« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年4月29日 (月)

札幌遠征記

 何日ぶりのブログ更新だっけ・・・まあええか。

 4月27日

 朝5時に起き、ガキ共を起こし、顔洗って着替えて阪急→モノレールと乗り継ぎ、8時に伊丹発、羽田で乗り継いで11時30分新千歳到着。その後11時40分の札幌行きバスに乗りそのままドーム入りを目指す。

 書いてみると結構ハードであるが実際ハードであった。食事は空港で買ったおにぎり2個だけ。前日は20時過ぎまでシゴトがあって寝たのは24時前くらい。オマケに先週から引いている風邪が未だ治りきっていない状態。50歳前のオサーンにはきつすぎたんだろうな。

 千歳を経ったバスに乗ってる辺りからどうにも体調悪かったのである。その時はバスに酔ったのだと思い、バスを降りれば治るはずと言い聞かせ、球場に着いて残雪に驚愕しつつ中に入りシートに座っても、嗚呼治らない。頭痛と吐き気に襲われ、何も喉を通らない。7回くらいから完全にノックアウト状態。Bs攻撃時に立つことすら出来ず半分寝たまま過ごす。「なんでワタシが立っててアンタが座ってるねん!」とは、大引ユニで応援していたヨメからいただいたお言葉。

 試合は緊迫した投手戦となったが、金子がアブレイユに打たれた、たったの2点がそのまま決勝点となり敗戦。這々の体でスタンドをあとにする。

 曇り空の札幌はとてつもなく寒く、タクシーでホテルまで乗り付け、そのまま私一人しばしダウンして体力気力を戻したあと、狸小路に繰り出し、4人でラーメンを啜ってこの日はオシマイ。ダウン着ても未だ寒い4月の札幌。

 4月28日
 目が覚めてみると、頭痛は引いていた。どうやら「飛行機頭痛」という症状らしい。気圧の変化に身体が耐えきれずに出てくる症状だとか。そういえば、2年前の仙台でも同じ症状に見舞われたことを思い出す。最もあの時は、飛行機を降りた翌朝に出たんだけど。

 ともあれ症状は落ち着いたので、バイキングの朝食をたらふく平らげて人心地付ける。

 この日は小雨模様の曇り空。相変わらず寒い。この日は犬丸、チョーナン君は野球観戦、ヨメ、ジナン君は小樽観光と別行動だったが、朝一くらいは共に動こうと言うことで、大通公園を歩く。予想以上の長さに驚く。

 ニューヨークのようだ、というのがワタシの感想。

 パリのようだわ、とヨメの感想。

 2人とも行ったことのない都市の名前を挙げているところがむなしい。

 そのままテレビ塔を全員で観光したあと(趣があっていいスポットでしたぜ、お薦めです。)、地下鉄でドームへ。

 球場に着いたのが12時前で、どこのメシどころも長蛇の列。仕方がないのであとで何か買おうと思っていたら、結局最後までどこもかしこも長蛇の列で、たこ焼き6個を2人で分けたのが唯一の食事となる。ワタシは前日も何も食べなかったので、札幌ドームで口にしたのはたこ焼き3個だけということになってしまった。でも、なんか異常に旨かったんだけどね、このたこ焼き。

 初めてやってきた札幌ドームは、最新球場ということでさすがによくできている。外野なのに背もたれまであるシートは感動モノである。列の高低差も大きく、集中して試合観戦が出来る。惜しむらくはスコアボードの絶望的貧困状況。今時球数くらい出そうよ。

 スタジアムの雰囲気もなかなかよかった。試合前イベントをみていても、よく似た環境のソフトバンクのように押しつけがましくなく、心の底から盛り上げようという熱気が感じられた。観客に年配の人が多いのは、同じ野球ファンとして実に嬉しい。

 この日の試合も実に嬉しい・・・・接戦になったんだけどまたもや負け。意気消沈してヒーローインタビュー中にスタジアムをあとにする。

 大通で、小樽から戻ったヨメジナン組と合流し、キリンビール園に行ってジンギスカン食べ放題にありつく。旨い!嗚呼、これだけで北海道に来た甲斐はあったと無理矢理自分を納得させる。

 傘が折れるほどの強風の中、ホテルに戻り22時過ぎ就寝。

 4月29日
 この日は観戦予定無し。14時のフライトで帰るのである。翌日は家族全員シゴト及びガッコーなので無理はしなかったのである。

 ホテルをチェックアウトして、今日も曇り空の札幌市内を徒歩移動。旧札幌道庁を見学し時計台をチラミし、札幌駅からJRで新千歳に向かう。恵庭を越えた当たりで雲が途切れ空が晴れてくる。

 新千歳で土産物を買い、食事を取る。スマホでパリーグライブを観ていると、川端危険球騒ぎを皮切りに初回4点、2回に2点とか取っている。嗚呼、なんで観戦してない試合でこんなことになるのだとわめいてもどうにもならない。これが野球というゲームである。

 次の遠征は、ええと6月の横浜か。次は勝つといいな。

| | コメント (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年6月 »