« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

悪魔かよ・・・

 ロ短調ミサのスコアを買ってみたのである。

 税込4200円也。

 内視鏡検査を受診する前、おそらく病を得たに違いないと思いこみ、しばらく闘病生活が続きそうだと考え、スコアを買って病室で譜読みでもしようかと決意したのである。

 病は得なかったが決意は残ったので購入。

 早速帰りの電車で封を切り、スマホからSHERE経由でリヒターの演奏を耳に流し込みつつ追ってみる。

 バッハというヒトをこれまで私は「天才」であると思いこんでいた。それが間違いであることが今日わかった。

 こいつ、「悪魔」だわ。こんなもん、どうやって唄うねん!

 メンデルスゾーンが復活させるまで、バッハの声楽曲は演奏不可能な幻の大曲として扱われていたそうだが、さもありなん。

 死ぬまでに、せめてグロリアだけでも唄えれば幸せだと思って今日まで生きながらえたのであるが、嗚呼、無理だわこれはと思い知った今日である。


 でも面白い。辛くて長い帰りの通勤電車が譜読みしてるとあっという間である。京セラの往復もしばらく退屈しないなこりゃ。

 

| | コメント (0)

2012年8月26日 (日)

悪あがきかよ・・・

 前夜就寝前に激烈に効く下剤を飲み下し、当日は朝から世にも不味い腸洗浄剤を2リットル飲み干し、文字通り腹の中を空っぽにして内視鏡検査を受けてきたのである。

 文字通りフラフラになって検査台に横たわり、およそ15分間クダを差し込まれてアレコレされた挙げ句に医師の口から出てきた言葉は

 「ハイ終了、何もないですわ」

 ポリープ、ひょっとすると大腸癌で、しばらく職場を離れるというシナリオを密かに描いていたのだが全くの的はずれとなった。むーん、不調の原因はなんなんだろう。加齢による腸内環境の変化と、ストレスか。後者はまあそれなりに心当たりはあるけどな。土日に京セラでやってる本業がこのところぶっつつけなのに加え、月~金のサイドビジネスもシビアな局面が続いているし。

 というわけで、まだまだもがき続ける日常は継続する模様である。いつまであがけばいいんだろう。

 しかし、入院に備えてノートパソコン買うつもりだったのに要らなくなってしまった。ここは一つ9月に出るアレを買うか。パンケーキ付きのヤツがいいかな。色はシルバーかな。人生に少しなりともハリが出るかな。

| | コメント (0)

2012年8月19日 (日)

1分5敗かよ・・・

 盆休み、バファローズのホーム六連戦の成績である。このうち、シゴトだった金曜日を除いた5試合を生観戦している。

 悔いはない。楽しかった。特に今日の最終回はサイコーであった。

 試合結果は10-8の負け。でも試合には負けたが勝負には勝ったのではないかと思う。

 最下位独走状態で、浮上する目は未だ見えてこないけど、でもチームの誰もが諦めていないと云うことがよくわかった試合だった。

 このチームを応援していてよかった。最後まであと少し。頑張ってみよう。

| | コメント (0)

2012年8月13日 (月)

人大杉かよ・・・

 お盆に家族四人トーキョー方面に行く,という行為はやっぱ無謀だったのかしら。

 ・分断
 往路の新幹線,うっかりしてたら4人ボックス席が確保できず,二人ずつになってしまった。これまでだと,チョーナンと私,ジナンとヨメというパターンだったんだが,今回はガキ共二人,夫婦,という組み合わせになる。

 チョーナン君とゲームにふけって楽しそうなジナン君を見て,よくぞここまで成長してきたのであるなあと感慨を深めつつ,夫婦二人は今更会話が弾むこともなく,それぞれ爆睡&読書の2時間20分。

 ・安普請
 目的地はQVCマリンフィールドである。宿は一番近くのアパホテルを取ったのである。フロントはそれなりに清潔でよかった。ネーチャンの対応も悪くはなかった。
 部屋に入って愕然。狭すぎ。ツインルーム二つを取ったのだが,どっちの部屋も「ベッド二つが置いていあるだけ状態」である。ラブホかここは?
 おまけに壁紙めくれたままだわ家具は傷だらけだわ外の音ガンガン入ってくるわ,とても一泊2マソ以上の部屋とは思えない代物なのである。

 二度と泊らない!!!!

 ・・・と思うんだけど,球場から近いんだよな。また使うかもな。

 ・扇子
 マリーンズ先発は,来日初登板のマシス。打ち崩した,という感じはなかったけど,それでも小刻みに4点取ったのは偉い。小松は5回無失点。6回中山が出てきてどうなるかと思ったがこれまた2回無失点。平野→岸田で完封勝利。むーん,マリーンズを相手にするとなんか強いのはなぜだろう。

 この日の収穫は東京応援団名物扇子応援を生で見れたこと。神宮では見かけなかったので,なんか幸せでした。ゲーム後,ガキどもとフィールドに降りることができたのも幸せでした。とりわけひひBsDreamsのメンバーさんと,少しだけオハナシできてひひひ天にも昇る気持ちでしたげひひひひ。

 ・人大杉
 翌日はトーキョーに戻る。

 家族4人の着替えやら昨日使ったユニフォームやらメガホンやらを詰め込んでパンパンになったカバンが重いので,ひとまずトーキョー駅に行ってロッカーに預けようとしたら,嗚呼,トーキョー駅のコインロッカー,どこもかしこも一杯なのですよ。ロッカーの順番を待つ人が列をなしている状況というのを生まれて初めて目にした。いたしかたなく荷物を引きずったまま深川に足を運ぶ。

 ・想定外
 深川に行った理由は,モチロン東京現代美術館である。庵野がやってるあれを見るのである。それはよかったのだが,着いてみると,チケットを買うだけで25分待ちとか言われる。見学者は私の想定の6倍くらいいたのである。世の中に特撮ファンってこんなにいたのか?

 中に入って再度驚愕。展示物そのものも私の想定の16倍くらいある。特撮ファン,絶対に行くべし,の内容であった。サンダーマスクのマスク(ややこしいな)なんて,いったいどこの倉庫に転がっていたのであろう。むーん,願わくば人が少ない環境でもう一度鑑賞したいところ。

 ・非特撮
 とはいえ,目玉の「巨神兵東京に現る」は,個人的には今一つだった。

 肝心の巨神兵が,キグルミでないのはやっぱいかんと思うのだ。保守的昭和的特撮で行くのなら,やっぱあそこはキグルミでないとな。

 上映中,幼稚園くらいの女の子が「怖い怖い」と大泣きしていた。気持ちはよくわかる。あれは怖い。だって,巨神兵は怪獣と違って,人間じゃないんだもの。

 ・ボックス
 結局美術館には昼食もとらずに4時間近く滞在し,あわててトーキョー駅に戻り14時過ぎの新幹線で帰路に着く。
 駅構内はごった返していたが,車内はガラガラであった。皆さん東北方面に帰るんだろうか。

 というわけで,家族4人向かい合わせの席にして,ガキ共ゲーム,夫婦爆睡の2時間20分となる。離れてもくっついても一緒なのであるよな・・・

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »