« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月27日 (水)

タイトルのみかよ・・・

 70年代をリアルに体験しているモノなのであるから、当然にキャンディーズの全盛期を同時代的に経験しているわけなのであるが、だがしかし齢40代後半に突入した今日に至るまで、所謂アイドルに夢中になる経験を全くせずに人生をすごしているわけで(プリキュアはアイドルではないと思う、やっぱり。)、よって、彼女たちに対して過度に偏重した思い入れを持っているわけではない。それが証拠にミキの名字をこれまで間違えて記憶してたことを数日前に知ったような次第である。

 とはいえ、三人の中でどれだと言われれば迷わずスーちゃんを選んでいたのも事実で(そんな質問受けたことないけど)、ヌードが掲載されたスコラ創刊号を探して数店舗本屋をハシゴした大学生時代も今では懐かしい思い出となってしまった。

 癌とモルヒネでボロボロになりながらあの肉声を残せたのはあっぱれ。小生にもあのような死に様が与えられるのであろうかと、残り少ない日数を数えてみたりする。

 追悼的にようつべでキャンディーズの歌をいくつか聴いてみたのだが、キャンディーズといえばダントツで「春一番」だという従前からの持論は変わらず。やっぱこれは名曲だと思う。歌詞にカタカナもエーゴもゼロというのは、今日では考えられないだろう。「今夜は最高」に泉谷とスーちゃんが出演してこれを協演してたと思うのだが、どこかに動画ないだろうか。

 タイトル的なインパクトは「年下の男の子」であろうな。小生の世代は、まさしく彼女たちから見た「年下の男の子」な訳で、ブラウン管の中でこの歌を歌う彼女たちを眺めながら何となくドギマギしていた小学生の自分の心情もそこはかとなく覚えている。

 そんなことをつらつら考えていたら、トートツに「年下のオタクの子」などという替え歌のタイトルだけが浮かんできて、でも歌詞はさっぱり思いつかなくて、これはもう思考回路の動脈硬化なんだろうかと泣きながらまたまた残り少ない日々を数えるのである。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

| | コメント (0)

2011年4月25日 (月)

内出血かよ・・・

 

その後、ネットで二人分の宿をゲット。腹をくくって足も確保した。往路は飛行機。朝7時15分伊丹発。家を出るのは5時過ぎ哉。帰りははやぶさを狙うか。ワシはアホか?

 閑話休題。昨日は京セラドームにチョーナン君と二人参戦。なんだかいつにもまして人が多かったのだが、考えてみれば土日のホームゲームは先週が初めてだったんだな。この調子で人が増えると嬉しいのだがどうなんだろう。

 試合は西のユウキが完全に作っちまった。こいつは凄いわ。ファンクラブデーだったのでいい席(カメラマン席すぐ横)を奮発したのだが、西君の投球練習を毎回観ることが出来たのは大きな収穫。

 ゴッツの本塁盗塁を眼前に出来たのもよし。スンヨプ、Tのタイムリーも、まさしく目の覚めるような辺りでよし。加えて、バルディリスのホームランであるな。生で彼のホームランを観たのは初めてだった。やっぱ今年は、バルのユニをオーダーで作ろうと堅く心に誓う。

 で、怒濤の6回にコーフンしすぎて、メガホンで左手親指を強打していたらしい。気がつくと内出血で晴れ上がってる。ワシはアホか?

 その後帰宅して煉る前になって、なんだか身体が熱っぽくなる。そのまま寝て出勤したのだが、どうにも風邪引きの模様。其処にヨメからメールが入り、チョーナン君も38℃越えてるとのこと。

 むーん、二人とも仙台空港に無事降り立てるのであろうか・・・

| | コメント (0)

2011年4月23日 (土)

ツインかよ・・・

 ・・・やっぱ自動車というカテゴリーを作った方がいいのか。

 21世紀にツインエンジンの自動車が新車で出てきたというので見にいったのである。ヤフートップページのフィアットのバナー広告に目を奪われているのは、おそらく小生だけではあるまい。

 残念ながら、京都のディーラーにはようやく試乗車が入ってきたところで、ナンバーはおろかエンジンもかけられない状態で、今日はそのフィーリングを感じることは出来なかったのであるが、いやはや、エンジンそのものにこれほどワクテカ出来る自動車っていつ以来だろうか。

 子育てが終わったら2CVってのを人生の既定路線にしていたのだが、こういうクルマが出てきたのならそっちにシフトしてもいいかもしれないと思う。というか、ショールームの展示車両に一家四人乗ってみたら、思いの外中は広くて、今すぐ乗り換えてもそれほど違和感はないのかな、とか思ってしまったのである。

 惜しむらくは、200マソを越える価格と、異様にオシャレチックな内装ってところだろうか。オッサンのファーストカーに持って来るには少し厳しい気もする。

 でも、自動車を思いっきりダウンサイジングして、家族全員で不自由を分かち合って楽しむ人生を送った方が幸せなんじゃないだろうか。



 買いませんけどね。

| | コメント (2)

2011年4月22日 (金)

行き当たりばったりかよ・・・

 

というわけで買ったのである。

 4月29日 kスタ宮城イーグルスVSバファローズ 外野ライト自由席エリア観戦券。オトナ1枚コドモ1枚。

 ガキ連れでどうやって宮城まで行きどうやって泊まりどうやって帰ってくるのか、今のところは白紙状態。まあ一週間あるからじっくり考えようか。とりあえずじゃらんでも楽天トラベルでも、その夜の仙台の宿が全く取れないことだけはわかった。

| | コメント (2)

2011年4月20日 (水)

決断力かよ・・・

 4月29日,イーグルスが本拠地Kスタ宮城で震災後初のホームゲームを主催。相手は我がバファローズ。

 現時点で外野自由席残席有り。

 新幹線は25日までに仙台まで開通する予定。これが延びても既に東京ー福島は運行しており,そこからリレー列車が出ているので一応足は確保できる。

 28日夜,京都を出発東京泊,29日早朝東京発仙台入り,で観戦は可能。帰りをどうするかが問題だが,新幹線を捕まえられれば,その日のウチに京都に帰ることは,時刻表上は行ける。

 残された問題は,ワシの決断力であるな・・・

 仙台の人々に野球を楽しんでもらうべく,チケットは買わず関西から応援という選択をするか,関西でダラダラテレビ観戦するより,少しでも経済が潤うよう現地まで自腹を切ってオーエンに行くか。

 この強行軍ツアーにチョーナン君がついてこれるかどうかも問題であるな。

| | コメント (2)

2011年4月18日 (月)

お呼ばれかよ・・・

 16日土曜日、チョーナン君と甲子園に行く。

 彼と立てた今年の目標の一つが「甲子園で野球を観る」だった。で、頑張って交流戦のタイガース対バファローズ、レフトビジター席をゲットしたのであるが、それより前にこんな形で甲子園観戦が実現するとは思いもしなかった。

 楽天代替本拠地開幕ゲーム。岡田星野甲子園激突。ガラガラの内野席。ビジター側でバファローズ戦を観戦するのはそういえば初めてだな。甲子園のショップに置かれたオリグッズの少なさに、不人気さ加減を改めて痛感させられる。

 観戦前、甲子園博物館(だったっけ?)に行く。親子合わせて入場料800円は高いんじゃないかと思っていたが、入ってみるとなかなか充実した内容で思いの外満足出来た。永年の懸案であった「大阪タイガースの唄」のオリジナル楽譜まで見ることができて、満足。バックスクリーン裏に入れたのも希有の体験。

 甲子園のでかさをチョーナン君も感じることが出来ただろうか。

 試合の方は2-1でイーグルスの勝ち。中山も好投したのだが、エラーから2失点し、それが致命傷となってしまう。ま、特大のT-岡田ホームランを見れたのでよしとしておこうと、帰路につく。風強く、心まで冷え込んだ一日となる。

 翌日曜日。朝から洗車する。この日はよく晴れたいい天気。こんな日を洗車だけで終わらせるのはもったいない。

 ・・・ということで、昼前に急遽一家総出で甲子園に行くことにする。ええと、ジナン君は初甲子園かな?

 相も変わらず貧打が続くが、西君も負けじと好投。8回、突如打線爆発し、そのまま西君プロ入り初勝利。いやあ、久々にコーフンしたわ。やっぱ野球は屋外デーゲーム外野観戦に限る。

 次はkスタだな。4/29に試合があるが、そうか、それまでに新幹線は開通予定か・・・

| | コメント (0)

2011年4月15日 (金)

転向かよ・・・

 明日、いよいよプロ野球公式戦を球場で観戦するのである。

 主義に反するが、今年一年は冒頭のキミガーヨで脱帽起立しようかと思う。

| | コメント (2)

2011年4月11日 (月)

59年ぶりかよ・・・

 檻開幕スタメンに高卒ルーキー駿太起用。

 張本以来というところが何とも凄すぎ。

 捕手にも伊藤を起用していて、なんというかロマン溢れるメンツだわこれは。相対する重量打線チームとは対極の打線。

 

このチームの応援しててよかった。今夜は眠れないかも。

| | コメント (2)

2011年4月 9日 (土)

曲単位かよ・・・

 木曜日の夜と金曜日の朝、ママチャリで職場→自宅→職場トータル25kmほど走って見たのである。結果、ママチャリで10km以上走るのは愚の骨頂であると痛感

 もう二度とマークローザで自宅まで帰ってくることはあるまい。やっぱ、アレは街中をさらっと乗ってナンボ。適材適所ってことを考えないとね。もうええ歳なんだし。

 適材適所と言えば、電撃的に始まった電車通勤の友としてヨメから強奪したiPodも、どうも小生にとっての「適材」になってくれず困っているのである。

 少し前の世代の一番下のライン、液晶画面の付いてないタイプなのであるが、このシリーズには、そもそも「フォルダ」という概念が存在しないのである。ひたすら曲だけをダラダラ流し込んで保存し、それを耳にダラダラ流し込むのがコヤツの役目らしい。

 この仕様、「アルバム」という単位で音楽を聴くクラヲタジャズヲタには、根源的に向いてない。例えば、「今聴いてるブラームスの間奏曲集、もういいから次の次に入ってるパルティータを聴こう」なんて時は、延々「次」の矢印を押し続けなければならないのである。

 阪急電車車内で、ピンクの極小デバイスの矢印を必死で押してるオサーンの姿というのは、いったい他人様の目にはどのように映っているのであろうか。

 この極小ピンクオブジェクトにデータを流し込むiTunesも、どうにも使いにくい。こいつも基本的に「アルバム」という概念が希薄で、曲ごとに切り分けるしか能のない輩のようである。

 デイヴィッド・マレイがナット・キング・コールのナンバーを演ってる新譜を取り込んでみたのだが、何度やっても途中の3曲が表示されない。いろいろ調べたところ、この3曲だけ演奏者のクレジットが他と違うことが判明。で、勝手にソフトの方で別フォルダを作って其処に収めているのである。

 仕方がないので、このディスク用にプレイリストを作成し、アルバム通りに曲を入れ直す羽目に陥る。なんでこんな手間が人間様に掛かってくるのよ。理解できんわ。

 やっぱ、小生とリンゴマークは相性悪いのであろうか。次の家用パソはAir?とか夢想してたのだけど、何かその夢は壊れつつある今日この頃。 先生が「スマホ買うならコレしかねえべ」と太鼓判を押し続けている銀河S2がドコモから出たら、その日に機種変して以降はそっちで「音楽」を楽しもうと堅く心に誓っているのである。

 いつ出るんだろ・・・


 

| | コメント (4)

2011年4月 7日 (木)

二周目かよ・・・

 というわけで,1~3月のクロール中級教室をなんとか終え,4月から同じクラスをもう一度受講,昨日が1回目だったのである。

 ・・・いきなり遅刻。不細工であるよなあ。

 3月終わりには総計10名を切っていた参加者も,1回目とあって総勢20名の大所帯となった。メンツ的には三分の二くらいが新しい方,残りは小生と同じ継続組。かーなーり上手い人も継続で残っていて,これはどういう嫌みなのだろう。

 新しく入った人々は,小生より年配の女性と小生よりわかり男性がほとんどで,一人浮いた状態なのは今回も継続中。ま,どこに行っても浮く人間だからいいんだけど。水には浮かないけど。

 昨日は最初ということで,700メートル泳いでおしまい。小生的にかなり余力は残ったんだけど,新しく入った方々は結構ハァハァしておられる。思い起こせば,1月の最初は,この程度で小生もバテバテだったのだな。遅々として進まない我がスイムライフだと思っていたのだが,少しは進化しているのだろうか。

 次の3ヶ月でどこまで行けるだろう。

| | コメント (0)

2011年4月 6日 (水)

0.99%かよ・・・

 ルノーディーラーからDMが届く。

 カングー特別ローン,0.99%だと。むーん,売れてないんだろうか。

 メガーヌももうすぐ二回目の車検を向かえるので,買い換えタイミングとして悪くはないという頭はあるものの,今シーズンはナビの更新DVDも買ったし,スタッドレスまで買ったのである。まだまだメガーヌに乗り続けるつもりなのである。買い換えなどしないのである。




 ・・・そうか,現行カングーのタイヤサイズって,ワシのメガーヌワゴンと同じなのか。スタッドレスは使い回せるのか,買い換えないから関係ないけど。

| | コメント (6)

2011年4月 5日 (火)

水平かよ・・・

 

以前書いていたとおり、通勤場所が先月からなし崩し的に変更になったのである。

 街のハズレから街中へ。

 通勤携帯も、自転車通勤から電車通勤に変更。

 

 というわけで、夜間は街中の駐輪場に放置プレイする自転車を買ったのである。

 ブリヂストン、マークローザホリゾンタル 27インチモデル。

 ブラック、つや消しブラック、茶色、緑、とあって、圧倒的につや消しブラックがカッコよかったのだが品切れとのこと。仕方がないので三秒ほど迷って茶色にしてみる。メッセンジャーバッグも茶色だからという安易な選択だったのだが、実車を見ると、嗚呼、これはまさしく「マルーン」色である。

 マルーン色の電車から降りてマルーン色の自転車に乗る人生が明日から始まる。嗚呼、なんて素敵。

 今日は南区の自転車屋から四条烏丸まで走ったのであるが、予想以上にかっちりした走りで、スーツ着たまま走る分には全然不満が出そうにない。予想外にいいモノに出会ったという予感で今は一杯である。やっぱホリゾンタルフレームって剛性出るんだろうか。

 これだと街中放置じゃなくて、家から通えるかもな。

| | コメント (2)

2011年4月 4日 (月)

怒濤の展開かよ・・・

 本来なら、既にプロ野球が開幕して二週間、昨日はバファローズ本拠地開幕ゲームの三戦目になるはずだったんだな。うっかり間違えて三塁側のチケットを買ってしまっていたのだが、こんな形で帳消しにされても心は冴えない。

 代わりに行われたマリーンズとの練習試合。1回裏の後藤の一発以外、何一つ観るところのなかった試合となった。これだけ貧打だと、今年も溜息ばかりの一年になるのだろうか。ま、昨日はオギノタカシと握手出来たのがいい思い出かな。

 で、塞ぐ気分を一掃したのが、スタードライバー最終回。むーん、あと1回でどうやって終わるのかと、ネクサスの時の如くハラハラしていたのだが、この怒濤の展開も正にネクサス並み。

 スタドラが当初から2クール予定だったのか、短縮されてそうなったのか、知らないのだが、いやはや、これだけ熱気のある最終回は久しぶりに観た気がする。

 HDDレコーダーに、消せずにそのまま於いてあるんだけど、見返さず、昨日の余韻を墓場まで持っていった方がいいのかもしれない。

 

| | コメント (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »