« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

父子かよ・・・

 大晦日に西宮まで「破」を観にいったのが、既に1年前なのであるな。今年はおとなしく自宅で大掃除をし、水城奈々とAKB48のプリキュアソングをwktkしながら待機中なのである。

 改めて一年を振り返ってみると、今年はチョーナン君とよく出かけた年だった。

 冬はスキー、春以降は野球。

 多分来年もこのパターンで行動することになると思う。

 子育てをやる上で、オトーサンとムスコというのは、ある程度子どもが成長してから関係が深くなると誰かに言われたことがあるのだが、真実だった。ムスコがオカーサンにだけ懐いてつまらないとお嘆きのオトーサン、信じてお待ち下さい。

 さて、来年はどういう一年になるんだろう。小生は「破」を越える映画に出会えるのか。今年に続き、乗鞍にエントリー出来るだろうか。

 皆様、よいお年をお迎え下さい。

| | コメント (2)

2010年12月30日 (木)

シェイクダウンかよ・・・

 昨シーズンは、結局「スキー」というカテゴリーは作っていなかったのだな・・・

 シゴト28日まで、29日はチョーナン君誕生日、31日から大寒波日本列島襲来、ということで、今年の滑り初めは12月30日、本日となった。

 とはいえ、昨シーズン足を運んだ滋賀県北部のスキー場は未だ雪不足の模様なので、今日は頑張って奥美濃まで足を伸ばす。ま、今シーズンはこういうこともしようと目論んでスタッドレス買ったんだしな。

 今回の行き先はめいほうスキー場。最寄りインターから25kmほど距離があるが、ゲレンデ取り付け口まで国道一本道で行ける。朝4時にチョーナン君と二人で起床して出発し、郡上八幡インターを7時に降りたのだが、高速も国道も、全く渋滞無しで行くことが出来た。

 初心者でも長距離を稼げるのがここの魅力だろうか。高速クワッドで中腹まで上がり、そこから下まで、ボーゲン一筋のチョーナン君でも滑り降りることが出来る。

 ただ、これまで六甲山だの箱館山だの、ショートコースメインでやってた彼にはかなりハードだったようで、数本滑っただけで泣きが入る。加えてべらぼうに寒い。ここしばらくは最高気温も氷点下だそうで、むき出しの顔面が痛いと訴えられる。ま、シーズン最初から無理させてもアレだからと(ちゅーか、小生も半端じゃなく顔面痛かったし)、昼過ぎに撤収開始し、13時現地出発、16時過ぎ自宅帰着。

 東海自動車道が開通してから、奥美濃遠征するのは初めてだったのだが、予想以上に便利だったというのが正直な感想である。次はもう少し先まで足を伸ばしてみてもいいかもしれない。

 ついでに、本日シェイクダウンだったミシュランスタッドレスも、噂通り高速でストレス無く走ることが出来て満足である。遵法主義者の小生はモチロン100km/h以上の速度は出していないが、おそらくアレなら130km/h巡航しても大丈夫だと思われる。

 残った問題は小生のグローブかな。ホームセンターで、数百円で買った「NASAの技術を応用した手袋」は、氷点下では全く歯が立たなかったのである。自転車用、バイク用、その他諸々今抱えている手袋の点数は非常に多いので、これ以上アイテムを増やすのは心が痛むのだけど、凍傷になっても洒落にならないので許して貰おうと思う。

| | コメント (0)

2010年12月28日 (火)

二本かよ・・・

 年末年始はみっちりプールでトレーニング、と思っていたのだが、年末年始ってプール休みなのね。

 というわけで、シゴト納めの本日、プールも多分年内最後。

 どうも足がすぐに疲れてしまうので、足に浮きを挟んで泳いでみる。

 簡単に100メートル泳げてしまう。なるほど、やっぱキックの打ちすぎで疲れていた訳か。

 その点に留意して何度か続けるうちに、75メートルを二本泳げた。むーん、100メートル泳げる日も近いのだろうか。

 ただ、帰ってきた今現在、腕がパンパンである。クロールはやっぱ腕力を要するということを痛感した次第。年末年始は腕立て伏せ三昧?

| | コメント (2)

2010年12月26日 (日)

淫獣かよ・・・

 くら寿司でガキ共と食事をしたら、くら寿司オリジナルステッカー&ノートが当たって、ステッカーはモーニング娘。のヤツばっかりで、ガキ共は要らないというので、小生が喜んで貰ってさっそく老眼鏡のケースに貼ってみたところ、何故か家族全員に大不評なのである。小生は間違っているのだろうか。

 映画が卒倒しそうにグダグダだった仮面ライダーオーズは、今日になって突然ムチが入ったのか、俄然魅せる展開となる。第2ライダーも劇場版と異なる展開で持ってきて、唖然、であった。やっぱ靖子にゃんはただ者ではないのである。嗚呼、しかし、メズール様は退場するんだろうか。メズール様人間体の行く末を案じつつこのまま年越しってのは心情的に厳しいのであるよな。

 年明けが気になるのはプリキュアも一緒であって、スイートプリキュアの公式サイトが早々とオープンしているのであるが、むーん、おジャ魔女プリキュア路線は一年で破棄ですか。まあ、間違ってはいないと思うんだけどね。クリスマス終わったのに、どこの玩具屋もハートキャッチミラージュ山積みだし。

 しかし、淫獣に三石とは流石である。主役のナージャ共々また目が離せない1年になる予感。とりあえず、現状ではキュアリズムで来年は頑張ろうかと思うのである。できることならキュアリズムの入れ墨を彫りたいところなのである、が、ホントにやっちゃったら家族はどういう対応するのであろうか。

| | コメント (0)

2010年12月21日 (火)

DNAかよ・・・

 ・・・何度目だこのタイトル。

 東京からの帰路。N700の車内でジナン君が悲壮な顔をこちらに向ける。

 今回の旅行用に買って貰ったコロコロコミックを、ホテルに忘れてきたのである。

 もう半泣き、である。家に着くまで殆ど笑わず、である。コッチは笑いそうだったが懸命にこらえる。

 ヨメがホテルに電話。無事確保して貰っていて着払いで送ってもらうことにする。

 「ホテルの人に『ありがとう』と、手紙を書きなさい」と怒ってやる。



 翌日月曜日。鼻粘膜焼きチェックの為、耳鼻科に行く。取った予約番号が一番最後で、診療も一番最後。バタバタと金を払ってそそくさと診療所を出て、帰宅してから気がつく。

 買ったばかりの週刊アスキー最新号、忘れてきた。

 ヨメに翌日取りに言ってくださいと懇願する。

 チョーナン君に「耳鼻科さんに、『ありがとう』とお手紙書きなさい」と怒られる。

| | コメント (2)

2010年12月19日 (日)

荒川線かよ・・・

 この土日は、何年かぶりの上京。

 今回はヨメの身内の慶事出席がメインなので、ヲタイベントはほとんど無しである。当初は小生のみ単独行動で高尾にお墓参りに行こうかと思っていたのだが、家族全員で結婚式に出席したあと、一人墓参りというのもなんだか変なので、今回はパス。どうせそのうち、高尾に行く機会はあるさ。その時は多摩蘭坂にも行ってみよう。

 式場が早稲田だったので、新幹線で東京→山手線で大塚→都電荒川線で早稲田、というルートをチョイス。あのレベルの交通機関が160円で利用出来るのは、バス1区間でも220円ぼったくられる京都人にとっては奇跡的である。というか、東京は地下鉄も安いんだよな。京都という街は、何かが根源的に間違っていると、やっぱ思う。

 初日は午後一杯式と披露宴。夜は身内だけでラーメンで締め、とっとと就寝。

 二日目は、ヨメが雷門に行きたいとリクエストしてきたので、地下鉄を乗り継いで移動。なんだかもの凄い量の人間が右往左往していて、これは年末だからなのか?いつもこうなのか?大声で演歌を歌いながら走るオッチャンがいたが、あれは年末だからなのか?いつもこうなのか?ひたすら人混みの中を歩き、早々に退散。

 スカイツリーを眺め、アサヒビールの、何をどう見ても「アレ」にしか見えない金色のオブジェを眺め、水上バスに乗る。日の出桟橋まで約40分。手頃に楽しめる旅ではあるわな。

 で、降り立ってみるとデジャブ、である。そういえば遙か昔、ワンフェスのあと船でここまで来たんだっけ。

 浜松町から秋葉原に行き、閉まっちゃう東京アニメセンターに寄り、けいおんネクタイを探すも置いて無く、電気屋街で、先日こっそりオクで落とした特小用イヤフォンマイクを買い、15時10分発のぞみで帰る。

 ジナン君がホテルにコロコロコミックを忘れた以外、トラブルもなく無事終了。だがしかし、チョーナン君が小さかったコロは、新幹線に乗るだけで一大イベントだったのに、なんだか今はただの移動手段に過ぎないんだな。

 九州新幹線が全線開通したら、この辺りも変わってくるんだろうか。

| | コメント (2)

2010年12月17日 (金)

大口かよ・・・

 シゴト方面でも私生活でもあまりイイコトがなかった今週の、最後日である本日夕刻、メールが届く。

 伊吹山ヒルクライム当選通知メール。

 むーん、これはいいこと、だよな?

 とりあえず、完走は今年果たしたので、来年の目標は、そうだな、半分より上の順位とか、大それたことを言ってみよう。


 うけけけ・・・

| | コメント (2)

2010年12月16日 (木)

30年かよ・・・

 40代半ばになってブラームスが面白くなってきた。

 一昨日、ヨッフム=ギレリスの2番を聴いて、目から鱗が落ちる思いをして改めて聴きまくっているのである。

 むーん、実に深い音楽ですね。ヨッフムの交響曲全集のLPを買ったのは、15歳くらいの時か?あの時は全然楽しめず、以降ブラームスは殆ど無視して音楽生活を送ってきたのに。30年経過した今頃になって面白さを発見するとは。

 ブラームスの音楽がそれだけ偉大なのか、単に小生が矮小なのか。

 LPで買ったバックハウスとベームの2番も、倉庫から引っ張り出してみよう。

 はー、しかし今から30年後、小生はどんな音を楽しんでいるんだろうか。

| | コメント (0)

2010年12月14日 (火)

3歩後退かよ・・・

 

日曜日の快調なイメージを持ったまま、シゴトを早々に切り上げプールに行く。

 嗚呼、ダメダメである。身体が思うように動かず、再び25メートルずつ刻む人生が始まる。

 身体がカタくなると絶対に進まないのだと言うことは頭ではわかっていてもカタくなるのである。やっぱ、コンタクトレンズ付けたままプールに入るのがいけないんだろうか。ゴーグルからの入水にもの凄くナーバスになり、こわばってしまうのである。

 ようやく慣れてきて、一度だけ75メートルを泳げたモノの、最後の25メートルは、泳いでいて自分でわかるくらいにフォームがバラバラ。ま、冷静に自分を見つめられたのだからよしとしようか。

 オフの日の午前中と、目一杯働いた夜とでは、身体の反応も違うんだろうと、無理矢理自分を慰めて今日は諦める。

 で、帰宅して食事を取ってる最中に歯の詰め物が取れる。その後、小生の弁当箱を洗っていたヨメが、弁当用の箸を折る。

 何か今日はついてないんだろうか・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月12日 (日)

伸びしろかよ・・・

 午前、髪を切ったあとプールへ。鼻粘膜焼き以降初めての水泳である。しかも、粘膜焼き直前はロタにやられてプールに行けなかったので、なんだかんだで二週間ぶりか。

 耳鼻科医から水泳の許可は出ていたけど、念のためノーズクリップは付けたまま泳ぐ。何度か外してみたら、明らかに鼻の感覚が違っていて、刺激は確実に減っている。ルーティーン通りあと2回粘膜焼きが終わったら、これは期待してもいいのかも知れない。

 久しぶりなのに今日はもの凄く調子がよかった。あれだけ悩んでいた息継ぎが、のっけからきれいに決まる。頭を沈めると進む、という単純なことが非常に実感出来た。

 25メートルずつ距離を刻むが非常に好調。50メートルも何度かこなす。で、勢い込んでそれ以上、を目指してみる。

 嗚呼、行けたのよ、75メートル。

 小生の人生の中で、これまでの記録は50メートルだったので、更新したことになる。45歳で水泳始めて、未だ伸びるモノなのですね。

 まあ、目標の1kmは、未だ遙か彼方なのだが。

 午後、チョーナン君がプラモを見たがっているので(小生がウォーターラインを物色したかった訳では決してない。ホントである。)元金融屋ビルに連れて行く。

 2階に上がったところで籠を持った男性に声をかけられる、「あれ、あれ?」とか言われる。誰だっけ。向こうも悩んでいる。むーん・・・

 1分後、オシゴト関係者であることが判明。お互い、会うはずのないところで会うはずのない人に出くわすとこういうことになるのであるな。ちなみに向こうはガノタだった。作品を展示して貰ってるほどの方なのだそうで、人は見かけによらないと、改めて痛感。

 その後、一人ウォーターラインコーナーで妄想を膨らませる。作品として展示されているブツのクォリティは卒倒しそうに高く、こういうモノを見ていると、やっぱ小生程度の人間が手を出すべき世界ではない、という気がしてくる。

 けいおんデカール付き1/700キティホーク(所謂痛空母)などという訳のわからん品物を見つけ、悩む。何をどう考えても小生の為に作られた商品であるよな。小生以外の誰がこんなブツ買うんだ?

 悩みながら今日は買わずに帰ってきたのだが、家でググってみると、キット自体の出来映えがよろしくないそうで、相応にスキルがないと組み上げられないらしい。手を出さなかったのは正解なんだろう。

 やっぱ、シコシコ駆逐艦から始めるべきなんだろうな。いや、始めないけど。

 しかし空母にアニキャラってのはどう考えてもオカシイんだけど、何故か違和感がない。何でなんだろうと考えたのだが、駆逐艦の名前を名字に付けた萌えキャラが登場したあのアニメのせいで、世界が歪んだのが原因だろうというところにとりあえず思考の先は落ち着く。

 

| | コメント (0)

2010年12月11日 (土)

冬靴かよ・・・

 というわけで履いてみたのである。ミシュランX-ICE。

 京都駅より南に常に居住していた小生なので、日常生活上スタッドレスの必要性を感じることはほとんど無かったのだが、昨年よりチョーナン君とスキーを始めたので、今年は一念発起、生まれて初めて買ってみたのである。

 タイヤで自己主張する趣味はないので、サイズはノーマル同様195/65/15。アルミホイール込みで11万円なら、まあええかと納得した次第。

 今日はタイヤ屋から自宅まで10kmほどウェット路面を帰ってきただけなので、本来の性能まではわからないけど、ミシュランについてまわる噂通り、スタッドレスのくせに夏タイヤとの差はほとんど無かった。これは優秀。

 というか、乗り心地向上したような気もする。アルミホイールのお陰?バネ下触るとやっぱ効果あるモンですかね。

 現在走行距離24,950km。ミシュラン君、今シーズンはどのくらい走るんだろう。

| | コメント (2)

2010年12月10日 (金)

喫水線かよ・・・

 何か唐突にプラモデルが組みたくなってきたのである。どういうビョーキだ?

 ガンプラ世代よりちょいと上の小生にとっては、プラモ=ウォーターライン、なのである。むーん、手始めに大和か武蔵、買ってみようか。

 ・・・と思って調べてみたら、今時のウォーターライン、大和級だと3,000円くらいするんだな。ちょっとびびるお値段哉。雪風辺りから始めるか、って始めるのか>ワシ

| | コメント (4)

2010年12月 8日 (水)

日曜番組かよ・・・

 毎週,ヨメ,チョーナン共々鑑賞を続けた「龍馬伝」がようやく終わり,先日からは「坂の上の雲 第2部」が始まり,嗚呼,こうなると鑑賞するのは小生一人になってしまうのであるよな。

 しかし,こうやって並べてみると,作品としての出来映えの差が笑っちゃうくらいに歴然としているのであるな。

 「龍馬伝」は,セットとか脇役とか,ディティール部分はものすごくしっかり作り込めていたと思う。プログレ撮影もこれらを引き立てる要因として良かった。

 引き延ばしすぎの筋運びと,一本調子の主人公が最後までダメだった。視聴率的にも去年より落ちたと聞いているが,途中で飽きちゃった人も多かったのではないかと思う。

 しかし,いったい何人のライダー役者が出てきたんだろう。新撰組なんて,沖田=明日夢,土方=蓮,という,ムネアツタッグだったわけで,これ絶対に確信犯的所行に違いないと思うのである。

 「坂の上の雲」は,上記「龍馬伝」の利点に加え,欠点が全て補われていて,誠に見応えのあるドラマになっている。今日本に住んでいてこれを見ないヤツは馬鹿だよな。来週で弥太郎はフェイドアウトか。この先の展開,敢えて情報をシャットアウトして見続けようと思う。

 さて,来年の大河はどうなるんだろ。予告編を見た限りでは,限りなく学芸会臭が漂っており,3回くらいで挫折するのではないかと危惧しているのだが,果たして面白いんだろうか。上野樹里は天才だとは思うのだが,NHK,時代劇,という枠にはめられてその才能がどうなるのか,今から疑問を呈しておく。脇役もネームバリューはあるけど役者としては・・・という人が多い気がするし。

 面白いのか,ということでもう一つ疑問を持っているのが「スタードライバー 輝きのタクト」。

 ボンズ作品にハズレは「あまり」ない,という信念を持って見続けているのだが,これって面白いんだろうか。なんか評価に苦しむ作品であることは確か。既に10話目なんだが,この先どうやってつきあおうか思案中。

 片身分かちた矢が男性。信じるものは当たるそうだが,信じていいのか>ワシ

 

| | コメント (0)

2010年12月 6日 (月)

閉店かよ・・・

 オーディオのキムラから閉店案内届く。

 むーん、かなり困った。この先真空管アンプの調整とか、どこに持ち込めばいいんだろ。

 在庫処分セール実施か。アナログプレーヤー何とかしたかったんだがちょっと予算がないな。SACDプレーヤーなら・・・・・ムニャムニャ

| | コメント (5)

2010年12月 4日 (土)

機能削除かよ・・・

 チョーナン君と二人実写版ヤマトを観に行って、想像以上のグタグタぶりにげんなりした本日。mixiで二つのコミュに参加してみたのである。

 両方ともスポスタのコミュである。

 とはいえ、別にVTRを手放して883を買うとかそういう思惑があるわけではなく、単にどういう単車なのか興味があって、乗っている人々の情報が仕入れればいいか、というかるーい気持ちで入会しただけの話である。

 ホントである。







 ・・・あれ、マイミクが何のコミュに参加したとか、情報が筒抜けになるあの機能はなくなっちゃったの?新コミュに入った言い訳をそれとなく書く必要はもうないの?

| | コメント (0)

2010年12月 3日 (金)

粘膜焼きかよ・・・

 先週末からなんだか下痢気味で、クスリを飲んでもよくならず、これはどういうビョーキなのかとネットで検索した結果、嗚呼これはおそらく大腸ポリープ若しくは大腸癌であるなと思って夜はまんじりともせず、今朝一番にかかりつけの内科に駆け込んだら「あんた、それはロタウィルス。今大流行やで」と言われがっくりしつつもほっとして、処方して貰ったクスリを飲んだら一挙に体調よくなり、夕方、ガキ共の野球教室に付き合ってから一人耳鼻科に赴いたのである。

 鼻粘膜焼き第1回目。

 一応手術なのだから特殊な部屋でやるのかと思っていたのだが、通常の治療室で処置は行われる。まずは両鼻に麻酔を通されしばらく放置プレイ。15分後位で処置開始。これが18時30分頃。

 やってる最中は痛みもなく、片側5分、両側10分位であっけなく終了。鼻を生理食塩水ですすぎ、ネステレンコ・・・だっけ?鼻の吸入をやって今日はオシマイ。

 「今夜は痛みと鼻づまりがあるかもしれないから、クスリ出しとくね」と言われてさようなら。支払額6130円。

 処置直後は、麻酔が掛かっていて感覚が無くなっている。その後、家に着くコロには鼻水が出るようになる。そのうち止まらなくなってずっとティッシュで押さえている状態となる。これを書いている処置後5時間経過した現在、鼻の奥がかなり痛くなってきた。無理はせずに痛み止めと鼻づまり止めを飲んでみた。

 今夜は眠れるのだろうか。明日朝、自転車に乗るつもりだったが、止めた方が良さそうだな・・・

| | コメント (1)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »