« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月26日 (火)

宿命かよ・・・

 というわけで,その後も件の草野球場・・・・・もといお墓について調べていたのである。どうやらこの場所,もともとイクサで亡くなったとある藩の人々の遺骸を埋めた場所を,33年後に整備して仕立てたらしいということが判明。

 おぼろげな記憶なのだが,その場所で遊んでいて骨が出てきたと,コドモ達の間で大騒ぎになったことがあった。長じてからは,おそらく野良犬の死骸かなんかだったんだろうと思っていたのであるが,人骨だった可能性もあったのかなあ。どうせ野良犬かなんかだろうけど。

 イクサから100年後,私が生まれて3年後,記念の植樹祭が行われたらしい。とある藩の末裔であるキッシーとかエーちゃんが木を植えたらしい。

 私の記憶に残る最も古いソーリダイジンはエーちゃんなのだが,そんな名前,あの球場で見かけた覚えはないんだけどな。もう一回行くべきか。

 で,イクサからもうすぐ150年経つんだけど,今でも毎年,とある藩の末裔たちが弔いの行事をやっているらしい。というかやっている。ネットであちこち引っかかる情報のひとつに,その組織の会長を務めるオトコのメールマガジン記事があった。2012年の弔い行事に参加したと書いてあった。

 行事後,オトコは京都駅に戻りラーメンを食って帰ったと書いてあった。そして「ミンシュトーでは日本を守れません!」と力強く書いてあった。

 彼と私は,そもそも敵対すべくこの世に生まれてきたと考えるべきなのだろうなやっぱり。あのオトコから私はどうやってニホンを取り戻すべきなのだろう。

| | コメント (0)

2013年11月25日 (月)

因果応酬かよ・・・

 ・・・漢字はこれであってるのか?インガ欧州?

 少し前に,チョーナン君が,傍らで発掘作業をやってる公園で野球に興じていたことを書いた。我が家が居を構える地は,大昔,一瞬ミヤコであったという過去を持っている。そのミヤコでマツリゴトが行われた中心地に公園がしつらえてあり,彼はそこで遊んでいたのである。

 罰当たり行為なのであろうなあ。親の顔が見てみたいよとか思いつつ,気になることがひとつ。

 今から40年ほど前,私が草野球を楽しんでいたあの広場,山の中にぽつねんと広がりまるで墓石みたいな石やらでっかい石碑やらがごろごろ建っていたあの空間は果たしてなんだったのだろう。

 ググってみた。出てきた。なるほどなるほど。あの空間は今もあのコロのまま残っているらしい。ふむふむ,なるほど。日本史に登場するあの大きなイクサで亡くなられた方々を弔う場所であると。墓石みたいな石は,全部墓石であったと。

 全部で40本以上あったよなあ。みんなでボールを当てて遊んだものであるよなあ・・・

 

 チョーナン君のコドモがどこで草野球を楽しむのか,今から楽しみである。

| | コメント (0)

2013年11月13日 (水)

肘上げかよ・・・

 コーチに「肘が上がってないから意識してあげろ」と言われる。上げてみる。泳いでいる腕をつかまれ,「ぜんぜんあがってないっすよ!もっとこういう感じっすよ!」と指導される。

 なるほど。

 ここまで肘を上げる,というか畳むと確かに泳ぎは変わるな。

 意識して肘上げをして感じたのは,結果,ローリングがいつもより強くなるということ。逆に言うと,身体をひねることから意識をはずし,肘上げに集中すれば自然と身体は傾くのである。身体が傾けば呼吸動作も自然になるのである。

 精進しよう。

| | コメント (0)

2013年11月 9日 (土)

我が家のヒミツかよ・・・

 ・バスタオル
 「職場体験」なる催し物で地元の埋蔵文化財研究所(?)に派遣されたチョーナン君が,この地にミヤコがあった時代の宮廷服のコスプレで地元新聞に載ったのである。何でこういう流れが出来たのやら私にはさっぱりわからない。

 わからないが,宮廷服のレプリカを着てみたらウエストがガバガバだったので,自宅からバファローブル&バファローベルバスタオルを持参して内側に巻いていたというヒミツを,私は知っている。

 ・41
 上記埋蔵文化財研究所(?)に所属する研究員の方の文章を拝読したことがある。

 「少年達が無邪気に野球に興じる夏の公園の片隅で,今日も私はこの地に埋もれたミヤコの遺品をこつこつと探しているのである」という感じの出だしであった。

 「公園で無邪気に野球に興じる少年達」の一人が,実は我が家のチョーナン君であることを私は知っている。

 そして,当該研究員の方が,稲葉選手のリストバンドを装着したファイターズファンであり,とある夏の日,チョーナン君と当該研究員の二人が,公園の片隅でガチガチのパリーグ談義を繰り広げてたというヒミツも私は知っている。

 言わないほうがいいのかなあ・・・

| | コメント (0)

2013年11月 6日 (水)

3年かよ・・・

 実に低レベルなジマンであることは重々認識しているが,

 短水路で50メートル,6本中5本,60秒切れたのであるげひひひひ・・・

 ジナン君にクロールを教えていて,身体がうねうね歪んでいるのが原因でまっすぐ進まないのを実に歯がゆく見ていたのであるが,ひょっとしてこれはわが身でも同じことがおきているのではないかと思い,腹筋へのチカラをよりいっそう強くしてみたらタイムが伸びたのである。

 腹に力を入れろ,というのはイヤになるほど聞いていた言葉なのだが,嗚呼,理解するのに3年かかったのであるよなあ。

| | コメント (0)

2013年11月 5日 (火)

巣立ち準備かよ・・・

 11/2
 早起きする。6時30分に起きて7時30分にジナン君と家を出る。梅田でJR乗換に乗り換え,天王寺→三国ヶ丘と乗り換えて9時過ぎに百舌鳥到着。漢字は3つで読み仮名2つというのは何をどう考えても許せないむきー!!!!

 お昼をはさんでおよそ5時間,ジナン君,猛特訓を受ける。見てるだけのこっちは退屈で寝てしまうかと思っていたが,そこはやっぱ親馬鹿である。頑張ってるジナン君を必死で見ているうちにあっという間に時は経つのである。はあ,楽しかった。なんとか結果も出てよかったよかった。

 しかし,あれだけやってもらって無料なのは太っ腹すぎである。もし次にスポーツ車買うことが合ったら,シマノで組みます,ホントです。

 駅に向かう途中,仁徳天皇陵を二人で見学し,あまりのでかさに驚愕しつつ帰宅。オトーサンにもこのくらいの墓を作ってくれよとジナン君に頼んでおく。

 ・11/3

 午前中路上教習。,ジナン君を連れて出発。私は徒歩で彼の後を追う。隣駅の商業施設に行って二人でオレカバトル。

 やっぱ,路上で乗るのは勝手が違うようで,かなり恐々ではあったものの何とか往復に成功。帰りはこちらが追いかけるのが大変なくらいであった。

 午後はメガーヌでジナン君とプールに行く。冬の間に25メートル泳げるようになろうと悪戦苦闘中の彼に付き合ってアドバイスを送る。嗚呼,しかし道のりは遠そうである。頑張ろう。

 帰りに商業施設に寄って再びオレカやったのはいいのだが,入るのも出るのも大渋滞で閉口した。雨の連休中日,皆さん行くところないんだろうな。

 11/4

 一家揃ってイオンモールに行き,私とチョーナン君は42鑑賞。感想はmixiに上げたとおりで,ワタシ的にはかなり不満であった。口直しにまどマギをもう一回観ようかと思ったのだが,その劇場ではやってなかった。嗚呼・・・・

 帰宅後,もう一度近所ライドに連れ出す。今度は私も自転車である。

 ところどころで止まるものの,かなりすいすいと路上を走れるようになってきた。そろそろ私が付かなくても大丈夫かな。


 自転車に乗っていると,時としてつらいことがあったり,怖い思いをしたりすることもある。時として痛い目に会うこともあるだろう(オトーサンが骨折したの,覚えてるかな?)。

 でも,その何千倍も楽しい思いが出来るのも事実だ。

 周りよりちょっと遅れたけど,まだまだ楽しい思いは出来るはずさ。

 おめでとう,そしてありがとう。

 

 

 

 

 

 

| | コメント (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »