« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月28日 (月)

外堀かよ・・・

 昨日,まどマギ新作を見終え,ボーゼン状態でヨドヴァに行ったのである。

 手前のE-P3を持ち込みマイクロフォーサーズコーナーでアレコレくっつけて店内試写を試みたのである。

 結果,

・14-150は実用足りえる。
・今付いてるレンズキット用レンズはあかん

 というところに落ち着く。

 むーん,某所の中古14-150,ゲットしておくべきか。ついでにやっぱNokton17.5mm,行っとくべきか・・・

| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

5本かよ・・・

 のちの記録のため,現在のスイム状況を残しておく。

 夏場はずっと,50メートル20本(110秒サークル)をやっていたが,ここ二週間ほどは50メートル10本と100メートル5本に切り替えている。100メートル5本(4分サークル)が思っていたよりも簡単に達成できて少し驚いているところである。このまま距離を伸ばしていけるだろうか。

 スクールも継続中。今のクールが終わったら丸3年通ったことになる。コーチはこのクールから交替。絶対にこの人には追いつけないだろいうという感じのガチムチ女性。

 「中級クロール」というくくりのクラスにずっといるのだが,入った当初,自分の位置は下の中かせいぜい上といったところだった。今は,贔屓目無しに中の上くらいにいると思う。

 但し,上の中あたりは遥か彼方である。というか,私があの域にまで達することはあるのだろうか。今が限界なんじゃないのかなあ。

 3年後,どのくらい泳いでいるんだろう。

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

尽きぬ悩みかよ・・・

 やきゆうシーズンが終わってしまったのでフヌケになっている。でもずっとフヌケでいるのもしんどいので生活にカツを入れるべく,生活必需品を二つほど買ってみたのであるが,なんだか詰めが甘いんだな,ワタシのジンセイは。

 ・VF-4
 散々迷った挙句,梅田ヨドヴァで購入。帰宅後必死で開封してE-P3にくっつけてみるも無反応。本体のファーム上げないといけなかったのね。上げたら無事に使えた。だけど,E-P3だと自動切り替わり装置は作動しないんだそうで,そうかやっぱE-P5をどこかで買わなきゃいけないのかと,なんか納得。

 使ってみて,やっぱ写真はファインダーを覗いて撮るものなのだと改めて思った。あの方の忠告を聞き入れてもっと早く買えばよかった。まあでも,これで一応環境は整ってきたのでガシガシ撮ろうと思うのである。

 思うのであるが,撮った写真ってどうすればいいんだろ。

 根源的な疑問にぶち当たってる今日この頃。写真教室にでも入るべきなんだろうかと少し悩みちう。

 

・まどマギ劇場版
 BD版をようやく購入して連休中に鑑賞。新作公開に何とか間に合ってほっとする。

 基本テレビ放映版の編集作品なんだけど,魅力がスポイルされることなく,いい作品に仕上がっていて満足である。

 満足なのであるが,見終えて思ったのは,やっぱこの作品は当初のフォーマットたる全12話のテレビ放映パターンで鑑賞すべきであるということ。

 やっぱね,あのOP,EDを毎回見ないとダメなんじゃないかと。それだけのために買いなおしてもいいかなと思っている私はおかしいのだろうか正常なのだろうか。

 買いなおし?買い増し?

| | コメント (0)

2013年10月11日 (金)

選択かよ・・・

 発展途上のデバイスに絡むと,常に問題を抱えていることになる。わずらわしい世の中であるよな。

 E-P3のレンズキットをゲットして1年以上が経過,メインデバイスをこっちに乗り換える心構えはできた。というか,今更重くてかさばる一眼には戻れない。ので,今後メインシステムはマイクロフォーサーズを軸として考えることになる。kissにはガキ運動会専用マシンとして余生を送ってもらおう。

 さりとて,では現況のE-P3に100%満足しているかというと,決してそんなことはなく,なんかこう,今一つ切れのない絵を出してしまうのが気になるのであるよな。アートフィルターを使うと,それなりに面白い絵はできるけど,やっぱそういう勝負ばかりしていてはいけませんし。

 絵がすっきりしないのはレンズが悪いのかセンサーが悪いのか,そこの見極めが私にはできない。多分,どっちも悪いんだろうと思う。となると,もうすぐ暴落が始まるであろうE-M5と,単品発売してる単焦点レンズを買うことで私はもう少し幸せになるのだろうがそれほどの予算は取れず,ボディもしくはレンズのどちらかが関の山。

 どちらの選択が私を幸せにしてくれるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »