« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

痛恨のチェンジかよ・・・

 セーケンコータイの話ではないのである。ヒダリの小生にとっては大同小異でしか無いし。

 変わったのはチョーナン君の顔である。

 夏休み最終日の本日、彼のメガネを買ったのである。

 元々視力は普通だったので安心していたのだが、DSとかやり始めた辺りから次第に悪くなって、最早メガネが必要なところまで落ちてしまったのである。親として痛恨であるよなあ。視力回復トレーニングとかさせてやるべきなんだろうか。

 ま、小生のような先天性の弱視ではなく、仮性近視であるから、将来的に救済される可能性は十分あると今は信じているのだけれどねえ・・・

| | コメント (0)

2009年8月29日 (土)

システムクラッシュログかよ・・・

 日常生活の断片をダラダラ書き連ねるスタイルは、なんの意味もないので止めたいんだけど、こうも生活が詰まってくるとそれをせざるを得ないのであるよな。

 とりあえず、今週一週間のシステムクラッシュ履歴をしたため後日の証とする。

  ・8月24日
 朝、PC起動せず。XPのディスクを入れ、フォーマットして再インストールを試みるが、途中でコケける。

 7月に買ったHDDが逝っちまったと判断。お昼間、ドスパラに駆け込んで新たに500GBのを一個調達。帰宅後ハードソフト入れ直して、XP基本環境は構築終了。

 バックアップ用につなげていたIDEハードディスクを接続してリブートすると、起動しない。嗚呼、ひょっとしてコケけたのは先月買ったHDDではなくIDEの方だったのか?これが調子悪いのでシステムの足を引っ張ったのか?

 というか、このバックアップ用のこのディスクが逝ったということは・・・元データ入れたSATAはフォーマットしちゃったし、データが全部パーじゃん!!!

 眠れない一夜を過ごす。

  ・8月25日
 サルベージソフトに付きいろいろ調べる。

 PCデポにてソースネクストの3980円のをハケーンするが、この会社に金を落とすのはポリシーに反するのでパス。いろいろ調べてネットでシェアソフトを購入。8100円也。これがなかなかに優秀で、杞憂していたデータは、フォーマットしたSATAから全て復旧出来た。

 とりあえずゆっくり眠る。

 ・8月26~28日
 次期バックアップHDDをいろいろ物色。

 LAN接続のNASは、魅力的なんだけど、たかがバックアップにそこまでいるかという思いがあるので今回はパス。コストをかけない方向で外付けUSBをいろいろ見ていると、バッファローの500GBがPCデポ価格7980円。ちなみにドスパラ通販だと6980円なのだが、あいにく在庫切れ。

 1TBにするべきかとかいろいろ悩むが、とりあえず今回は低コスト最優先で、これを買うことに決め、28日夜、PCデポに赴く。

 ・・・同じ値段でWDの640GBってのを店頭でハケーン。こっちの方がヲタクっぽいじゃんという瞬間判断でこれを購入。

 帰宅後パッケージを破ってみると、まあ突き抜けるほどに安っぽいんだけど、ま、バックアップ専用ならこれでいいか。とりあえずデータの移植はなんとか完了したし。

 しかしなんかこのディスク、反応鈍いんだよな。熱暴走してる?クーラー追加した方がいいんだろうか。

 それと、クラッシュの引き金になったとおぼしきSATAは、やっぱおかしい。一応サブとして取り付けたのだけど、何故か容量1TBと認識されてるし。近いうちにこれもドスパラに持ち込んで交換依頼しなければなるまい・・・

| | コメント (0)

2009年8月23日 (日)

惨敗かよ・・・

 ヘルニア発症して動けなくなったのが昨年末。年末年始は自転車に乗れなくなったどころの騒ぎではなく、大掃除すら手伝えず悶々と過ごしたのである。

 で、どうせ暇ならなんかベンキョーするかとか思って、本屋でテキトーに手に取った国試テキストの本番が本日だったのである。

 本業とは直接関係はないので、取得出来てもあまり意味はないんだけど、でもまあ、取れれば少しは幅が広がるかな、見たいに気軽な感じでここまで適当にベンキョーの真似事をしながら続けてきたわけだけど、


 ・・・・・タイトル通り惨敗。

 もうね、なんつーかね、ボロ負けですわ。小学生に「野球の試合するけど人足らへんし入ってー」とか言われて、のこのこクロックスとかつっかけて出かけてみたら、相手チームの投手は何故か松坂大輔本人で、しかも手加減なしにビシビシインコースに投げ込んできてて、みたいな感じ。

 これまで暇つぶし的にいろんな試験を受けたけど、ここまでの惨敗感はちょっと無かったかも。「初学者600時間、10ヶ月の勉強期間必要」とか言われてる試験を8ヶ月の、それも多分トータルで300時間くらいしか勉強してない状態では、そりゃ無理だわな。

 はー、しかしどうしたモノだろ。終わった直後は「もう二度と手を出すものか!」と思ったんだけど(この試験、受験料がやたら高いし)、ちょっと冷めてきたら徐々に悔しさが増してきて、むーん、リベンジを来年果たすべきかしら・・・

 とりあえず、今日は寝よう。F-1もクソ詰まらんし。

| | コメント (0)

2009年8月16日 (日)

盆休みかよ・・・

 基本オヤクショ相手稼業なのでお休みはないのであるが、盆と正月はシゴトがないので休める。4日間だけど。

  8月13日
 いきなりすることがないので、墓参りに行く。キョートボンチの西南にある我が家からキョートボンチの東側のオヤジの墓まで、クルマで直線距離をとってもいいのだが、ボンクレ族が右往左往するキョートボンチにクルマを出すのもアレなので、阪急=京阪と乗り継いでいく。

 墓地はそこそこの賑わいなれど、アソコで何をすればいいのかよくわからない。買ってきたビールを墓石にぶっかけ、辺りにビール臭が漂い、焦る。で、毎年同じ失敗をしていることを思い出す。

 帰り際、寺にあるコクホーのサンモンが特別公開されていたので入ってみる。ボランティアの説明員がいて解説してくれる。小中高と、12年間このサンモンの前を通学していたのだが、耳にすること全てが知らないことだらけで、手前の人生の浅はかさを改めて痛感する。そうか、あの柱は秀吉が建てたのか。

  8月14日
 GW中、梅田に二回観に行って、二回とも満席で断られたエウレカ劇場版が、この日までみなみ会館朝10時で上映されていたので、観に行く。JR-近鉄と乗り継いで30分弱。意外に早いのでびっくり。

 開場30分少し前に着いてみると既に行列が・・・・・

 ・・・・・出来ていないどころか、そもそも劇場が明いてないのである。その後入場するが、最終的に観客は10人くらい。カップルが一組いただけで、あとは全部ヲタクのオサーンばかり。ジュブナイルと呼んでも間違いではないこういう映画をオサーンしか見ていないのは悲劇なのか喜劇なのか。

 13時に帰宅し、昼食。ソーメンを食い過ぎて苦しい。家族揃ってジャスコへ買い物。これが盆休み中メガーヌを動かした唯一の行動

 オフの日にまともに歩ける靴を探していたのだが、ニューバランスのMT 503 J ってモデルに足を入れてみると、どうやらピッタリなので、衝動買いする。それと翌日に備えて水中眼鏡、シュノーケルを探したのだが見つからず、帰路スポーツ量販店に寄り購入。チョーナンの分も買ってやる。

 帰りが遅くなったので回転寿司で夕食。ソーメンがまだ暴れている状態で全く喰えず、しかも就寝直前にこれがアバレ始める。なんか散々な夜となる。

  8月15日
 海行き。

 ネットで調べて、アジュール舞子なる海水浴場に足を運ぶ。我が家から約1時間半。JR舞子駅から徒歩7分とのふれこみだが、コドモ連れだと優に10分は掛かったか。それでも、明石大橋の袂という絶好のロケーションなので、歩いていても辛くはないのである。

 しかもこの日は、日差しもきつくなかったしね。と言うか、時々雨降ってたけど。

 盆休み真っ最中と言うことで激混みを覚悟していったが、天候が幸いしてそれほどでも無し。遊泳区域が絶望的に狭く、人工海浜の所々に石が出ていて、サンダル無しで泳げないのがマイナスポイントだが、所謂海の家を排除した、純公営の海水浴公園のため、実に静かで、心地よい時間が通り過ぎてゆくのである。

 小さいコドモ連れにはお勧めかな

 ガキ二人も以前よりは海を楽しんだ模様。最も小生が体調イマイチで、浜で爆睡してたんだけど。

 夕食はヨメ推奨のお洒落風飯屋に行く。茄子のパスタ、なかなかに旨し。

  8月16日
 今日は小生とガキ二人でお出かけ。梅田まで出てポケモンセンター→阪急阪神百貨店共同開催の鉄道模型フェスティバル→ヨドバシ梅田、のコース。

 ポケセンは特記事項無いので割愛。鉄道模型フェスタは、去年と比べ著しく内容が落ちてしまった。あちこちNゲージの体験運転コーナーばっかり。去年はメルクリンとか走ってたのに、今年は国産ばっか。来年はもう行かないだろうと思う。

 梅淀では、SH-06A NERV専用の保護シートを購入。店頭に在庫が無く「店員までお問い合わせを」と書いてあったのでレジで尋ねると「はい、ありますよ。何枚です?」とか言われる。やっぱこのシリーズに関しては複数ゲットがデフォなのか。

 この機種用にBluethooth対応のヘッドセットを買おうと思ったのだが、梅淀にもあまり種類が無く断念。ただ、ゼンハイザーのモデルがショーケースに入っていたのが気になった。

 帰宅後調べてみると、やっぱこのモデルが無難な線のようである。近いうちにゲットしておこう。型番MM200也。

 夕食後、大文字焼き(笑)を自宅で鑑賞。ジナン君がやたらコーフンする。彼に釣られて見てみると、これまで見えないと思っていた「妙法」も、我が家の二階から某ゴルフ練習場の網越しに見えることが判明。曇った大人の目では5年間発見出来なかったのであるよなあ。

 終了後、ジナン君、模造紙に大文字の絵を描く。君が生まれる遙か前にこの世を去った、君のジーサンは、喜んでいるかもしれない。ビールとコドモが大好きだったんだぜ。大きくなってもあのジーサンのお墓にビールをかけてやってくれたまえ。

| | コメント (0)

2009年8月 7日 (金)

ドンビキかよ・・・

 先日、オシゴトで初対面の人々と談笑。話題が裁判員制度になる。

 「いやあ、是非アレはやりたいっすよねえ!」




 ・・・その場にいた全員ドンビキ。むーん、ワシの感覚って、ひょっとして世間とずれてる?

 かくいう小生は、昨日まで安否を気遣う空気2000%だったくせに、一転「逃走資金数十万円引き出しか?」とか騒いでるマスコミにドンビキ。なんか、某巨大掲示板の方が遙かに健全に見えてきた。

 で、ドンビキしつつ行方が気になるので今日も頻繁にヤフーのトップを更新する夜になるのであろうなあ。

| | コメント (0)

2009年8月 4日 (火)

物欲三態

 昨夜は全裸の女が死んだ部屋の関係者だというゲーノージンがクスリカンケイでパクられ煽りを食って2ちゃんのサーバーが死に、今夜はクスリカンケイで亭主がパクられたゲーノージンが行方不明でまたもネットはマツリ状態。

 この国は病んでいるのか、のどかなのかどっちなのかわからないのであるが、よくわからないと言えば小生の物欲メーターであるよなあ。やっぱ病んでる?

 

・肥後守
 「ヒゴノカミ」と入力してもATOKでも変換出来ないんですね。職場で話題にしても誰一人その正体を知らなかったという・・・

 何故か知らないが、唐突に鉛筆を手で削りたくなり、どうせならカッターでなく肥後守を使いたくなっていろいろ探したのであるが、「世間」を構成する大半の人がその言葉を知らなくなった今日、そんなモノ、どこにも売ってないのである。

 さんざん探して、大きめのホームセンターでようやくゲット。450円くらい。長い目で見れば使い捨てカッターナイフより安い買い物になると思うんだけど、果たして小生は、これから死ぬまでにどれだけの鉛筆を削るのであろうか

 ちなみに切れ味がイマイチだったので500円くらいの砥石も買ったのですが、間違えて荒研ぎ用を買ってしまったのである。仕上げ用も買わなくちゃ。

 ・ヱヴァケータイ
 正式名称「SH-06A NERV」。

 auの違約金ががっくり下がった8月1日、買ってきた。地元のビックカメラに電話して取り置きしてもらい、電車でGO。1時間ほど待ち時間があって、めでたく受け取り、帰りの電車でいじり倒すつもりだったのだが、使い方すら全くわからないまま電車は最寄りの駅に着く。「説明書を読まない種族」は辛い。

 ヱヴァケータイとしての特徴も確かに凄いのであるが、それ以上に凄いのは端末のポテンシャル。ネットでは、シャープ=クソ端末、ってのが定説になっているようだが、今のところ小生の手には馴染んでいる。

 それ以上にでかいのはキャリアの差であろうか。10年以上慣れ親しんだauから、めでたくドコモに引っ越したわけだけど、こっちの世界は想像以上に進んでいて驚きの連続である。ccやbccが端末から打てたり、有料とはいえパソコンからもケータイのアドレスが使えたり、これだけサービスが充実しているのなら、発展途上のスマートフォンなんか買わなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。

 もっと早くドコモに来れば良かった。大満足。

 ・DVD
 ヤフオクチェックを続けていた「ウルトラQ DarkFantasy」が全巻手頃な値段で出てきたので、ゲット。

 以前スカパー!で放映されたヤツを断片的にDVDに残していたのであるが、全話は残していなかったのである。それが故にセミ女やウニトローダを観ることが出来なくてもの凄く失望していたジナン君ヨウチエン年長、にはもの凄く嬉しいプレゼントになった模様。

 届いた次の日、朝早く起きて一人居間に降り、ケースをじっと眺めている。その背中はヲタク臭満開であるよなあ。

 チョーナン君小学4年生、は、以前から作成していた自作の「ウルトラシリーズ全話タイトル一覧ノート」を広げ、早速DVDケースを睨みながら、エピソードタイトルと登場怪獣名を書き込んでゆく。嗚呼、その横顔もまさしくヲタのソレであるよなあ。

 彼らにはいったいどういうDNAが潜んでいるのであろうかなあ・・・

| | コメント (1)

2009年8月 2日 (日)

想定外まみれキャンプ その3

 今更感が強いが、中途半端放置も今更なので今更書くのかよ・・・

 ・命の重さ
 「カエル殺した~」と叫んだのはお隣サイトの、おそらく幼稚園燃焼くらいのオトコノコ。これに対し、そのお母さんが怒る。

 「命は大切にしなさい!ヨウチエンで習ったでしょ!!!」

 そのテーゼは、モチロン全面的に正しいのであるが、でもお母さん、「うわ、蚊
一杯いるやん!キンチョール撒いてよ!!!」と怒鳴ったのは上の発言の、僅か8分後くらいでしたなあ。

 ・急降下
 海洋堂ミュージアムをあとにして、長浜市内で蕎麦を食う。思えばこの辺りからチョーナン君の様子がおかしかったのである。あまり食欲無い模様。

 その後、平和堂に寄り、歯ブラシ、タオル等忘れちまった日用品を買う。最近炭酸飲料に目覚めてきたチョーナン君がファンタを所望したので買ってやる。

 なんだか午前中だけで二人とも疲れ果てたので、そのままサイトに戻る。タープの元で将棋を指したりバドミントンをしたりするのだが、この辺りからチョーナン君のオナカ、急降下するのである。

 問い質してみると、前夜、シュラフから抜け出して寝ていて寝冷えをした模様。昼食の辺からおかしかったらしい。

 そんな状態でファンタ飲むなよorz

 その後、チョーナン君はサイトとトイレをひたすら往復。今夜はバーベキュウの予定で肉も買ってあるんだけど、無理かなあ。嗚呼、天気まで急降下模様・・・

 ・楽しい夕食
 正露丸を飲ませるも、チョーナン君、今ひとつの様子なので、夕食のバーベキュウは諦める。ごく近くにスーパーがあるので、小生一人で買い出しに行く。この辺りから雨が降り始める。

 手軽に喰えて暖まるもの・・・



 ・・・・カップ麺だよな普通。。

 というわけで、カップ麺とお握りと鰻寿司(この日は土用の丑の日だったのである)を買って戻る。雨は本降りの様相を呈している。

 調子もややマシになり、テントの中でゴロゴロしているチョーナン君に、内部の片づけを依頼し、手早く夕食を用意する。モチロン湯を沸かして注ぐだけである。わびしい気もするが、それでもチョーナン君は嬉しそうである。家ではこういうモノ、あまり喰えないからな。

 中身は貧しいが、でも親子二人なかなかに楽しい食事だったと思うのだよオトーサンは。

 ・耐水テスト
 夕食を食っている辺りから、なんだか土砂降りになってくる。傘を差しても効かないんじゃないかと思うくらいの雨。スクリーンタープは、入口を覗いて全部閉める。

 ・・・その状態でガソリンランタンを持ち込んだワシはアホだよな。息苦しくなってすぐに外に出しましたけど。

 そのままぼーっとしているとチョーナン君がぽつり。

 「そういえば、テントの後ろの方、開いたままやったけど・・・」

 ・・・・・・・・・orz

 後部入口のフライシートを閉め忘れていたのは小生であるから、まあ彼は責められないんだけどね。テント内、かーなーり、浸水してしまう。タオルで拭くが全部は無理。持ち込んでいた本とかがかなり濡れてブルーになる。

 この状況でチョーナン君、「え、シンスイって船が沈む時とかになるヤツ?」などと、ここに来てハイテンション。

 君にとっていい思い出になるのなら、濡れた本くらい諦めようか。

 ・私の祈り
 そのまま二人でシュラフに潜り込む。チョーナン君はすぐに熟睡。小生は、寝付けずに過ごす。やがて雨も止む。22時頃トイレに立つと、外は満点の星空。星座版を持ち込んでいたチョーナン君を起こしてみるも無反応。

 それでもようやくうとうと仕掛けた23時30分頃、、本日夕刻、土砂降りの時に入ってきたミギガワサイトの家族連れがクルマで戻ってくる。戻って来るなり、オヤジが「ペグ打ち直す」とか言いだしてカンカン始める。クルマへの出入りも頻繁で、このクルマがまた電動ドアでぴーぴー五月蠅いのである。

 こういう時の対策を誰か教えてくれ・・・

 翌朝は6時に起床。天候曇り。今日の予報もあまり良くないので、早々に撤退することにする。

 が、朝食を追え、撤収を始めた8時辺りから雲が途切れ、太陽が顔を出す。力仕事はまだまだ無理な9歳児と一緒に頑張ってるオトーサンに、神様がくださったご褒美であろうか。

 その間隙を縫って、スクリーンタープ、テント本体、フライシート、グラウンドシートを乾かしてしまう。太陽が出ていればものの15分で乾くのである。

 そのまま広大なるメガーヌ荷室に適当に全てを放り込み、9時過ぎチェックアウト。その頃にはもう曇っていて、走り始めて10分くらいでぽつぽつ雨が降り始める。日頃の行いであろうかなあ。ミギガワサイトのテントがまたもびしょ濡れになるよう心の底から祈る

 ・総括
 9歳のチョーナン君は、まだまだヘタレであるので、本格的キャンプのお手伝いは無理。従って、基本的に準備全般は小生が行う必要がある。最も二人きりだと身軽であるのも事実で、この先こういう機会が増えるのなら、アルパイン用の小型テントでも買えばずいぶんフットワークは軽くなるのではないかと思ったのである

 それにしても伊吹山、いつリベンジしてくれようか・・・

| | コメント (4)

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »