2013年1月 6日 (日)

年末年始記録

 こんなモン残して何かの役に立つのかどうだかわからないが残しておこう。

 12/28 第九日
 シゴト納め日。何をどうやってもあと20日分くらいのシゴトを残したまま納めてしまい定時退社して京都コンサートホールに行く。

 人生初生第九、である。

 前日の公演が、某巨大掲示板でべた褒めだったので急遽行ってみた次第。当日券売り場に偉い行列が出来ていて、巨大掲示板の威力を目の当たりにしつつ焦ったが、なんとかポティウム席をゲットして挑む。

 震えるほどに素晴らしかった。1楽章のとっかかりから鳥肌立ちまくり。いやはや、イイ時間であった。ソプラノの音程が悪かったのが大きな減点要因だったけど、それを埋めて有り余るほどにコーラスが素晴らしすぎ。むーん、やっぱ夏のプーランクのスタバートマーテル、行くべきだったか。

 12/29 焼肉日

 チョーナン君、13回目の誕生日。

 プレゼントは「週刊ベースボール1年分の定期購読」と決まっていたので、せめて何かイイモノを食べようと言うことで、(我が家にしては)イイ肉を買ってきて焼いて食す。

 美味哉。金を出すと旨い物が喰えると、まあ当たり前なんだけどね。

 この日が公営プールの年内営業最終日だったので、泳ぎ納めもしておく。100メートル以上を何回か泳いでヘトヘトになってから、クールダウンのつもりで25メートルを泳いだら、アホみたいに何本でも泳げるの。結局トータル1400メートルくらい泳いだ。

 12/30 大掃除日
 パソコン周り、3階の倉庫を徹底的にやる。コドモ部屋もやる。ガキ共の机の配置とベッド移動を実施。これでキョウからガキ共と二親は別々に寝ることになるのである。ならなかったけど。

 12/31 魔女様日

 実家とブックオフに行くため、古本とチョーナン君をメガーヌに積んで9時頃出発。家から400メートルくらい走ったところでステアリングを握ったままくしゃみをしたら、嗚呼、魔女様の一撃を食らってしまう。

 実家とブックオフミッションはなんとかクリアしたが(山のように持ち込んで520円ってのはへこんだけど)、家に帰ってみると腰は重傷。ギックリーである。17時から確保していたまどマギ2作一挙上映会は断念。某ヨットさんに電話して代打で行ってもらう。ちなみにその後のヱヴァ3作一挙上映会にも行かれたらしい。ヲタクってやあねえ。

 杖をついてよたよた歩きながら一年が過ぎてゆく。

 1/1 親不孝日

 目覚めてみると、腰の状態はかなりマシにはなっている。が、杖無しに歩くのはまだまだ不安。

 この状態でメガーヌを転がし、歩行器がないと歩けない我が母親を施設からサルベージして回転寿司に連れて行く。

 親孝行にはほど遠い。

 ちなみに回転寿司店には、同じような老齢者が多数いて、どこもよく似た境遇なのかと身につまされる。

 ただ、このところめっきりアルツハイマーの進んだ母親を見ていると、外で食事が出来るのも今回が最後かもしれないと身につまされる。

 夕刻、私を除く家族3人は、近所の神社へ初詣。ベビーカステラを買ってこいと命令したが売ってなかったらしい。嗚呼、ベビーカステラの無い正月なんて・・・

 1/2 クラッカー日

 腰はかなり楽になり、杖なしでもなんとか歩行出来るようになる。

 夕刻、ヨメの実家に行く。義弟が年末に入籍したので、全員でクラッカーを鳴らして御祝い。義父、義弟、義弟ヨメは飲める人達なので盛り上がる。腰痛持ちのワタクシはメガーヌで参戦したので参加出来ず。

 1/3 加齢臭日
 腰はかなりよくなったので、イオンモール京都に行く。

 私、007鑑賞。家族達、お買い物。

 映画はまあ面白かったんだけど、場内見渡す限り中高年ばっかりで、いやはや何とも。007というコンテンツもそろそろ終わりなんだろうか。

 1/4 寝正月日
 一日、家でゴロゴロしていた。

 そういえばこの年末年始はヒカルの碁三昧であった。全75話のアニメシリーズを、トータル60話くらい観たと思う。バンダイチャンネルは便利哉。コミックスも文庫版で全巻揃えた。10年以上前の作品だが全然古さを感じない名作である。

 1/5 福袋日
 BSショップ初売りの日なのでガキ二人を連れて行ってみる。

 5000円の福袋Mサイズと、川端選手のサインボールを買うため11時の開店から10分ほど遅れて行ったのだが、全然遅かった。両方ともゲット出来ず。バファローズへの愛が足らないということだろうか。

 その後梅田に出て初ヨドバを果たす。LINNのDS、ヨドバでは扱ってないのね。

 

1/6 試乗日
 午前中、プールに行く。本当は2日に日吉ダムのプールに行くつもりだったのだが、魔女様には逆らえず、泳ぎ始めはこの日にずれ込んだ次第。

 恐る恐る泳ぎ始めたが、大丈夫であった。50メートル以上はちょっとしんどかったけど、これは腰のせいではなく、寝正月故の体重増加と心肺機能低下が原因である。泳いだあとは腰の調子もいいように思う。

 今年は水泳を頑張ろう。

 午後、宿題を抱えたガキ共を置いて一人メガーヌで出かける。

 VWのディーラーに行き、ヴァリアントの試乗をお願いする。トヨタ社員のディーラーさんは大変よく躾られていて、ユニクロ&バファローズグッズに身を包んだ私にオクすることもなく、試乗車のキーを渡してくれた。

 走行距離僅か40kmの個体にもかかわらず、堅さは全くない。路面の凹凸をしなやかにいなしていく。独車=カタイ、というイメージは過去の物なのかも。

 アイドリングストップも全くストレス無し。これでおそらく燃費はメガーヌの約1.5倍くらいになるだろうと思う。些か高額な車体価格も、こういうところで取り返せるのではないか。

 室内は、さすがに基本質実剛健なのであるが、所々にクロームメッキが施され、控えめな上質が見事に体現されている。

 実にイイクルマであった。

 で、その車を降りてメガーヌのステアリングを握った途端、やっぱあれは私には無縁の世界であると痛感した。やっぱこっちの方が落ち着くわ。VW世界だと、気軽にカーステでアニソンとか聴けそうにないし。

 というわけで、今しばらくメガーヌに乗り続けようと決意したのである。

| | コメント (0)

2008年9月 3日 (水)

確定かよ・・・

 「次のクルマを何にするのか」という命題はずっと頭の片隅に点滅し続ける命題なのである。

 別段メガーヌに大きな不満があるわけじゃない。そうじゃないけど、では一生涯メガーヌで行けるのかというとやっぱそれは無理だなと思うのである。正直、そこまでのアイはこのクルマには注げない。寂しいけど、メガーヌと小生の関係は、一工業製品とその保有者以上のモノにはなり得なかったのが事実である。

 さて、これを踏まえて次はどうするのか。

 下野康史が文庫本でべた褒めしていたダイハツソニカがつい最近まで最右翼であった。

 燃費サイコーらしいのである。しかも街中で滅多に見ない。そもそも、京都府内のダイハツ販売店には試乗車はおろか転じ車輌すら存在しないのである。こういうクルマの台数をこの国で増やしてやることこそが、ひねくれ者たる小生の役目であろうと考えていたのである。

 嗚呼、でもこのクルマの専用サイトを見て、全ての考えが変わりました。

 次はこれで決まりです。荷室容量も500リットルで、メガーヌワゴンの520リットルと大して変わらんし。

 国内販売決まったらいの一番に予約しに行きます。

 もし、ハイドロ積んでたりしたら、本国発売と同時に逆輸入します。

 本気です。

 

| | コメント (4)

2008年5月17日 (土)

レンタルかよ・・・

 今何故にワゴンボディのクルマを保有しているのかというと、家族揃ってキャンプに行く、などという局面があるので、それを不自由なく過ごすため、なのである。よって、今から10年くらい後、ジナン君が高校生くらいになって「け、オヤとキャンプなんていけっかよ、ああん!?」とか言い出したら、とっとと念願の2CVに乗り換える予定なのである。

 なのであるが、はー、最近2CVに乗りたくなってきてるんだな。どうしたモンだろ。

 で、つらつら考えたのであるが、普段のアシ車を2CVにしてしまって、キャンプに行く時にはレンタカーを借りるってのはどうでしょうアナタどう思いますかこれでヨメは納得すると思いますか?

| | コメント (10)