« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

ニホンゴかよ・・・

 年末年始はヘルニアで動けなかったので、暇つぶしに、今就いているシゴトとは関係のない資格試験のベンキョーを、戯れに始めてみたのである。

 これまであまり縁のなかった世界のホーリツには、全く知らない言葉が出てきたりする。大抵は、字面とかをじっくり眺めていると意味がわかるのであるが(同盟罷業とか)、その中に、これまでの小生の人生には全く登場しなかった言葉があり、面食らったのである。

 「ずい道」である。

 一体全体何を刺すモノなのやらさっぱりわからず、最初は適当にとばし読みしていたのであるが、どうにも「ずい道」ってのはテキストのあちこちに顔を出すのである。ケンセツ方面の用語のようなのだが、テキストには解説無し。これををケンセツする環境は、かなり危険であるらしく、雇用保険率とかがもの凄く高いのである。むーん、小生の知らぬ場所で、今日も「ずい道」が作られているのであろうか。嗚呼いったい何なのであろうか。

 

 ググレカス

 ググってみました。

 なるほど。確かにアレなら危険であるよなあ。納得納得。

 しかし、アレの呼び名は一般的に「ずい道」なのか?40数年生きていて知らなかった小生はアホなのか?

 ・・・いや、アホですけど。

| | コメント (2)

2009年2月22日 (日)

パソコンチェアかよ・・・

 椎間板ヘルニアと診断されて早2ヶ月。日常生活はほぼ問題なく過ごせるようになったのであるが、夜眠る前、左太腿裏に痛みが走る症状がどうにも取れなかったのである。これは未だヘルニア君、良くなってないなと思い、自転車は自重していたのである。

 先週末、ちょいと時間が出来たので接骨院へ。上記症状を話してみる。

 先生「ん?もうかなり治ってますよ。自転車もそろそろ始めて下さい」
 犬丸「え、いいんですか?まだ眠る前に痛いんですけど」
 先生「・・・それって、なんか他に原因ないかな?」

 言われてもう一度考えてみた。太腿の裏が痛くなる場面はいつか?

 眠る前=帰宅後、風呂に入りPCの前でネットサーフィンをして立ち上がった後

 というわけで、犯人はタイトルのオブジェクトでした。

 キーボードが打ちやすいように、椅子を最大高にしていたのが、どうにも悪かった模様。金曜日から早速高さを落としてみるとあら不思議、痛み、なくなったのであるうけけ。

 本日朝、曇り空の元、2ヶ月ぶりにオニキスを引っ張り出す。筋力も持久力も果てしなくなくなっているので、今日のところは無理をせず、平坦なサイクリングロードを20kmばかり。フロントギヤはインナーのまま、20km/h辺りでゆっくり1時間ほど流してみる。

 うけけけけ痛み、出ませんでしたようけけけけ・・・・・

 一時期はリカンベント転向とか真面目に考えたのですが、どうやら何とかなりそうですうけけ。

 さて、明日以降チャリ通勤を復活させようと思うのであるが、嗚呼、なんか雨ばっかりなのであるよなあ。

 さて、グランフォンド福井、どのコースで申し込もうかしら。

| | コメント (8)

2009年2月21日 (土)

バレンタイン晩餐会かよ・・・

 ヨメからヴァレンタインデーに密林のギフト券をもらったのである。

 アイのシルシとしてショーヒンケンを貰ったわけで、どうなんだろうという気もするんだけど、「買いたいCDが溜まっている」と発言したのは自分であるので、まあ素直に嬉しかったのである。

 で、何を買うのかいろいろ悩んだのである。ビクターの軍歌戦時歌謡大全集8枚組は、かなり欲しかったんだけど、ヨメから「それは禁止」みたいに言われたので断念。アルバート・アイラーの未発表ライブ音源集ももの凄く気になってるんだけど、トレーンの葬式の演奏音源なんて、たとえ手に入れても畏れ多くて聴けないだろうし、断念。

 そんなこんなで、なんとか予算内に絞り込んで発注かけたのが昨日の朝。今日の昼にはもう着いていたのである。密林シゴト早かったな。

 都合、5組買ったのであるが、何故か全部ジャズであるな。これだけまとめてジャズCD買うのは久々かもしれない。

・Three or Four Shades of Blue/Cumbia and Jazz Fusion
  Charles・Mingus
・The Complete Village Vanguard Recordings, 1961
  Bill・Evans
・演歌を吹く
  梅津和時
・PianoDuo
  山下洋輔/佐藤允彦
・Good Nature
  松風紘一

 今日は出勤日。シゴトを3時過ぎに終えて夕刻帰宅。下の方2枚は、ヘヴィーなアルバムであることは間違いないので、家族が寝静まってからじっくり聴く事にして、とにもかくにも今回の目玉、ビル・エヴァンスの3枚組のパッケージを破る。

 週末、家族揃っての晩餐に合わせて数ヶ月ぶりに管球に火を入れ、同軸2ウェイを48年前のヴィレッジ・バンガードの空気で揺さぶる。

 いやあ、実に馴染むのであるなこれが。孤高のピアニストと至極のベーシストが織りなす、ジャズ史上に残るインタープレイを耳から入れつつ・・・








 ・・・味噌鍋を啜るのである、「こら、肉ばかり食べないで野菜も取る!」とかガキに向けて怒鳴りつつ。

 今宵の晩餐は最高哉。

| | コメント (2)

2009年2月15日 (日)

エーゴとチャンバラかよ・・・

 レスキューフォースに早見優が出演すると知った時は、なんとまあ微妙なキャスティングをするモノだと呆れかえったのである。ファン、というほどじゃないけど一応、あの時代のアイドルの中では一番好きだったのだが、それがB級特撮まで墜ちて来たわけで、心境としては複雑だったのである。

 よって、ここまでノリノリで総司令役を演じられた今となっては、いい意味で期待を裏切られたという気持ちが強い。

 昨日放映エピでは、ついに着装して現場入り。にたような例としては、デカレンでスワンさんも一度変身してるんだけど、今回の早見優の方が数倍様になっていたように思うのである。いやはや、現場でネイティブエーゴコマンド発したのは実に格好良かったのである。むーん、フィギアでないかしら。

 で、本日はシンケンジャー第1話。タイレン以来の小林靖子メイン戦隊モノということで、相応に期待して今日を迎えたのであるが、いやはや、やっぱ格が違いますね。1話目にして既にメンバーのキャラ立ってるし。各々それぞれの事情を抱えたまま「とりあえず闘っている」感がぎっちり見えて、はー、これから先の展開が非常に楽しみなのである。

 ただ、前作ゴーオンに比べて、対象年齢が上がりそうなのが不安といえば不安。ゴーオンは、玩具売り上げ数字はかなり良かったらしいのだが、今年は苦戦するのだろうか。

 ケータイに筆をくっつけるってアイデアは吉と出るか凶と出るか。

| | コメント (2)

2009年2月12日 (木)

シグナルイエローかよ・・・

 もうすぐリース期限が切れる職場の専用ソフト(ウン百万円単位のヤツ)について、ここ半年ほどいろいろやってきたのである。

 現行ソフトが今後使えないことはわかっていたので、次期ソフトについていろいろリサーチして見積もり取って検討し、候補を一つに絞ったのが去年の暮れ。年明けから実際の導入についてシミュレートし、リース契約書を何度も訂正してもらい、マシンも発注し、WindowsServer2003の解説書まで買い込んだのである。

 その苦労がようやく報われるのである。

 本日、サーバー機入荷。 

 明日、午後からサーバー機の立ち上げと、専用ソフトのインストール。

 明後日、他の職員お休みの中、出勤して20台ほどのクライアント機インストールに立ち会い&新規導入した3台のクライアント機をセットアップ。ソフトの具体的仕様についてもレクチャーを受ける予定。





 で、そういう状況にある今現在、なんだか熱っぽいんだよなあ。フシブシ痛いんだよなあ。オカンがするんだよなあ。

 ちなみに、職場で小生の次にパソコンに詳しいヒトは「ええと、IPアドレスって何?」ってレベルなのである。他の人は「えー!ウィドウズの壁紙って替えられるんや!!!」というレベルなのである。ワシがイカンとどうにもならんのである。

 うへへへへへへへへへへへへへへへへ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2009年2月10日 (火)

四匹目かよ・・・

 5月にまた電王映画があるんだそうで、今度はディケイドも絡むんだそうで、キバ出演者も出るんだそうで、はー、何匹目のドジョウであるのかと・・・

 「キャストも一新!」とか書いてあるので、最早初期電王とは似ても似つかぬベツモノに成り下がるのは確実であるので、さすがに劇場に行くのは止めようかと思ったんだけど、

 ん?小林靖子?

 ん?田崎竜太?

 ん?南明菜?



 はー、また観に行かなきゃイケナイのか。シンケンジャーの方は大丈夫なんでしょうね?>脚本のヒト

| | コメント (4)

2009年2月 9日 (月)

挫折かよ・・・

  

・大河ドラマ
 「風林火山」「篤姫」と、コンプリート視聴を続けていたのである。

 で、今年の「天地人」もそのつもりで見始めたんだけど、嗚呼、5話の途中で挫折。

 主人公を初めとして、出てくる人間がどれもこれも小綺麗で垢抜けてて、何をどう見ても戦国時代に見えないのである。ここまでやられると、最早時代劇という枠を越えて、ファンタジーとカテゴライズした方がいいように思える。

 別にそういう世界を否定する訳じゃないけど、小生は日曜20時の国営放送にそんなモノは期待していないのである。

 俳優陣も、致命的なダイコンはいないモノの、ずば抜けた存在感を示す人もおらず、魅力不足。そこに長澤まさみなどという特大ダイコンが乱入してきたモノだから、小生の視聴欲、ゼロに落ちたというわけである。

 さあて、来年の龍馬はどうだろうな。福山雅治か、むーん・・・・・・・・・・

  

・プリキュア
 2年続いた「5シリーズ」から、今年は「フレッシュプリキュア」として新たなる展開を始めたのである。

 が、どうにもなあ・・・

 ご存じの通り最初のシリーズは、企画段階より未就学~低学年女児並びに20代以上の男性アニヲタがターゲット層としてマッピングされており、蓋を開ければその通り、オサーン共がワラワラとその魔力に取り込まれ、一大センセーションを巻き起こしたのである。

 ほら、アナタノ近くにも一人くらいいるでしょ。変な外車に乗ってて、そのカードキーにキュアドリーム変身前制服姿フィギアキーホルダーを付けてるオサーンとか、ケータイの裏に、プリキュアパンのオマケのミルキーローズシールを貼って喜んでるオサーンとか。

 嗚呼、だがしかし、今度の新シリーズでは、なんというか、上に書いた男性アニヲタというターゲットがばっさり切り捨てられたような感じが強いのである。

 わかりやすく書くと「萌え要素がない」って事かな。

 昨日は2話目の放映だったのであるが、この小生にしてからが途中からパソコン立ち上げてmixiとかチェックしながら流し見状態なのである。この調子だと見なくなる日も近いかも。

 まあでも、敵キャラのイース様はちょっといいかなと思うので、それ目当てでもう少し頑張ってみようかと思う今日この頃。

 それと、主題歌については特筆しておくべきだろう。これがもう凄まじい破壊力なのである。ヨメなんて、「はー、今日一日プリキュアの唄が頭から離れずにぐるぐる回ってたわ」と、恍惚状態で小生に語るのである。

 皆さん、騙されたと思って次の日曜朝8時半、テレ朝見て下さいな。

| | コメント (3)

2009年2月 7日 (土)

カードキーの憂鬱かよ・・・

 本日、祖母の三回忌。地元の真言宗寺院で仏事を執り行ったあと、10数名の出席者、マイクロバスで市内某料亭に移動。

 諸般の事情で、小生のみメガーヌで現場に向かう。

 バスよりやや遅れて料亭に着いてみると、店舗駐車場は満車状態。仕方がないので、近くのコインパーキングにメガーヌを入れる。

 そのまま宴会場に突入しケッコーなお味の懐石料理を味わっていたところ、男性従業員が突如小生の隣にひざまずく。

 「先ほどは駐車場が満杯で失礼致しました。只今空きが出来ましたのでお客様のお車をご移動させていただきます。つきましては鍵を拝借出来ますか?」

 ここで悩んだのである。

 メガーヌのカードキーは、一度使ってしまえばなんと言うことのないシロモノなのであるが、「初めて!」というヒトに説明するのは結構邪魔くさいのである。「ええとですね、センターコンソールの下の方にカードスロットがあってですね、そこにカードをさしてですね、ほんでもってブレーキを踏みながらその上のボタンを・・・」などとやるのは、それなりに労力のいるシゴトなんだな。

 その辺りのことが邪魔くさかったのでニーチャンの申し出を断り、宴会終了後自分でクルマを取りに行ったのであるが、さすが一流料亭、パーキングの3時間無料券をさっと渡してくれて、無問題に終わったのである。

 はー、特殊なクルマに乗っていると、こういうケースで疲れるのである。はー、やっぱごく普通の2CVに乗り換えるべきなんだろうか。

 ちなみに、ニーチャンの申し出を断った理由は、純粋に説明が邪魔くさかっただけの話である。サンクルミエール学園の制服に身を包んだ夢原のぞみフィギアをぶら下げたカードキーをニーチャンに渡すのが恥ずかしかったとか、そういうわけでは決してないのである。

 ホントです。

| | コメント (3)

2009年2月 5日 (木)

2GBと倒産かよ・・・

 本日午後、お役所帰りに電気街に行く。オシゴトの都合である(ホントです)。

 オシゴトの用事を済ませて、ドスパラにふらり。我がデスクトップ用メモリ、1GB1,580円哉

 買ってきました。増設しました。これで都合2GB。ママンの許容量最大がこれなので、これ以上には出来ないのである。

 はー、しかし1GBのメモリを買っても2,000円でおつりが出る時代なんですね。最初に買ったアプティバ用増設メモリは、16MBで12,000円くらいだったのにな。そういえば2年前、2GBのUSBメモリを4,000円で買ったのであるが、今や4GBですら1,000円割ってるんだよな。

 諸行無常。

 とか思いながら事務所に戻ってニュースチェックしていて、メルクリンの倒産を知る。

 老後にメルクリンのレイアウトでもゆっくり楽しもうとか思っていたのに・・・

 趣味の少ない人生を送る小生の老後は、どんどんつまらなくなってくるのである。嗚呼、何を糧にして小生は日々を過ごせばいいのだろう。

| | コメント (14)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »