2013年2月 5日 (火)

20年かよ・・・

 BXが欲しい、と、最近思うのである。

 想い描くだけで悩ましいカクカクの肢体!ふわふわのシート!地の果てまでも突き進むフラット感!始動後によっこらしょと尻を上げる得もしれぬあの瞬間!

 だがしかし、BXの製造が打ち切られたのは93年。今、最終モデルを手に入れたとしても20年落ちということになるのである。低サラリーのしがないオサーンにとって、20年落ちのフランスグルマをファミリーカーとして家庭に持ち込む度胸はないのである。嗚呼、なんとちっぽけな我が人生であろうか。

 しかし、20年、である。この20年でいったい自動車はどのくらい進化したのか?ブクブク膨れ上がったボディと引き替えに衝突安全性能を飛躍的に伸ばしただけの20年。このまま自動車は廃れていく存在なんだろうか。私はこの惨めな人生の中、あと何台自動車を乗り継ぐのであろうか。

 消費税が上がるまでに小型ハイドロ車出ないかねえ。

| | コメント (0)

2010年1月 5日 (火)

再発かよ・・・

 日曜日、チョーナン君とスキーに行ってから、心なしか腰に怠さがあったので、実に久々に接骨院に行く。

 「コレは、筋肉疲労やね。ヘルニアとはちゃうわ」

 とのご神託。よおし、コレで伊吹山に挑む決意ができたぞ。

 wktkしながら帰宅。賀状が何枚か届いている。自分の家族宛に、年末に送ったmixi賀状もようやく届く。アスカのプリント、少し甘めで残念。

 とある友人からも届く。ネットで知り合った人である。最近はネットで見かけなくなった人である。見かけなくなってすごく悲しい人である。マンネリ化しつつあるmixiに帰ってきて欲しい人である。

 クルマを変えたらしい。戻ってきたらしい。むーん、そうですか、ツアラーというのですか今は。

 C5、ツアラー、とかで検索し、しばしねっとさーひんする。

 嗚呼、C5の初代初期型ってこんなに安くなってるの?顔がイカつくなった後期型もそこそこのお値段でないの嗚呼、嗚呼、嗚呼、嗚呼、嗚呼・・・・・

 ビョーキ、再発?嗚呼・・・・・・・・・・・・

| | コメント (2)

2009年4月25日 (土)

ネガティブキャンペーンかよ・・・

 ぼーっとしてると、ここのGSAを買ってしまいそうな心境なので、皆さんあのクルマの悪口を書き立ててやって下さい。

| | コメント (9)

2007年10月 2日 (火)

ビョーキかよ・・・

 嗚呼、ハイドロに乗りたい・・・

| | コメント (6)

2007年1月31日 (水)

半年遅かったかよ・・・

 なんか風邪が全然治らないので更新も滞りがちなんだけど、手短にネタ一つ。

 Xmからの乗り換え時期が去年の初夏ではなく今だったら、迷わずこれを選んでいただろうな。嗚呼・・・

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年1月10日 (水)

素通りかよ・・・

 夕刻、社用車たるゴージャススターレットで京都市の南部を走っていたのである。混み合う時間帯に入ったので、国道を避け裏道を行ったのである。某一級河川の堤防沿いである。

 ところが、ここもトラックがのったりのったり走っていて大して早くないので、国道に出ることに決め、堤防を降りたのである。

 降りてから、あ、やばいかな、とか思ったのだがもう遅かったのである。

 この道を西に行けばCSP京都がある哉。

 今、シトロエンディーラーに行けばアレがあったりするかも哉。

 恐る恐る様子を伺いながら前に差し掛かった哉。

 アレがあった哉。

 しかも既にナンバーぶら下がってる哉。

 いつでも試乗OK哉。

 シトロエンC6。

 以後、絶対にこの道を通るのは止めておこうと堅く心に誓った1月10日哉。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

本領発揮かよ・・・

 メガーヌ納車、すなわちXmの処分まで一週間を切った。今週はXmと過ごせる最後の週。というわけで、もう壊れてもいいやって感じで通勤路でガンガン踏みまくる。忘れていたことを思い出してしまう。

 シトロエンの基本姿勢は「踏んでナンボ」なんだよ。

 路面のうねりも何のその、ぼわんぼわんと低剛性ボディを揺すりながら、運転者の意思通りまっすぐ進むその姿勢は、嗚呼、やっぱ唯一無二だわ。この一体感はあり得ないわ。

 小生はどうしてハイドロと出会ってしまったんだろう。どうして別れる決意をしてしまったんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

カルフールかよ・・・

 というわけで、来週土曜日の眼鏡ワゴン納車を控え、今日はXmが家族達と過ごす最後の日。折しも、カルフール尼崎で第7回フレンチフレンチが開催されるとのことだったので、突発乱入してみました。

 何の前知識もなしに行ったのですが、パルトネールの荷室に生後6ヶ月の赤ん坊を転がしてる自転車売りとか、前世紀に丹後半島でオフをやった時の現地案内人とかに出くわして、世間は狭いと改めて思った次第。ま、世間、というより仏車世界が狭いだけなんでしょうけど。

 しかし、約100台強の参加があったわけですが、参加車両にはずいぶん偏りがありました。BXとサンクとカングーが滅茶苦茶多くて、路上の印象からするとプジョーはもの凄く少ない。Xmが新旧併せて4台いたのに対して、メガーヌワゴンはわずかに1台。むーん、ピカソも2台いたのになあ。ハッチのメガーヌも多分5台くらいだったんじゃないかと。

 よく知らないんですけど、ひょっとしてメガーヌってあまり売れてないのかしら? 

 お見かけしたピカソの一台は多分某ソーシャルネットワークですれ違ってる方じゃないかと思ったのですが、どこにいらっしゃるのか特定できず、お会いできませんでした。残念。

| | コメント (4) | トラックバック (0)