2016年8月 3日 (水)

ネタバレ感想かよ・・・#シン・ゴジラ

 どうも世間的には絶賛の嵐となっている模様だが,私的には正直評価しかねる,という感じである。まだ1回しか観ていないというのもその理由の一つであろう。が,それだけでもないと思う。「これこそ俺が観たかったゴジラだよ!」という歓喜の思いと,「こんなのゴジラじゃねーよ!」という全否定フレーズが頭の中でせめぎあっている感じである。多分何度見てもこれは続くと思う。

 今更指摘するまでもなく,「シン・ゴジラ」は,「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」の焼き直しである。アスカがいる。レイがいる。シンジ君もいる。みんな年を喰って社会人になってる。彼等が「コドモ」だった時に彼らを導き支えたミサト,リツコ,ゲンドウは出てこない。けど,社会人になった彼らの中にその残存が垣間見える。エヴァも出てこない。当たり前だ。みんな乳離れしてて当然の年齢なんだから。

 作品が焼き直しであることをとやかく言うつもりはない。名をはせた映像作家が,出世作のプロットをもう一度練り上げてよりスケールの大きい作品に仕上げることは,よくある話だ。「ターミネーター」→「タイタニック」,「風の谷のナウシカ」→「もののけ姫」,「デジモンぼくらのウォーゲーム」→「サマーウォーズ」。そもそもヱヴァンゲリヲン新劇場版だって,テレビ版の正常進化であった。そう考えると,「シン・ゴジラ」は3段階目の進化作品と捉えることもできそうである。

 一方「シン・ゴジラ」は「パトレイバーシリーズ」で我々ヲタクが手中にした「リアル設定世界における壮大な虚構」という文法も踏襲している。というか,その手法を練りに練って考えうる最上の位置まで引っ張り上げたと評価できるかもしれない。

 この点は,真に凄かった。会議ばかりが続くコドモガン無視ストーリーの密度の高さは,思い出しただけでも震えが来るほどである。また,最初の上陸時に描かれた街が音を立てて崩壊していく有様は,私たちが5年前に直面したリアル映像すら上書きするほどの出来栄えであり,思わずスクリーンから目をそむけたくなった。

 1954年作成の初代ゴジラが,12年戦争末期を通過した日本人に与えたであろう強烈なインパクトと同種の衝撃がこの国の2016年のスクリーンに現出したことは,それだけでも十分に価値があることかもしれない。
 少なくともこの点において「シン・ゴジラ」は「ビキニ環礁での水爆実験はゴジラ駆逐のためのミッションだった」などという噴飯モノ設定を押し付けたハリウッド製前作とは別物である。

 志の違い。ゴジラを描く資格を持つ者はやはりこの列島の住民に限られるのであろう。今般,この正当な資格を持つ者によってゴジラがリボーンしたことは,この列島の住民として喜ばしきことである。そういう意味で「これこそが私が見たかったゴジラ」なのである。

 では,「こんなのゴジラじゃねーよ!」という感想はどこから出てきたのかというと(1)最終決戦のショボさ(2)コドモ置いてけぼり展開,ってことになるかな。

 

(1)は惨い。ホント惨い。最終兵器が重機と電車ってのは,気持ちわからなくもないけど,やはり物足らない。ヤシマ作戦の発展版であれば,そこにはやはりポジトロンライフルがなくてはイカン。

 (2)は判断の難しいところだが,おそらく日本中の映画館にはゴジラを見に来たコドモ達が多数いただろうと思うのである。私のような元コドモも含めて。そのコドモ達の期待にこの作品は答えられたのかなという疑問が,やはり残る。そこをズバッと切ったことで作品は深みを得たが,失ったモノも少なくはないだろう。それがゴジラを今後どこに進めていくのか。時の経過を見守るしかないのかな。

 そしてもう一点。これはゴジラ映画としての不満ではなく,この作品故の不満として,幕の引き方があまりに甘々だったのが気になる。首相,官房長官以下お偉いさんを劇の途中でごっそり葬り去ったドライさで,もっと辛い切り口で映画を閉めて欲しかった。庵野さんなら十分にそれは出来たと思うんだけどな。この辺,どういう「政治的な動き」があったのか,気になるところ。

 ともあれ,今の心情をこうやって吐露したことで改めて決意したことがある。やっぱ,あと何回か劇場で観ようそうしようそうしよう。


 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年10月16日 (水)

尽きぬ悩みかよ・・・

 やきゆうシーズンが終わってしまったのでフヌケになっている。でもずっとフヌケでいるのもしんどいので生活にカツを入れるべく,生活必需品を二つほど買ってみたのであるが,なんだか詰めが甘いんだな,ワタシのジンセイは。

 ・VF-4
 散々迷った挙句,梅田ヨドヴァで購入。帰宅後必死で開封してE-P3にくっつけてみるも無反応。本体のファーム上げないといけなかったのね。上げたら無事に使えた。だけど,E-P3だと自動切り替わり装置は作動しないんだそうで,そうかやっぱE-P5をどこかで買わなきゃいけないのかと,なんか納得。

 使ってみて,やっぱ写真はファインダーを覗いて撮るものなのだと改めて思った。あの方の忠告を聞き入れてもっと早く買えばよかった。まあでも,これで一応環境は整ってきたのでガシガシ撮ろうと思うのである。

 思うのであるが,撮った写真ってどうすればいいんだろ。

 根源的な疑問にぶち当たってる今日この頃。写真教室にでも入るべきなんだろうかと少し悩みちう。

 

・まどマギ劇場版
 BD版をようやく購入して連休中に鑑賞。新作公開に何とか間に合ってほっとする。

 基本テレビ放映版の編集作品なんだけど,魅力がスポイルされることなく,いい作品に仕上がっていて満足である。

 満足なのであるが,見終えて思ったのは,やっぱこの作品は当初のフォーマットたる全12話のテレビ放映パターンで鑑賞すべきであるということ。

 やっぱね,あのOP,EDを毎回見ないとダメなんじゃないかと。それだけのために買いなおしてもいいかなと思っている私はおかしいのだろうか正常なのだろうか。

 買いなおし?買い増し?

| | コメント (0)

2012年1月 5日 (木)

年末年始かよ・・・

 備忘録的に一週間の活動を記録しておく。

 12/29
 休み初日。チョーナン君誕生日。

 朝一で走りに行く。サイロを往復50kmほど。

 今年の秋辺りから,何故かヨメとコドモタチの間で「カニが食べたい」という訴えがあったので,近所のかに道楽に行ってみる。お手軽ランチコースで四人1マソチョイだったが,相応に堪能した。かにすきはなかったけどね。

 その後,チョーナン君のプレゼントであるPSP用パワプロ君を買いにヨドバシに行くも売り切れ。このままではパーキング代を支払う羽目になるので,しょうがないな,自作機用CPU静音クーラー購入。trinity,である。

 その後,イオンによってパワプロ君をゲットし,アイスクリームケーキを買って帰宅。家でゆっくり過ごす。

 そうか,あれからもう12年経ったか。

 12/30
 朝一サイロを走るも,腰痛が出て40kmほどで帰ってくる。

 この日は大掃除。

 パソコン回りを徹底的に行う。ついでにtrinity取り付け。劇的に静かになる。が,無音にはならんわな。

 かーなーり,徹底的に掃除をしていたら,夕方になってしまう。テレビ周辺は明日に持ち越し。

 12/31
 朝一サイロに向かうも,サイロ手前で腰がダメである。ごまかして走ってみたが全然ダメなので諦めて帰宅する。伊吹山,無理かもな。

 テレビ周りを大掃除。アナログ専用レコーダーと,契約を切ったままのスカパー!チューナーを取り外し,すっきりした。ついでにCDラックの整理にも取りかかる。想像以上に埃が溜まっておりorz。

 夕食のすき焼きを突きつつ,画期的CD整理方法を思いつく。CD1枚につき,どこまでの情報を入れ込むべきなのかでずっと悩んでいたのだが,今時はCDの情報なんてネットからあっという間に取り込めるご時世なのである。であれば,最低限のデータだけをエクセルに放り込んでいけば,簡単に仕上がるのではないか?

 というわけで,ここから私対エクセルシートの,年を越した格闘が始まるのである。

 1/1
 この日くらいは自転車は休みにする。アルツハイマーの母と,函館市場で会食。

 夕食後,近所の神社に初詣もどき。大晦日から元旦夕方くらいまではかなりの人手があるのだが,さすがに夜となるとまばらである。

 その後エクセルシートと対決。そんなこんなで元旦はおしまい。

 1/2
 走り始め,のつもりが雨で,あえなく断念。

 この日は,夜をヨメの実家で過ごすことが決まっていたので,それまではどこかに出かけるつもりだったのだが,チョーナン君が発熱し,断念。ジナン君とヨメが街の初売りに出かけ,私とチョーナン君は留守番。私はひたすら格闘。おかげさまでかなり進んだ。

 夜は実家で宴会。東京で生まれたばかりの姪は不参加である。まだ首座ってないらしいから,長距離移動は無理か。

 1/3
 走り初め。腰痛バンドを巻いて走ってみる。

 無敵である。腰は全然大丈夫。ということは,腹筋背筋を鍛えればしのげるということか。ただ,手持ちのバンドはスポーツ用ではないのでやたら大きく,前傾姿勢を取るとつっかえて痛いのである。仕方がないのでソフトタイプを買うことにして,イオンモール京都に出かけ,スポーツ用品店でゲット。

 ついでに仮面ライダー映画を鑑賞。期待度ゼロだったのだが,存外に面白く,得した気分。

 1/4
 ソフトタイプのバンドを巻いて走りに出る。サポートが弱い分,前傾姿勢を取っても大丈夫だが,当然に腰は少し不安定となる。むーん,うまくいかない。

 島本側から柳谷に上がってみる。ベストは20分フラットくらい,去年の3月で23分ぐらいだっったなと思いながら上がってみたら,嗚呼,27分だって。だめだこりゃ。帰宅後,ガーミンを外そうとしたらポッチが折れてしまう。調べてみるとガーミン705のウィークポイントらしい。嗚呼,どうやって外せばいいんだ?

 午後,大阪へお出かけ。長居の神須牟地神社に向かう。

 ええ,大引選手のご実家ですよ。

 歴史はあるそうだが,それほどでかい神社でもなく,参拝者はうちの一家ともう一組バファローズファン父子だけ。風が異常に強く寒いので早々に引き上げる。

 その後,梅田をぶらぶらして帰宅。エクセルと格闘を続け,クラシック,ジャズに関しては,全データの入れ込みに成功した。

 
 CDとLPをPCで整理するというのは永年の悲願であったので(というか,そもそもPCを買った動機の一つはこれだった),これを達成できたこの年末年始は実に実りのあるものだったと思う。

 思うが,毎日毎日エクセルと格闘していると,なんだかシゴトの続きをやっているようでちっともリラックスできなかったのである。はー,もう一週間休みたいところであるよな。


 

| | コメント (2)

2011年8月27日 (土)

ダメ週かよ・・・

 

・水曜日
 シゴトであり得ない大ポカをやった恐れが出て、一晩まんじりともせずにすごす。

 

マジ、自死を考える。

 翌日、杞憂であったことが発覚し事なきを得た。が、要は自分のチェックが甘かったからこうなったのである。

 ドンドン新しい穴が空き続けている船の上で、海水を懸命に掻き出しているような毎日は、果たしていつまで続けられるのだろう。正直50代が迫ってきた我が身には厳しくなっている気がする。

 ・金曜日
 「破」テレビ上映日。

 運良く抽選に当たったので梅田の劇場で鑑賞。コスプレーヤーが右往左往する劇場内での小生は、サラリーマンというコスプレをやってるオッサンに見えたのか?何故か隣に座った見知らぬニーチャンもサラリーマン姿で、少し目立っただろうか。

 内容は・・・もう言うことないわ。散々期待されて1年後って・・・ねえ。爆音上映してくれるのはいいんだけど、音質がかなりキンキンで、アスカの声が耳に突き刺さり不快。やっぱ「Q」もなんばパークスで観るべきか。

 劇場から駅までサラリーマンニーチャンと喋りながら帰る。年齢は向こうがちょうど私の半分である。ヲタクには年齢差や性差は関係ない、と看破した庵野監督はやはり偉大であると痛感。

 ・土曜日
 久しぶりの終電(多分今世紀初w)の翌日は、京セラでデーゲーム。

 近鉄復刻第二ステージしかもT一軍復帰速4番、なれど、終わってみればバルが10号ホームランを打ったという、ただそれだけの試合。二桁安打で1点しか取れないってのはどうもいやはや、である。ヨメも内野で観戦したのだが、カノジョの観戦試合連続勝利記録もついに途絶えてしまった。

 明日もチケット取っちゃったのだが、フィガロ君このところ調子落としてるし、心配なのだけど、でも、私の運気は今日までがどん底だったのだと信じておこう。

| | コメント (0)

2011年7月19日 (火)

バルカーニバルかよ・・・

 7/16(土)
 宵山。

 休みなので夜は宵山に行こうかと家族を誘ってみるが人混みはイヤだと全員に断られる。

 ならばハガレン映画を観に行こうかと誘ってみるがジナン君が観たくないという。チョーナン君も「河原町は人が多いから行きたくない」とか言う。

 流れ良くないな。

 結局ヨメチョーナンジナンで本屋に行き、私はお留守番後バイクでホムセン。

 この日の朝は約2ヶ月ぶりで自転車に乗ったのであった。ひたすらに尻が痛くなり、嗚呼、もうチャリ乗りだと公言出来ない身体になってしまったのかとこちらもめげた。

 楽天に連敗でバファローズ的にもめげた。

 7/17(日)
 山鉾巡行。

 行こうと言い出す気力もなし。

 思い立って家族全員で大阪ステーションに行ってみる。ハガレン映画もやってるし。

 で、行き着いてみれば山鉾巡行並みの人混みである。昼食を取ろうとバイキング形式の店に行くと「70組待ちで2時間後になりマース」とか言われるのである。イヤになった。

 新しくなったステーションは、なんだかとっても近未来的で素敵なのだけど、心が揺れないのは何故だろう。私たちはいったい何を造り上げてどこに向かおうとしているのだろう。地上5階の空間から隣の建築中のビルが見える。そのむき出しの鉄骨にやたらとカメラを向けるヒトが多かったのは何かを暗示しているのかもしれないと思いつつ、その何かがなんであるのかは掴めない。

 14時30分、チョーナン君と二人でハガレン映画鑑賞。

 ここまで酷いとは思いもよらず。呆れてものも言えない。mixiの評価がなんであんなに高いのか意味不明。

 バファローズは・・・・・岸田が打たれてサヨナラ負け。

 夜、プールに行こうと水着を用意していると、ヨメが「それ、そろそろやばいかも・・・」とか言い出す。未だ買って1年経ってないぜと思いつつプールに行って足を通して引っ張り上げたら破れて穴が開いたよ。主婦の観察力、恐るべし。

 帰宅後調べてみると、水着はどうやら消耗品であるらしい。しかも小生が履いてたのは、ヤフオクで間違えて買った競泳用だったのでひときわ寿命は短かったらしい。お役目ご苦労さん。

 7/18(祝)
 朝一自転車をこぎ出すも途中で雨に降られる。

 早めに帰ってメガーヌのバッテリー交換。

 ・・・失敗する。バッテリーを固定しているステイの止め方を間違え、ネジ馬鹿になる。慌ててホムセンで安物ラチェットを買ってきていろいろやるもダメ。諦めてディーラーに持って行って直してもらう。嗚呼ハヅカシイ・・・

 14時頃帰宅してチョーナン君とすぐ出発。ムシムシする京セラドームをさまよい、途中からヨメとジナン君も合流しマリーンズ戦を観戦。T-岡田カーニバルのこの日、主賓は先発を外れる。流石どんでん。これでこそどんでん。

 先制され追いつき逆転したところでヨメとジナン君は一足先に帰宅。その後追いつかれ、そしてバルが決勝本塁打という、まああれだ、バルディリスカーニバルだったんだな。

 台風迫る雨雲の元、それでも浮かれたまま帰宅。地下鉄車内で「見ろよ、ホームラン打ったバッターのユニフォームだぜ!」とガイジンに言われたのはいい思い出哉。

| | コメント (0)

2011年1月 1日 (土)

チチからムスコへの受け継ぎかよ・・・

 年末、ようつべでこんな動画を見つけて吹き出し、その他にも「ムスカ来日」とか「ムスカがマリオでスーパープレイ」とか「Miiでムスカを作る方法」とか、いろいろ眺めて楽しんでいたら、ガキ共にもこれが感染し、「ムスカ」と言うだけで条件反射的に吹き出す、間違ったコドモに育ちかけたのである。

 元日である本日、ムスカ様の正しいお姿をまぶたに焼き付ける為、一家揃って夕食後は「天空の城ラピュタ」を鑑賞。ムスカ様の格好良さをチチからムスコに伝えるのは、この国に住まうモノとして当然の義務であるわな。小生はあんなオトコになれなかったが、キミ達には未だ可能性がある。アレを目指したまえ、チョーナン君、ジナン君。

 しかし、ラピュタも86年作品なのだそうで、既に25年経過している訳か。三番館のスクリーンで観てからそんなに年月が経ったか。

 宮崎アニメの最高傑作はナウシカで、一番楽しめるのがラピュタ、というのが小生の持論なのであるが、やっぱこれは間違ってないと思うのである(ちなみにキューブリックで言うと、前者が2001年、後者が博士)。これだけ楽しめるエンターテイメント作品は、邦画だとあとは隠し砦くらいだろうか。

 ブルーレイで再発されたらしいのだが画質はどうなんだろう。あの方の批評を待って、許可が出たら買ってみてもいいかもしれない。

 むーん、でもAKIRAも観たくなってきたんだな。昨年末のさかなクン呼び捨て問題で「さんを付けろよデコ助野郎」発言があちこちで上がったが、元ネタがわかってるヤツって、全体の何パーセント位なんだろ。アレも確かBD出てたよな。買ってもいいのかな・・・

| | コメント (2)

2010年5月27日 (木)

ラストカットかよ・・・

 公私ともにグッチャングッチャンだったので、このところの動きをまとめてうp

 ・参観日
 22日土曜日。午前午後、二回に分けて参観する。新1年生のジナン君は初めての参観日。

 午前チョーナン君5年生。何か、授業態度もの凄く良好である。マジメに先生の言うことを聞いておる。一皮むけたな、と親バカ丸出しの感想を抱く。

 午後、ジナン君。5年生に比べると、やっぱ1年生はかわいいなあとつくづく思う。ずっと1年生だったらいいのに。

 ジナン君も、教室ではもの凄くマジメである。家での甘えた君ぶりは微塵も感じさせないりりしさで、かーなーり、感動。

 二人ともその調子で頑張りたまえ。

 ・電王
 帰宅したガキ共をメガーヌに放り込み、電王最新映画三部作の一作目を家族全員で鑑賞。

 時間と金の無駄であった。流石の靖子にゃんをもってしても、これ以上電王から何かを絞り出すのは無理ということだろう。残り2作は見ないことに決める。

 ・ライブ
 23日日曜日。ヨメがコーラス隊を勤めるドンバを、三条木屋町まで観に行く。

 メインボーカルのあの声でジャクソン5をやるのは大正解。課題はスタミナでしょうか。自転車乗りましょう>マダム。

 コーラス隊は・・・・・・・・・・・・・ゴニョゴニョゴニョ

 ・BD
 25日火曜日、HMVから到着。

 「破」のBD。

 メシ喰って風呂入ってガキ共を寝室に監禁し、部屋の電気を消してヨメと二人鑑賞。

 嗚呼、追加シーンがこんなにあるなんて聞いてないよ。生きててよかった。

 32型液晶画面で見ても「返せ!」のとこは鳥肌立つのであるなあ。

 ・シ者
 というわけで、BD初回限定で付いてくるフィルムがこれだったのである。

 

Kaoru

 一応、映画のラストカットであるな。ぶっちゃけ、思い入れのあるキャラでもないんだけど、ま、レアものとして家宝にしておこう。

 あ、アスカのストローとかハダカキックとかのフィルムとなら交換してあげてもいいかも。

| | コメント (5)

2010年3月20日 (土)

不覚かよ・・・

 通常料金プラス300円支払ってアバターを観てきたのである。

 3時間弱を退屈せずに過ごせた、という以外に意味のない映画だったのである。もう一回見にいくことはないと思うのである。

 思うのであるが、帰宅後wikiで調べていて、驚愕の事実を知ったのである。

 この映画、字幕版と吹替版があって、小生は当然の如く字幕版をチョイスしたのであるが、嗚呼、吹替版のヒロインの中の人、イース様の中の人だったよ・・・

 むーん、それだけ目当てでもう一回逝くべきだろうか、でもどうせならプリキュアオールスターズを観に行く方が有意義だよなヨメを誘ってみるか。

| | コメント (2)

2010年1月 1日 (金)

糧かよ・・・

 元旦早々、エロコメントの削除。今年一発目のブログ作業がコレってのはアレですなあ。

 既に去年のことになってしまったが、昨夜2009年大晦日は、西宮OSにて「破」を鑑賞。家族四人で逝こうと提案したら跳び蹴りされ、チョーナン君に二人で行こうといったら無視され、仕方なく一人で逝く。

 19時15分開場ということで、夕食は抜いて参戦。とはいえ腹が空くのは嫌なので、商業集積内のイズミヤでパンを買う。フレッシュプリキュアパンを買い込んでそれを開場で一人開封して喰えば、それこそ漢といふものであろうと思い探したのだが、4個セットのでっかいヤツしかなく断念。お勤め品40%引きの適当な菓子パン一個で飢えをしのぐ。

 会場に着いてみれば全員そんな感じの人ばかり。こっそり漂う緊張感がたまらない雰囲気哉。ど真ん中で確保したシートに腰を下ろせば、周りも相応に気合い入れて見に来てる連中ばかりなので、極めてマナーよろしく、これまた美しきかな。

 やや長めの宣伝に続いて始まった本編は、既に8回目なので・・・・・

 ・・・・・・9回目だっけ?よくわからなくなってきた。まあそれなので、別段驚くほどのことはなかった。小屋として評価すると、シートは良かったモノの、画質は若干フォーカス甘めだろうか。音質はクリアなれど音量がやや小さかったのが大変に残念。最終日は爆音上映を宣言していた今治が羨ましいところ。

 しかし、これだけ観た映画だというのに、何度観ても心が激しく揺さぶられるのであるよな。生きていてよかったと思う。

 2009年は、5月にキヨシローがイッてしまい、心にぽっかり空洞が空いたまま身体が動いていた時期があった。「破」の公開はその2ヶ月弱あとのことである。ブラックホールを埋める為、小生はあの夏、頻繁に劇場に足を運んだのかもしれない。キヨシローがこの世を去っても、小生自身はまだ行き続けなければイケナイから。その為には糧が必要なのだから。麗蘭もヱヴァも京響も、小生が生きていく上で必要な糧なのである

 昨年、最大の糧を与えてくれたヱヴァスタッフに改めて感謝し、彼らのお陰で無事、新しい年が迎えられたことを、素直に喜んでおこう。

 さて、次の糧はBDプレーヤーであろうか。「破」のソフト、いつ出るんだろう。

| | コメント (0)

2009年12月23日 (水)

大晦日かよ・・・

 カレンダー通りに勤務している人間なのであるから、年末年始はゆっくり家で過ごすのが通例なのである。

 昨年は、大晦日の夜中、家族総出で近所のお寺に行って除夜の鐘を突かせてもらったのである。あれは中々にいい思い出になったので今年も行くかなあ・・・

 ・・・と思っていたら、嗚呼、全国津々浦々のTOHOシネマで大晦日にやるらしいのである。

 「破」

 契約の問題で、映画館で上映出来るのは今年限りで、どうやらこれが最後になるらしい。ウチから一番近いのは西宮ガーデンズであるかな。

 はー、どうしたものだろう・・・・・・・・・

| | コメント (1)