« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月28日 (月)

阿漕かよ・・・

 ギターが欲しいとここに書くのは何度目だ?

 ヨメ名義のエレキギターが今は家の中にあるんだけど,何となく手は出さずに放置プレイしている中で,やっぱ阿漕・・・アコギが欲しいなあと思う今日この頃である。

 ブルースな人生を送っているのだからブルースな音が出そうな一本を欲しいのであるが予算は1マソくらい。

 無理かしら。あ,コメントは特に要らないですよホントですよ。

| | コメント (5)

2010年6月26日 (土)

厄日かよ・・・

 

・W杯
 昨日ほど寝覚めの悪い朝はなかったように思う。夕刊なんて、目を通すのも億劫な状態である。この馬鹿騒ぎはいつまで続くのか。

 ところでネトウヨ諸兄は、帰化選手を使ってる日本代表については、やっぱ否定的なんだろうか。

 ・バファローズ

 あかんなあ。リーグ戦再開後、1勝5敗って・・・

 言い尽くされてるけど、セギノール、いらん。北川出せよ。打てなくなった打線が、アソコで更に止まってるやん。登場曲に「破」のサントラを使ってる鴨志田君も、二者連続ホームラン喰らってたな。来月観戦する時は、最下位争いやってるんだろうか。

 ・時計
 ミューレの時計、壊れる。ある朝、止まっていたのでネジを巻いたのだが、動かない。振ってみてもダメ。

 ジャンクでヤフオクにでも出すか。

 ・その他諸々
 もう、なんか全部イヤになってきていて、全てを放り出したい心境である。どっかの山奥にこもって姉ヶ崎さんと二人、隠遁生活を送ろうかと思案中。

 3D版が出るまで待った方がいいんだろうか。

| | コメント (0)

2010年6月22日 (火)

音楽好きかよ・・・

 「エヴァの使徒に例えるとアナタはどれか?」などという訳の分からぬアプリがあって,こういうモノに手を出す40代半ばのオサーンってのはどうよと思いながらもやってみたら,

 「アナタハ第17使徒タブリスデス」

 などというあり得ない結果が出て,ワシのどこがカヲル君なのかと考え続けたのであるがさっぱり分からないのであるがアナタどう思いますか?

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

4度目かよ・・・

 小谷野にグランドスラム喰らった直後、隣のチョーナン君が「もう一本満塁ホームラン打たれたりしてなあ」とか言い出す。「ははは、流石にプロなんだからそれはないよ」と流しておく。

 金子誠のレフトへの二本目の弾道、きっと生涯忘れないでしょうなあ。

 プロ野球史上4度目らしい。ちなみに史上初の新庄=塩谷、のは中継観てた気がする。

 終わってみれば11-1。ここまでのワンサイドは小生の野球生観戦史上初かもしれん。ま、今日以上に最悪の試合は、そうそうないでしょう。

 ・・・・・ないよな?

 

| | コメント (0)

2010年6月19日 (土)

歴史修正主義者かよ・・・

 南アで勇ましく鳴ってるあの笛が欲しくてたまらない。ラピュタの海賊の空飛ぶアレの飛行音に似てて凄くいいと思うのである。300円くらいで手に入らないものか。

 第1戦で勝利を収め,いよいよ今日は第2戦である。愛国者一家である我が家もモチロン盛り上がっているのである。クニをアイする小生は,チョーナン君に昔語りをしてあげたのである。

 「その昔のことじゃ,ドーハの喜劇と呼ばれた出来事があったのじゃ。せっかく勝っていたのにロスタイムに点を取られて同点にされての,国中のコクミンというコクミンが余りのあほくささにテレビの前で大爆笑したという出来事じゃった。アレは楽しかったのお。」

 話の途中でヨメが参戦,「コドモ相手に歴史を曲げるなごるぁ!」と怒られた。そうか,ワシは自国の汚点を認める度胸を持たぬ歴史修正主義者と同列だったのか。

 でも,あの時小生が中継観ながら大笑いしたのは歴史的事実なんだけどな。

 今夜はどうなるのかしら。

| | コメント (2)

2010年6月17日 (木)

増設可能かよ・・・

 ブログネタはあるのに更新する暇がない日々というのが心底イヤになる今日この頃。

 そろそろ暑い季節になってきたので,本格的にPCの改造に取り組もうかと思った矢先,Mac miniがモデルチェンジしてしまって,嗚呼,またも決意がグラグラ揺れるのである。

 あちこち性能が上がったのも大きいが,小生にとって一番の魅力はメモリ増設が自力で可能となったってところだろうか。

 むーん,69,800円か。

 Macに移るとして,最低限必要なソフトって何があるんだろ。最近のことえりは使えますか?>えらい人

| | コメント (4)

2010年6月13日 (日)

悲喜こもごもかよ・・・

 今日は交流戦優勝ネタに絞るつもりだったのだが、池田駿介氏の訃報を今ネットで知り、ショックを受けているのである。ご冥福をお祈りします。

 さて、バファローズ。親子分の自由席チケットをネットで申し込んだ時には、まさかこれが優勝決定戦になるとは思ってもみなかったのである。幸運、だったのかな?

 小雨降る中、開門30分以上前の11時前に球場に着くが、既に当日券を買う行列が長々出来ている有様。急いでチケットを引き替え、自由席入場口に着くも、既に行列。この時点で3階席は諦め、一度も行ったことのない5階席に回ってみることにする。

 10分ほど前倒しで開門を向かえ、そのまま5階へ。3階の喧噪が嘘のように静まりかえって、実に快適である。中央より、やや3塁側の最前列をチョーナン君とキープ。

 いやはや、ここは見やすいわ。ボールがはっきり見えるのでゲーム進行が実に楽しめる。これだけの上席が親子二人で2,000円は安いと思うのである。

 ショップで、小生キャップ、チョーナン君北川選手のタオル、をそれぞれ購入し、シートで弁当を食べて、13時、プレイボール。

 1回の攻防が全てだった。立ち上がり不安定な木佐貫が、それでも1点で抑えきったのに対し、連敗ストッパーとしてマウンドに上がった清水はT岡田にツーランを浴び、結局これが決勝点。終わってみれば7-2の圧勝。

 オリックスの強さ、というよりベイスターズのチーム事情の深刻さ、が浮き彫りになったゲームだったように思う。出てくる選手、全員に覇気が感じられず、これでは勝てないわと思わせる雰囲気一杯である。昨日のレフトのマズイ守備を埋め合わせるカスティーヨのプレイが少し光ったくらいかな。

 一応これでバファローズの交流戦優勝が決まったわけだけど、終わってみると爽快感はそれほどなかった。やっぱ、あくまで今回は交流戦。本ちゃんのペナントレースに向け、来週末からも頑張って欲しいモノである。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

二桁かよ・・・

 居住地区のコドモ会主催ボーリング大会にガキを連れて参戦。チョーナン君がもの凄く期待していたイベントなのであるが、昨日林間学校から帰宅して、なんだか風邪気味で体調不良らしくDNS。やる気があるんだかないんだかわからないジナン君と二人で行ってきたのである。

 このイベントは毎年開催されているのであるが、昨年はインフルエンザの影響で中止となり2年ぶり。

 すなわち、小生がボーリングをやったのも2年ぶり、ということになる。

 結果は、2ゲームやって85と77というスコア。

 幾ら2年ぶりとはいえ酷すぎると自分でも思うのである。しかも白状すれば、小1ジナン君と一緒のレーンで投げたので、ノーガーターレーンだったのである。それでこの数字ってのはどうなんだろうねえ。

 いろいろなモノが壊れていってると感じる梅雨前日の今日この頃。明日の観戦は優勝ゲームになるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

放置プレイかよ・・・

 ログインする度に「サッカー日本代表をオーエンしましょう」みたいなメッセージが出てきて非常にうざいのでサン牧はしばらく放置プレイしてやるのである。

 ・・・アプリごと抹消する度胸のないところが自分でも情けない。

| | コメント (0)

2010年6月 6日 (日)

一子相伝かよ・・・

 メガーヌの中で「破」のサントラを聴いていたら、チョーナン君が話しかけてきたのである。

 今週半ばの林間学校の時、みんなで歌う歌の中に「今日の日はさようなら」があるのだ、と。

 すぐさまヲタのムスコとしての心構えを教えてあげたのである。

 いいかチョーナン君よ、みんなが歌い始めたら、キミは歌わずに次の台詞を賢明に呟き続けるのだ。

 「何だよトーサン、なにやってんだよ?!止まれ止まれ止まれ止まれ止まれ止まれ止まれ!・・・何だ今の音は、わー!!!!!!」

 これはオトーサンのムスコであるキミの義務なのであるよ。頑張りたまえ。

 で、その後「そんなのカンケーねー」に芸を繋げられたら、キミをいっぱしのヲタとして認めてあげよう。

| | コメント (0)

2010年6月 3日 (木)

15年かよ・・・

 はっと気づくと木曜日であるな,試合観戦から4日経過。雑務に追われる毎日が恨めしい今日この頃。

 5月30日,チョーナン君とスカイマークスタジアムへデーゲーム観戦に行く。二人ともスカイマークは初めて。チョーナン君は,外でやるデーゲームは,初めてだったかな?

 この試合,「がんばろう神戸」メモリアル試合的イベントで,オリックス側は95年当時のレプリカユニフォームでプレイ。相手も,同年日本シリーズを戦ったスワローズであり大変盛り上がる・・・

 ・・・はずなんだけど,スワローズの現状を考えると向日にそんな余力はなかったかな。

 チケットはほぼ完売状態のようで,自由席も満員。観衆3万超えてたらしい。小生らは3塁側に陣取ったのだが,回りはヤクルトファンと根っからのブルーウェーブファンと思しき方々ばかりで,京セラドームとは些か勝手が違う。やっぱこっちの方がお上品なのであるな。

 試合は引き締まった投手戦となり,最後まで飽きずに楽しめた。しかしやっぱスワローズ元気ない。回りでオーエンしてるファンもやっぱ疲れてる模様。へんてこなオーエン(チョーナン君に,真顔で「あれはなんの意味があるのだ?」と問われ答えられず)をやるあの球団は,基本嫌いなのだけど,ここまで落ち込むとかわいそうではある罠。

 ブルーウェーブに戻った一日ということでゴーヤは登場せずだったが,試合終了後,駅前に出没していたらしい。油断した。

 しかし,デーゲームは帽子必須であるな。忘れていってとんでもない目にあった。直射日光の元では白球も見づらいのである。そろそろ諦めてバファローズキャップ買うか。




 そうか,あれから15年か。 

| | コメント (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »