« インフルエンザ戦記~2017冬 | トップページ

2017年3月 6日 (月)

寝屋川ハーフマラソン2017

 嗚呼,一週間経過してしまった記憶が薄れていくが大丈夫か?

 0540起床し,0600過ぎに家を出る。我が家から寝屋川までは,直線距離なら近いのだが,間に淀川を挟む関係上,一旦京都もしくは大阪に出なければならず,時間がかかるのである。堺筋線の南森町からJR東西線に乗り継いで東寝屋川を目指す。最初はガラガラの車内だったが,乗り継ぎ駅でどっと人が入ってくる。日曜の朝の通勤電車がランニングシューズはいた集団で埋め尽くされる有様は,やっぱなんか変である。

 駅から徒歩5分ほどで会場の公園。前回,前々回と早く着きすぎたので,今回はゆっくり目に出てみたら,会場はすでに人でいっぱい。受付を済ませ,ゼッケンを取り付け,着替えようと周りを探すも,更衣スペースが見当たらない。
 突っ立っていたガードマンの人に聞いたら「更衣室?ないんちゃいます?みんなその辺で着替えてるし」とつっけんどんに言われる。そんなアホなと思ったけど,確かにその辺で着替えてるオッチャンとかいっぱいいるので仕方なく私も手早く着替える。アンダーウェアにジャージ一枚,その上にユニの予定だったが,なんだか暖かかったのでジャージは割愛し,ジオラインの上に直接コーディエハイクラスを着用した。そういえば,今回のヤキユウユニは,ひたすらタイガースばっかりだったな。走ってるとき一度だけ沿道のオバチャンに「あ,オリックス!」と言われたのが唯一いただいた反応であった。

 その後,荷物を預けようと,今度は運営スタッフらしいお姉さんに場所を聞いたら,ここからちょっと離れたグラウンドにあると,今度は丁寧に説明を受ける。で,指示されたグラウンドに行ってみれば立派な更衣用テントがいくつも並んでいたというオチであった。

 荷物を預け,トイレ列に並ぶ。スタート30分前になったようで,セレモニーが始まる。谷口キヨコさんがガシガシ喋りだす。森脇健司さんも話している。大阪の大会という感じが色濃く出る。それはいいのだが,トイレ列の進みが遅い。なんだかんだで終わったのがスタート10分前。慌ててスタート場所に移動を試みるも,人混みでなかなか正規のポジションにたどり着かない。必死でかき分けて前に進み何とかスタートポジションについたのが3分前というバタバタであった。ストレッチはおろか,一息つく暇もなく号砲が鳴りスタート。

 今回は1時間55分目標で申告したら前から二番目のブロックを割り当てられ,速そうな人ばかりに囲まれた。おまけにクォーターの人たちとも同時スタートということで,最初のアップダウンでガンガン抜かれる。独り抜く間に3人に抜かれる感じ。最初の1㎞は集団でやり過ごし,その後はペース配分に気をつけて走り。

 和歌浦の際は「最初に飛ばしすぎない」というのを忠実に守りすぎてタイムが出せなかったので,2kmあたりからは5分代前半を目安に走る。それでもガシガシ抜かれていく。和歌浦と比べ,本格的に走っている人が多いかな,という印象。私はボトルを巻いて走ったのだがそんな人は皆無。皆記録狙いなんだろうか。

 坂が多いというのがこの大会の売りで,確かに多い。前半は住宅街の坂道をウネウネ抜けるコースがあり,地元開催という雰囲気があってなんか面白い。7㎞くらいで折り返し,クォーター組と別れてからはコース上も余裕が出てきてペースを保つことができた。

 後半は高速道路の側道をゴニョゴニョ走る感じ。景観は望めないが,沿道の声援は途切れずに続き,なるほど,こういうところで評価が高いのかなと思った。

 そのままペースは保ち続け,15㎞を過ぎた辺りからは明らかに抜かれるより抜く方が多くなる。この日は過去2回の大会と比べ,身体のコンディションが一番よかった。和歌浦では風邪の引き始め,神戸では膝の痛みを抱えていたが,調整がうまく運んで今回は不安はなかった。前日の無理なカーボローディングもやめてみたら,胃がもたれることもなく,快適。

 とはいえ,コース最後の難関である上り坂は流石に厳しかった。この区間だけタイムもキロ当たり5分38秒台となり,もう嫌だもう嫌だと唱えながら登り続けることになる。登り切ったらあとはゴールまで下り坂なのだが,スパートをかけるゆとりもあまりなかった。それでも気力を振り絞って何とかゴールを目指す。関門の時計がギリギリ1時間台であるのを確認してゴール。3度目の今回は,ようやくゴール後にコースにお辞儀をしてから退場することができた。

 ポカリ1本と無料配布のヤクルトをいただき,記録証をもらう。目標だった1時間55分には届かなかったが,それでもこのコースで2時間切れたんだから十分だろうと満足する。フラフラのまま着替えを済ませ,1130頃退場。

 というわけで,今シーズンの大会出場はこれで終わりである。おそらく来年以降,大会に出ることはもうないと思う。今後は山に登る体力を付けることだけを目標に走ることになろう。来年の冬は,ちょっとまともな雪山に行ってみたいものである。

 1年後,どうなってるのか知らないけど。

|

« インフルエンザ戦記~2017冬 | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/183821/64979844

この記事へのトラックバック一覧です: 寝屋川ハーフマラソン2017:

« インフルエンザ戦記~2017冬 | トップページ