« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月10日 (日)

ビジター連チャンかよ・・・

 ・甲子園
 前日、金本に逆転3ラン倉って負けるという嫌な流れの中、観戦。午前中は雨も残っていたが、試合中は全く降られず事なきを得る。

 試合は快勝。金子が締め、スケールズと大引にホームランが飛び出すなかなかの展開。去年もここでは金子でボロ勝ちしたんだよな。

 

とはいえ、今年はタイガースの拙攻拙守に助けられたのも事実。チーム状態がよくない者同士の試合であった。

 しかし、今のタイガース、1塁コーチが関川で3塁が久慈という布陣である。監督が和田で藪もコーチでいるとなると、否が応でもあの時代を思い出す。のんびりレフトスタンド自由席で観戦が出来たあの時代。宗教がかった「タイガースファン」に甲子園が完全占拠される前のあの頃。

 ・ズムスタ
 日曜は日帰りでズムスタ観戦。

 いろいろ評判のある球場で楽しみにしていたのである。

 前日が甲子園だったせいもあるが、シート間隔が広く快適であった。球場の構造自体もアヴァンギャルドでなかなかに面白い。「ボールパーク」という言葉が似合う空間であると思う。

 ただ、場内アナウンスは昭和時代と変わらないそれである。まあ、カープには似合ってるのかな。変に「ファンサービス」をやってる甲子園よりは清い選択であるとは思う。

 いただけないのはスコアボード。1カ所しかなく、表示情報も少ない。せめて投手の球数は表示出来ないモノか。アウトカウントも一カ所だけで、しかも昼間は見にくい。この辺りは改善を願うところである。

 加えてこの球場、カープにマッチしてるんだろうかというのが一番心に残った疑問であった。やっぱカープには、正統派野外球場が似合うんじゃないか。ほっともっととか・・・

 ・・・え、試合?いいじゃないですかあはは。前田智を敬遠せず勝負に行った寺原は、個人的には偉いと思います。満足しましたよええ。津田の看板前で記念撮影も出来たし。 

 ・ドーム
 ズムスタに行く前に、広電に乗ってチョーナン君を連れて行く。

 原爆ドームである。

 剥がれ落ちたコンクリート片。剥き出しになりねじ曲がった鉄骨。テレビのモニタを通して散々目にしたフクシマの惨状と全く同じ光景が保存されている。60年も前から分かり切っていたことだったのである。先人がトンでもない犠牲を払って残した教訓から、我々は結局何一つ学べなかったと、そういうことである。

 平和公園の緑は、しかし眩しいほどに美しかった。フクシマにあの光景が戻るのはいつの日になるのだろうか。

 

| | コメント (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »