチロンヤフオクである。

 で、商品は無事本日到着した。ヨメも喜んでくれた。よかったよかった。



 ・・・と思ったんだけど、帰宅してからふと思い出したのである。

 ぶっちゃけ、ヨメ、鈍くさいのである。

 台所仕事しながら「うわ、指切ってしもた・・・」とか言うので見に行ったら、半端じゃないキレ方で血がドバドバ流れ落ちている、といった状況が、確か過去2回ほどあったような気がするのである。フライパンで火傷、とかも何度かやってるはずなのである。

 こういう人にフードプロセッサー渡して大丈夫なんだろうか。むーん、今ならまだ未使用状態だし、ヤフオクに流せば元は取れるんだろうかどうしたもんだろうアナタどう思いますか?

| | コメント (5)

2008年6月 5日 (木)

絶滅危惧種かよ・・・

 2ストの単車が新車で買えなくなっちまった状況をずっと嘆き続けている訳なんだけど、なんだか今年の9月にまたも排ガス規制やるらしいのである、この国は。

 で、今度はキャブ使用の単車の多くが姿を消すことになるんだそうで、その中にはSR400も含まれているらしい、というか、これはもうほぼ既定路線のようなのである。

 30年間かけて12万台の累計販売台数を築き上げてきた文化的単車を閉め出すより、月間でほぼそれと同じくらい新車を売ってるメーカーの自動車に強制アイドリングストップ装置を付けてやる方が遙かにカンキョーにはいいと思うんだけどな。

 むーん、そうかSR、買えなくなるのか。今出てるメタリックブルーのモデルは、売り切れちゃったらオシマイか。買うなら今か買うなら今か買うなら今か・・・

 なんか、同じ事を考えてる40前後のオサーンは、日本全国例えば佐賀県、なんてとこにもいるんだろうな。

| | コメント (7)

2008年6月 3日 (火)

想定内かよ・・・

 「シノーコーショー、わからないの?!」

 ブラウン管から怒声が響く。怒鳴っているのはアフリカ、ベナンに住む現地ニホンゴ通訳の若者。怒られているのは日本で生まれ育ち学んだ若者たち。

 彼らがバスに乗って旅行をするという番組の中で起こったハプニングらしい。ニホンゴ通訳クンは日本の文化に憧れこの国について勉強した人物のようで、そんな彼にとってシノーコーショーもテラコヤセイドも、江戸時代の存続期間も答えられない20代ニホンジンってのは想定外の存在だったらしい。

 ま、彼の怒りはもっともなんだけど、この国でサヨク側で生きている小生としては、それほど驚かなかったってのも事実。

 「南京大虐殺はでっちあげ」とかいう歴史修正主義者の発言をザラザラ聞かされてるので、慣れちゃったんだよな。慣れちゃったと、匙を投げてる小生自身にも問題あるけど。

 

| | コメント (0)

2008年6月 1日 (日)

浸食かよ・・・

 今朝のYes!プリキュア5 GO!GO!観ててコーヒー吹きそうになったのである。

 劇中で、アイドルたる春日野うららが発表したセカンドシングル。そのタイトルが

 「ツインテールの魔術」

 むーん、「ツインテール」という和製英語はここまで一般化されたのか。ヲタク文化は着実にイパーン社会を浸食しつつある・・・のかな?そういえば、その30分前の仮面ライダーキバにもメイド喫茶とか出てたな。

 と、ここまで書いて気がついたんだけど、プリキュアやライダー自体がそもそもヲタク文化のど真ん中にいるのでした。いやはや・・・

| | コメント (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »