« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月29日 (水)

想定外かよ・・・

 

・足が攣る
 溜まりに溜まった仕事を置いたまま職場を離れ、一ヶ月のブランクを経てスイミングスクールに行く。

 笑っちゃうほど泳げない。特にキックがダメダメ。バタ足50メートルで撃沈。足がつって一端リタイヤし、その後はいつも馬鹿にしてる落ちこぼれのオバチャンと一緒に泳いだのである。嗚呼・・・

 

・出入り禁止
 公式戦のチケットも発売が始まり、あちこちの外野席を飼い始めているのであるが、ん?某応援団球場出入り禁止の噂有り。嗚呼、今年はどういうスタイルでオーエンすることになるんだろう。

 ・30点
 帰宅すると居間のテーブルに置いてあったのである。

 小六チョーナン君の100点満点の算数のテスト。先日は国語で46点とかもらってたな。

 いろいろ考えた方がいいのだろうかと思う今日この頃。

 ・1668枚
 いろいろ考えた末に買ったのである。1668枚収納のCDラック。

 本日届いたのである。帰宅してみると玄関にでっかいブツが放置してあるのである。

 持ってみてびっくり。重すぎ、である。予想より遙かにしっかりしたブツのようで、それは嬉しいのであるが、嗚呼、ちゃんと組めるんだろうか。我が人生、簡単には流れない・・・

 

| | コメント (0)

2012年2月26日 (日)

回帰かよ・・・

 47歳になった。

 最早50台がすぐ其処に見えてきているわけで、体力的に無理が利かなくなってきていることも日々痛感しているこのところである。それでも気を抜けずにこき使われている毎日である。仕事を探されているマイミクさんもいるというのに。

 

 おなかをすかせたこどもはおなかがすいているのでかなしかった。おなかがいっぱいのおおさまはおなかがいっぱいなのでかなしかった(谷川俊太郎 クレーの絵本より)。

 この人生、どっちに回っても悲しいのである。50年近く生きてきても人生はちっとも上手くいかない。


 そういえば、先週職場が引越をしたのである。

 引越前の職場はマンションの一室であった。今度は雑居ビルの4階である。窓からは隣のビルが見える。総合病院である。何を隠そう、私が生まれた病院でもある。こういう形で帰ってくるとはね。

 私が幼稚園児であったコロ、オヤジがこの病院に入院していた。母と何度も見舞いに来た。白黒のテレビでウルトラマンを見たのを覚えている。「侵略者を撃て」が、私の中でモノクロバージョンで脳裏に焼き付いているのはこの時の記憶のせいだ。。地下にあった食堂から病室にラーメンを出前してもらって食べた記憶もある。先日こっそり病院に潜入してみたが、40年前に存在したその食堂は見つけられなかった。

 父の実家もこの近くにあった。9人兄妹であった父の兄妹たちは、かつてこの近辺に居住して根を張っていた。コドモのころ、父に連れられ実家に行き、この近辺でよく遊んだ。

 今はもう誰も住んでいない。実家も人手に渡りビルが建っている。街並みからもあの頃の面影はあまり伺えない。好きだった二階建ての本屋はマクドに変わり果てた。ラムネを買ってもらった駄菓子屋はいったいどこにあったんだろう。

 47年と言う歳月は決して短くはないのだなとしみじみ思う。あと何年、私は生きながらえるのか。あと何回、戦隊モノ新シリーズの第1回放映にワクテカ出来るのか。

| | コメント (2)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »