« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月31日 (木)

二十日間かよ・・・

 ・当日
 シゴト打ち合わせ中に地震発生。同じ部屋にいた同僚は揺れを感じたらしいが、小生は全く気づかず。ヤフーのニュースでそれを知る。二日ほど前にも東北であったなと思いながら過ごすウチにヤフーのニュースが大変なことになる。原発が、とか言い始める。関東で帰宅困難者続出。小生はシゴトが詰まって家に帰れないいつもの状況。ヨメにメールすると「テレビの前から離れられへん」と返ってくる。

 21時頃シゴト止める。街は普通の金曜日。電車内にはヨッパライ多数。車内、ワンセグでニュースを見る。やっぱ原発がやばいらしく思わず声が出る。

 21時30分頃帰宅して、コート着て立ったままテレビの前から離れられなくなる。就寝1時頃?

 ・土日

 週末に行く予定だったオープン戦は中止となる。土曜日、家族は地区のコドモ会行事へ。小生は映画館へ。「SP革命編」を一人で観る。

 それ以外は基本テレビかじりつき状態。1号機の建物が吹っ飛んだのは日曜日だったっけ?絵に描いたように最悪な東電の対応を眺めつつこれが現実なのかと呆れつつ何となく納得。この国は終わるかもしれないとぼんやり思い浮かべる。

 ・月ー金
 関西の日常は何事もなく回る。これでいいのかと思いつつ何をどうすることも出来ない。あいにくシゴトが炸裂し、日々忙殺。水泳教室にも行けず。

 ・三連休
 小春日和のうららかな真っ暗な三連休。

 土曜日は西京極のオープン戦(対カープ)。月曜日は京セラでスワローズ戦を観戦。

 オーエン団も自粛しているんだそうで静かなゲーム観戦となる。鳴り物反対派の小生としては楽しめた。朴投手の、一球ごとにあげる気合いの声を生で聴き、彼のレプリカユニフォームを買おうかと悩む。

 日曜日はヨメの実家に、東京から疎開したヨメの兄のヨメ(妊婦さん)お見舞い。お見舞い?まあいいか。ひっきりなしに携帯の緊急地震速報が鳴り響く関東は、こちらとは別世界であるらしい。

 こんな時代、だからこそ、立派に子供を産んで欲しい。

 ・火ー土

 火の昼頃から腹の調子が悪くなる。21時過ぎ、帰宅して熱を測ると37℃を越えてる。

 夜半、39℃台突入。その後二日間意識不明のまま暮らす。インフルエンザではなかったんだが、何だったんだあのタチの悪い風邪は。

 水泳教室、又もオヤスミ。

 金曜から職場復帰。土曜日もカスみたいなシゴトに付き合わされる。

 ・日

 ぼっかりに穴が開いたまま空虚に過ごす。久々にVTRに乗る。これで東北まで行くべきなんだろうかとマジメに悩む。

 散髪する。「当たり前のように日常を送ることが、関西にいる人間の勤め」みたいなことを店長さんに言われる。その通りだと思う。違う、とも思う。

 ・月ー木
 相も変わらずカスのようなシゴトを続ける毎日。それでも水泳教室に行けたのは収穫なんだろうか。

 コンビニの釣り銭は極力募金箱に放り込んだ。バファローズの募金箱にもいくらか放り込んだ。小生に出来ることはただそれだけ。靴の上から足をかき続ける日々はまだまだ続く。

| | コメント (0)

2011年3月30日 (水)

ケイゾクかよ・・・

 3ヶ月続けた「クロール中級教室」も本日で最後。

 地震とは何の関係もない、実にくだらないシゴトのせいで、先週、先々週と行けなかったので、果たしてついて行けるかと心配であったが、ナントカこなすことが出来た。

 今日のポイントは「左右の腕のタイミング」と「腕の廻し方にメリハリを付ける」こと。

 片方の手が入水したらもう片方を掻き始め、というタイミングを練習する。同時に、水上にある腕は水中に比べ3倍くらいゆっくり、加えて、自ら出る直前は思いっきり、と言われる。

 詰まるところ、如何に水中で手を伸ばし無駄のないフォームを作るか、ということであるな。これは反復練習したらいい感じになるかもしれないという予感と共に今日は終了。

 仰向けバタ足で思いっきり気管に水を吸い込み、溺れそうになったのもいい思い出になるんだろうか。

 ・・・というか、来週からの三ヶ月もケイゾクで申し込んだのである。カスみたいなシゴト状況は相変わらずなので、何回行けるかわからないが、でももう少し頑張ってみよう。誰の為でもなくただ自分の為だけに。

 

| | コメント (0)

2011年3月28日 (月)

羊かよ・・・

 この状況下に於いて、まともな原発廃止論がどこからも聞こえてこないのはどういう訳なんだろう。




 ・・・え、ワシから叫び始めるべき?

| | コメント (7)

2011年3月21日 (月)

分岐点かよ・・・

 ニュースで本日の追悼式典開催を知るまで、全く気がつかなかった。そうか、今日で16年か。

 地下鉄サリン事件が日本人の精神構造の分岐点になったと解きほぐしてくてたのは、村上春樹の「アンダーグラウンド」である。

 あれ以降、この国の人々は、自分の理解を超えた人々との対話を捨て、切り捨てるようになった。ネトウヨ諸兄やトチジ様の源流は95年の3月20日に、正にある。

 ぶっちゃけた話、小生のマイミクさんにもネトウヨ諸兄と同じ思考パターンの方が複数いらっしゃる。その内容は時として小生の理解を超え、正直、かなり不快な思いをすることもある。

 マイミク切ろうかと悩んだこともある。

 でも、切ってしまったら、結局それは向こうと同じことをやっているわけで、それではいつまで経っても分かり合う可能性はゼロのままなのである。

 いつか、一緒に笑いあえる日が来ることを信じてこの先もネット社会でヘラヘラ生きていこうと思う。

| | コメント (3)

2011年3月12日 (土)

教訓

人はちっぽけであること。

自然は畏怖すべき存在であること。

命は何よりも尊いこと。

| | コメント (3)

2011年3月 9日 (水)

肩幅かよ・・・

 今日はシゴト方面が炸裂の予感一杯でプールはおろか下手したら帰れないんじゃないかと思っていたら、あっけなくオシゴトは終局を迎えた。むーん、明日からシコシコ敗戦処理か。まあええか。

 そのお陰で行くことの出来た水泳教室なのであるが、嗚呼、今日は行ってよかったよ、実に実りのあるレッスンだったよ。

 腕を、肩の前に伸ばせ、と言われ実践する。けのびの時は、腕を前で組むが、クロールの腕は肩の前でいいのだ、と言われる。息継ぎの時とかに、腕が内側を向かないよう気をつけろ、と言われる。むしろ外に出すくらいの意識でいいのだと言われる。

 腕が伸びている方に身体は進む。

 つまり、腕がフラフラしていると抵抗になってしまう。

 これを意識して、常に肩幅で腕をかくと、非常に効率よく進むのである。むーん、今日はかなりいい気持ちでレッスンを終えることが出来たのである。

 ウルトラマンではなく、セブン、というイメージに近いかな。次にプールで実践出来るのはいつになるかしら。忘れないうちにやっておきたいのだが、しばらくは無理か・・・

| | コメント (0)

2011年3月 6日 (日)

期待以上かよ・・・

 ・柳谷
 伊吹山ヒルクライムまで約一ヶ月。去年と比べ全然乗れてない今年なのである。

 2月は通勤時間「だけ」雨とか、水泳教室があって自動車通勤になる水曜日「だけ」晴れの一週間とかばかりで、ろくに乗れなかったのである。週二ペースでプールに通えたのがせめてもの救いだろうか。

 土曜日朝、重い身体を引きずって柳谷に上がってみる。

 タイム、23分フラット。昨年夏、乗鞍直前に上がった時のタイムが22分30秒なので、心配したほど落ちていないというのが正直なところ。タイヤも耐久性重視のシロモノを履いたままだしな(本番どうするか・・・)。

 一度上まで登り、その後サーキットを二周ほどしてみて、心肺機能はそれほど落ちてないと感じた。プールでハァハァやってるのは無駄じゃなかったと言うことか。むしろ筋力がついてきていない感じ。残り1ヶ月、Wiiフィットで筋トレに勤しみますか。

 ・汗だく
 山の中で汗だくになり下りで冷え冷えになり帰宅して着替えジナン君をメガーヌ助手席に押し込み名神を東進し栗東で降りる。大渋滞するR8を走り、コメダ珈琲の前をとおり、某インテリアの前をスルーしてしばらく走り、野洲と守山の境にある農場に入る。

 小生とジナン君、バファローズ主催、農作物育成イベントに当選したのである。

 元々はオフシーズンの1月に開催予定で、現役選手が参加予定だったのだが、大雪で中止となり、昨日の開催となったのである。

 既にオープン戦も始まっている状況なので、現役選手は不参加。昨日の参加者は、未だ名前のないマスコット1号2号と、大久保元投手。応募に受かってやって来た親子は、合わせて十数組と言うところか。

 ビニールハウスに入り、設けられた畝にラディッシュ、サニーレタス、ニンジンの種を植える作業をみんなでやる。未だ外の風は冷たかったが、ビニールハウスの中は汗だくになるほどの気温である。人智とは偉大であるなと、40半ばにして思う。

 その後、別の畝に植えてあったニンジンと小松菜を収穫してイベントはオシマイ。子どもの年齢が小1~小3を対象にしたモノだったこともあり、始終和やかな空気が流れたいい雰囲気だった。ジナン君も初めてビニールハウスの中に入り、楽しんだ模様。

 君がこういう作業が好きだとは知らなかった。日曜日になると庭いじりをしていた君のオジイサンが生きていたら、喜んでくれたかもな。

 ・3発
 オープン戦で未だホームランが出ないバファローズであったが、今日はイ・スンヨプ、岡田、それに伊藤(!)と、一挙に三本飛び出したとのこと。ナゴヤドームで打ったのは収穫であるな。とりわけ伊藤君のHRは実に嬉しい。今年こそ彼にとっての飛躍の年になるよう、心から応援したいモノである。

 ナゴヤドーム、行けばよかったな・・・

 ・アンドロイド
 本日午後、ヤマダ電機の新店舗に行ってみる。GALAXY Sの実機がおいてあり、触ってみる。

 期待以上であるなこれは。

 そもそもケータイでメールが打てるようになる前から電子メールを使っていたジジイから言わせていただくと、ガラケーでやってるメールは、緊急手段でしかないように思うのである。これ買ってgmail環境を持ち歩けるようになったら、いろいろ解決するように思うのであるな。

 ムコウで発表された次機種が国内で出たら変えるか・・・

 

| | コメント (0)

2011年3月 3日 (木)

姿勢かよ・・・

 昨夜の水泳教室がトータルで・・・何回目だったっけ?

 前々回当たりから、「何か」を掴みつつある気はしてきている。

 上手く泳ぐ=水の抵抗の少ないフォームを身につける

 という基本的なことが、ようやく身体レベルでわかりつつあるような雰囲気である。頭を下げ、腹に力を入れると下半身は浮くのである。何のことはない、顎を引き背筋を伸ばすという、陸上で「いい姿勢」と言われるフォームを水中でも行えばいいと、そういうことなのである。

 この辺りを意識して泳ぎ続けていると、ふとした瞬間に、もの凄くスムースに身体が進む時がある。これを常時身につけることが出来れば上達するのであろうな。

 

今月でひとまず教室はオシマイなのであるが、もう1回、3ヶ月同じ教室に入校してみようかと悩んでいる今日この頃。

| | コメント (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »