« 第6回神戸マラソン 小ネタ編 | トップページ | インフルエンザ戦記~2017冬 »

2017年1月10日 (火)

レガシー頼みかよ・・・

 年末,ウルトラマンオーブの完結を見届けた。その余韻で年末年始,ウルトラマンXもアマゾンプライムで全22話視聴完了。

 まずはオーブから。やっつけ隊が背後に回って出てこないという,ウルトラシリーズの概念をひっくり返す設定はなかなか面白かった。SSPの三人,戦士人間体二人のお芝居もなかなか手堅くて破たんがなかったのは好印象。特にキャップを演じた松浦雅の好演と,ジャクラーを演じた青柳尊哉の怪演は強く心に残った。

この作品の不幸は,シン・ゴジラと真正面からぶつかってしまったことだろう。相手は最早日本特撮史上に燦然と輝く金字塔的作品として語り継がれることは間違いない,屈指の名作であり,予算が潤沢に取れない30分テレビシリーズが,東宝屈指の最強劇場映画しかも庵野監督作品,に戦いを挑んだところで到底勝ち目はない。前述した「捻った初期設定」も,ひょっとすると正面衝突を避けるための変化球だったのかもしれないが,残念ながら焼け石に水でしかなかった。

また,終盤になって突然ビートル隊が表に出てきて「作戦」とか始めたのには正直鼻白んだ。せっかくのユニークスタイルは完遂して初めて意味がある。最後に逃げては元も子もない。加えて戦士人間体の立ち位置の不安定さも最後まで解消できず,なんだかすっきりしない終わり方となってしまった印象は否めない。

総体的な評価としては,よく頑張ったけどあちこち詰めが甘い,という感じかな。30分枠のテレビ番組の中でできる,これが精いっぱいなのかもしれない。

続いて,ウルトラマンX。こちらは,防衛組織を前面に押し出し,メカ物もてんこ盛りで出てくる。変身デバイスもなかなかに力作で,これらの方向性がオーブで否定されてしまったということは・・・売れなかったんだろうか。まあ,未だに近所のイオンの玩具売り場で変身デバイス売れ残ってるしなあ可哀そうだし買ってあげるかなあ。

 特撮も,とても頑張ってる。ビル街のディティールは,精密模型とは別次元かつCGに頼ったデジタル画面とも異なる,日本の特撮が受け継いできた美しさをたたえており,正直これを観るだけでもお金を落とす価値はあると思う。

 加えて,例の20話である。このエピだけブルーレイにして売ってくれないものだろうか。5万くらいなら出してもいい。マジで。

Xの最大の難点は,役者の芝居にあろう。正直,1クール目は見ていてかなり厳しかった。2クールに入ると相応にこなれては来たものの,ヒロインとがってんてんネーちゃんの違和感は最後まで拭うことができず,残念。オーブのキャスティングはこの辺りの轍を踏まぬよう配慮されたのであろうか。

ともあれ,細々とではあるがウルトラシリーズがこうして受け継がれていくことは喜ぶべきことだと思う。が,両シリーズ,もっと言えばマックスからオーブに至るシリーズ全てが,過去の遺産に頼りながら続いているところが気がかりである。最後の,オリジナル設定ウルトラシリーズはネクサスということになるわけか。ネクサスから最早13年。そろそろ完全新作に期待したいところである。

|

« 第6回神戸マラソン 小ネタ編 | トップページ | インフルエンザ戦記~2017冬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183821/64746447

この記事へのトラックバック一覧です: レガシー頼みかよ・・・:

« 第6回神戸マラソン 小ネタ編 | トップページ | インフルエンザ戦記~2017冬 »